「政治」の検索結果 184件

1/19ページ

令和時代の日本の政治

いわんかな#23-1【令和時代の日本の政治!どうなる安倍政権】阿比留瑠比・堤堯・馬渕睦夫・高山正之・日下公人・志方俊之・塩見和子           <ゲスト・プロフィール> 阿比留瑠比(あびる るい) 産経新聞 論説委員兼政治部編集委員 1966年生まれ 福岡県出身 首相官邸キャップ・外務省兼遊軍担当などを歴任 『だから安倍晋三政権は強い』(産経 […]

大維新の会の大口後援者にマルハン、ソフトバンク、パソナ」

維新とカジノ利権は1つにつながっている 自民党関係者からの情報提供によるとカジノ利権とマネーロンダリング 〜「不正選挙利権、森友などの学園利権、そしてカジノ利権は1つにつながっている」以前にカジノ利権の闇に迫る情報を寄稿して下さった自民党関係者の方から、現在の重要な情報をみていきましょう。   「今、大阪でひそかに問題になっている」とのことでメディアが大きく取り上げていないものの、大阪の […]

朝鮮総連と日本

韓国歴史教科書は反日教本 来年4月から日本の小学校で使われる5、6年用の社会科教科書のすべてが島根県隠岐の島町の竹島を「日本固有の領土」と明記したところ、韓国がこれに激しく反発した。政治、経済から軍事まで幅広く悪化する日韓関係だが、問題の根源として、韓国の教科書にもっと注目すべきだと考えるようになった。 韓国の小6社会科の教科書に日本の朝鮮半島統治時代の徴用に関連するものだとして、上半身裸の男性1 […]

最終判決が 中国の臓器狩り

ついに最終判決が 中国の臓器狩り   ジャーナリスト・野村旗守【東京発信・Cool Eyes】第31回   人類史上未曾有の、現在進行形の、国家犯罪 ―世界の人権問題権威が中国の国家犯罪に「有罪」判決― 中国の医療虐殺に口をつぐむ各国の主要メディアジャーナリスト・野村旗守【東京発信・Cool Eyes】第31回 (2019年6月収録)     英民衆法廷の最 […]

新自由主義とは正反対の経済構造改革を

新自由主義とは正反対の経済構造改革を MMT「インフレ制御不能」批判がありえない理由   増税も歳出削減も必要ない。単に、2%程度のインフレ率を維持するために、予算規模を前年と同程度にすればよいだけである。それは増税や歳出削減と違って既得権を奪うものではないから、政治的にはるかに容易だ。 しかも、この目標値は、あくまで目安にすぎない。実際のインフレ率は、目標値をやや超過して4%程度になる […]

どこへ行く令和日本

【討論】どこへ行く令和日本         パネリスト: 石井孝明(ジャーナリスト) 岩田温(政治学者・大和大学政治経済学部専任講師) 古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員・麗澤大学特別教授) 田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員) 福井義高(青山学院大学教授) 藤和彦(経済産業研究所 上席研究員) 室伏謙一(室伏政策研究室代表・政策コンサル […]

アグネス・チョウ 会見

アグネス・チョウ(周庭)香港デモシストメンバー 会見 「香港衆志(デモシスト)」の中心メンバーであるアグネス・チョウ(周庭)さんが、中国本土への容疑者移送を可能とする「逃亡犯条例」改正案の撤回を訴えた。         2014年秋の香港の民主化デモ「雨傘運動」の中心人物で民主派政党「香港衆志(デモシスト)」のメンバー、周庭(アグネス・チョウ)氏が10日、東 […]

米中新冷戦の正体!香港デモ!G20!

米中新冷戦の正体!香港デモ!G20!     2019年激動の6月&7月。米中冷戦の行方、6月9日の香港デモ、米英関係、中露関係、6月28日のG20大阪サミットを境に、世界は激動する!   ・この書籍は、林原チャンネルの対談3回分を元に、大幅加筆し作り上げました。 ・目次に書かれてあることが、現在の世界を語る上でのキーワードとなっています ・ビジネスマンこそ読んで頂き […]

1 19