韓国人だけがかかる病気「火病」 米国精神医学会に公式に登録される

韓国人だけがかかる病気「火病」 米国精神医学会に公式に登録される

火病(ひびょう、かびょう、ファビョン)

もしくは鬱火病(うっかびょう、うつひびょう、ウルァビョン/ウラビョン、울화병)は、文化依存症候群(文化結合症候群)のうち、朝鮮民族特有の精神疾患と指摘されている病気である]

2015年1月27日の就職ポータル「Career」の調査によると、韓国の会社員の90.18%が職場で火病の経験があると答えたとされている。

火病または鬱火病は、怒りの抑制を繰り返すことで、ストレス障害を起こす精神疾患を指す。

現行の『精神障害の診断と統計マニュアルⅤ』には記載がない。

火病で病院を訪れる患者は、共通して長い間押えつけられて来た悔しさと怒り・諦め・敵がい心・劣等感などを表現すると言う。そして、自分がどれくらい大変な暮しをして来たのかを専門家に充分に打ち明けるだけでも治癒効果があると言う。この意味で見れば、地球上で精神科診療が一番必要な国が我が国という話になる。

 



 

アメリカ精神医学会は、火病を「朝鮮民族特有の文化依存症候群の一つ」として扱い、『精神障害の診断と統計マニュアルⅣ』の付録である、文化に結びついた症候群に記載が見られる。

火病は症候として、疲労、不眠、パニック、切迫した死への恐怖、不快感、食欲不振、消化不良、動悸、呼吸困難、全身の疼痛、心窩部に塊がある感覚などを呈する。

引っ込み思案で弱気な40代以上の女性の間で多く見られ、原因としては家族間でのいさかいなどの個人や家庭に起因するもの、貧困や苦労などの社会経済的な問題に起因するものなどがあり、それらを解決しようにもうまくいかないことによる諦め、怒り、悲しみなどが挙げられる。

症状の一つに、胸の中に塊があるように感じる例が多いが、韓国では伝統的、文化的に家族の調和と安定を重んじるあまり、怒りは抑え、胸の奥に溜め込むべきだとされているため、怒りが塊となって、胸や喉を圧迫していると信じられている。これを裏付けるように発病の直接の引き金として、配偶者の浮気、嫁姑問題、子供の非行など家庭内の問題が多い。その背景には、男尊女卑に代表される封建的な価値観、女性差別的傾向の強い韓国社会の影響が強いと考えられている。

元来、封建的な韓国の家では、女子は生まれても、家族の一員とは数えられないことすらあり、男子を産まない母親は家を追い出される例もあった。このような社会背景から、女性は言葉や行動による怒りの表現を禁じられ、忍従を強要された。それらの結果潜在化した怒りが、「火病」の身体症状として表現される、と解釈されている。

かつては患者の80%が女性だったが、近年は男性の患者も増加傾向にある。2012年現在、韓国の小・中・高校生648万人のうち105万人(16.2%)は、うつ病の兆候や暴力的な傾向を示す「要関心群」で、そのうち22万人は、すぐに専門家の診断や治療を受けるべき「要注意群」であることが分かっている

英語表記はHwabyungであるが、Hwapyungと紹介されている場合もある。現在韓国で行われているローマ字表記(文化観光部2000年式)では「화병」は「Hwabyeong」である(なお、旧方式(マッキューン=ライシャワー式、北朝鮮では現在も使用)では「Hwapyŏng」となる)。これは、ハングルにおける綴りは화병または홧병であるが、実際の韓国語の発音が화뼝(文化観光部2000年式:Hwappyeong、マッキューン=ライシャワー式:Hwappyŏng)であり、韓国語表記自体が実際の発音と表記にズレがある事と、ローマ字表記法の統一が普及していない事によるものである。

日本語の表記としては、誤読によるものながら「ファビョン」が一般化しているが、「ファッピョン」がより現地音に近い。

韓国人は自己の絶対正義を信じて疑いません、また主観的視点しかなく客観的視点は存在しません、そして他者の劣等さを自己の優越さの担保としており、自らの行いさえも他者のせいにする傾向にあります。
そして、当然ですがこれは対外的にそうなだけではなく、韓国内でもそうです。
またこういった背景から、韓国には人種や民族差別だけではなく、男女差別、職業差別、地域差別、障害者差別など、ありとあらゆる差別が日常的に発生しています。



 

韓国ではこの矛盾の解消のため徹底した上下社会となっており、個人の付き合いであっても対等の関係と言うのは殆どありません。
例外は勿論ありますが、常にどちらが上か下かが基本です。そして韓国では、上となった人間は文字通り下となった人間になにをしても許される、そういった社会的風潮があります。
つまり、自己の絶対正義や主観的考え、他者への蔑視による自己の優越さの証明、自らの行いの他者への転嫁。そういったものが、「下」となったものへ全て押し付けられ、下と定義された人間はそれを常に「我慢」しないといけません。
要するに、本来なら成り立たない社会構造が、全ての矛盾を「下」に押し付けることで成り立っているわけです。

そのため韓国は日本以上に過度のストレス社会であり、自殺や傷害事件の発生率が非常に高く飲酒率も高いです。また家庭内での子供や奥さんへのDV率も日本とは比べ物にならないくらい高いのです。
またこれを背景として、韓国は日本人では想像も付かないほどの拝金主義社会であり、優生論に限りなく近い血統主義的考えも日常的にまかり通っています。
常に「人より上にならないとい自分が虐げられる」という恐怖心・脅迫観念があるからです。

こうして、弱者は徹底的に虐げられ、虐げられた事を更に下と定義された者にぶつけるなどして発散できる人間はいいですが、子供や主婦、或いは韓国で蔑視の対象となる人々は大抵の場合そうはいきません、その結果ストレスが限界を超えて火病になりやすいわけです。

韓国では、現在財閥一極集中による弊害で貧困者が増加傾向にあり、1時間働いてもビックマック1つ買えないほどの賃金の人々や、家賃も払えず公共地を不法占拠しバラックやビニールハウスに住む人々が急増しているのですが、当然そういった場所に住む人達も韓国では露骨に差別の対象となります。
結果、現在韓国では火病や鬱病になる人々が年々増えているわけです。

そして、この韓国の社会的背景は実は「反日」にも大きく関係しています。

 

そのため韓国では反日と民族主義は社会の潤滑油として機能しています。
そのうえ韓国政府もその事が解っているのかいないのか、小学生や中学生に修学旅行と称してこんなものを見せる事を推奨してるのです。

 

 

韓国勢力の攻撃カテゴリの最新記事