ロシア革命|100年後の真実

国民を大虐殺したロシア革命             ロシア革命とは、1917年にロシア帝国で起きた2度の革命のことを指す名称である。 特に史上初の社会主義国家樹立につながったことに重点を置く場合には、十月革命のことを意味している。 また逆に、広義には1905年のロシア第一革命も含めた長期の諸革命運動を意味する。 ロシア革命は、少なくとも最 […]

朝鮮のはじまりは捏造だらけ!?

朝鮮のはじまりは捏造だらけ!? 【CGS 韓国・朝鮮史 宇山卓栄 第2話】         新番組「じっくり学ぼう!韓国・朝鮮史」、ついに本格始動です! 講師は各メディアで時事問題を歴史の視点でわかりやすく解説を行うなど、多方面で活躍中の著作家・宇山卓栄さん。 まず最初は「韓国のウソ、朝鮮の起源」と題してお話していきます。韓国で語られている歴史の多くは、自国 […]

いわんかな#20-2【米中戦争2019・後編★中国共産党建国70年、もう限界〜!】

いわんかな#20-2【米中戦争2019・後編★中国共産党建国70年、もう限界〜!】   IT産業で躍進を続ける中国企業に、今アメリカは焦りを感じ、様々な手を使い中国の優位を引きずり下ろそうとしている。 また、共産党の一党支配の中国では、自由経済の限界が見えている。中間層が生まれない現状は、世界にとっても、中国内の12億いると言われる貧困層の人民にとっても、害悪以外の何物でもない。(中国内 […]

三橋TV第53回

三橋TV第53回【大ネタ!消された景気後退!】     『安倍首相はこれを否定できず、「GDP(国内総生産)ベース」を持ち出して、16年以降は「持ち直している」と答弁しました。 しかし志位氏は、内閣府のデータをもとにしたGDPベースでみても、消費の低迷は明らかだと指摘。実態のない統計上の架空の消費である「帰属家賃」(持ち家も家賃を払ったとみなして家計消費に計上するもの)を除いた […]

習近平の狙いは

【討論】中国(習近平)が今狙っているもの[桜H31/2/16]         パネリスト: 石平(評論家) 田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員) 坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師) 福島香織(ジャーナリスト) 宮崎正弘(作家・評論家) 用田和仁(元陸上自衛隊西部方面総監 陸将) 渡邉哲也(経済評論家) 司会:水島総

文化大革命特集

中国 文化大革命とは 1965年(昭和40年)11月10日、姚文元は上海の新聞「文匯報」に「新編歴史劇『海瑞罷官』を評す」を発表した。毛沢東はこれを機に、大躍進政策の失政を理由に、自分を最高権力者の座から実質的に追放した劉少奇、鄧小平、彭真ら実権派、すなわち、当時の中国政府の最高指導者たちに対する攻撃を始めた。毛沢東の最高権力奪還闘争の開始である。 1966年5月16日、実権派攻撃は成功し毛沢東は […]

日本から韓国への援助金

日本から韓国への援助金の一部   韓国鉄道設備改良事業 1966年6月8日 39.6億円 韓国漢江鉄橋復旧事業 1966年6月17日 3.6億円 韓国建設機械改良事業 1966年7月20日 23.4億円 韓国水利干拓および浚渫事業 1966年7月20日 11.88億円 韓国海運振興事業 1966年7月27日 32.43億円 韓国中小企業および機械工業育成事業 1966年7月27日 54. […]

朴栄喆「五十年の回顧」

朴栄喆(ぼくえいきつ) 「五十年の回顧」より 朴栄喆は、併合前の明治35年に日本の陸軍士官学校に入校し、帝国陸軍少佐を経て日本統治時代に道知事にまでなった人です。彼はその著「五十年の回顧」(昭和4年)の中で、日韓併合による韓国滅亡を次のように教訓化しています。 『公平無私なる観察を下すときは、いくら日本の朝鮮統治に反対しても善政は善政に相違なく、如何に伊藤(博文)公を毛嫌いしても公の真意には感謝せ […]

韓日併合をお願いします。

韓日合邦を要求する声明書   1904年、李容九・宋秉畯・尹始炳が中心となって一進会が設立された。 会長は当初は尹始炳であったが、すぐに李容九に代わった。一進会はアジア主義と大東合邦論を掲げ、アジアが団結して欧米帝国主義の侵略を阻止すべきであると主張。さらに李容九は、日本と大韓帝国の軍事同盟が、ロシアに対抗し、大韓帝国の富国強兵を図る方法であると主張した。1906年、李容九は「韓日合邦」 […]

KGBスパイ網の実態

KGBスパイ網の実態       キム・フィルビー   第二次世界大戦中から英米両国はソ連の外交暗号を傍受解読しており、ヴァージニア州アーリントン・ホールの解読施設で整理されたそれらの情報は「ヴェノナ」の暗号名で知られていた。ソ連の担当者のミスにより解読が進むと、マンハッタン計画に潜り込んでいたソ連のスパイであるクラウス・フックスが逮捕された。 さらにのちに […]

1 51

Overall Ranking

Category New Article