腐敗した霞が関

1/2ページ

【危ないお金の話】消費税は上げたらアカン 

【危ないお金の話】消費税は上げたらアカン 藤井聡京大教授×荻原博子     荻原博子の危ないお金の話、今回のゲストはきっれきっれの「消費税はアカン」論者の藤井聡教授(京都大学大学院工学研究科 2018年12月末まで内閣官房参与)。 疾走する弁舌をお楽しみください。 「景気のエンジンは消費なのに、消費税は消費に対する罰金」「景気対策の根幹にあるのは減税です。とりわけ消費減税が一番 […]

財政法第4条の呪縛

財政法第4条   国の歳出は、公債又は借入金以外の歳入を以て、その財源としなければならない。但し、公共事業費、出資金及び貸付金の財源については、国会の議決を経た金額の範囲内で、公債を発行し又は借入金をなすことができる。 前項但書の規定により公債を発行し又は借入金をなす場合においては、その償還の計画を国会に提出しなければならない。 第1項に規定する公共事業費の範囲については、毎会計年度、国 […]

緊縮財政が人を殺す

緊縮財政が人を殺す 江戸末期の安政年間(1854年〜1855年)に南海・東海地震、江戸直下型地震連続発生現代の日本は、地震活動期に入っている。 ・関東大震災までは、30年ごとに関東平野で地震が起こっていた 【関東大震災】1923年(大正12年)9月1日11時58分 M7.9 死者・行方不明 10万5千人 被害の中心は震源断層のある 神奈川県内と東京の火災 千葉から伊豆まで津波も発生 ・M8以上の南 […]

消費税増税の使い道は真っ赤な嘘

増税による増収の8割が「政府の借金」返済?   「消費税は全額社会保障に使う」と前回選挙で公約した安倍首相、なぜか「10%引き上げの増収分を国の借金返済から社会保障の充実に振り向ける」事を訴える。お前は、詐欺師か。 2019年10月に消費税の10%への引き上げを「予定通り行っていく考えだ」と明言した安倍首相ですが、その内訳について奇妙な状況になっています。 安倍首相から「読売新聞を熟読し […]

怠慢としか思えない日本の行政

外国人による「出産育児一時金」の不正受給の例   中でも問題視しているのは、中国人による「出産育児一時金」の不正受給疑惑だ。 出産育児一時金とは、子供が生まれた際、役所に申請すれば42万円が支給される制度で、国民健康保険(国保)や『社保』など、日本の公的保健に加入していれば、国籍に関係なく、海外で出産した場合でも受給することができる。 平成29年度の荒川区の出産育児一時金の支払い件数は全 […]

マハティール・マレーシア首相 会見 2018.6.11

15年ぶりに首相に返り咲いたマハティール・ビン・モハマド(Mahathir bin Mohamad)氏が会見した。     【Front Japan 桜】92歳マハティール首相実現か? / いよいよ水道民営化始まる? / イプシロン打ち上げ成功 / 沖縄・小学校上空に米軍ヘリ[桜H30/1/19]     キャスター 髙山正之・saya ■ ニュース Pic […]

山村明義のウワサの深層 財務省とオウム真理教

山村明義のウワサの深層「財務省とオウム真理教」 倉山満【チャンネルくらら・7月14日配信】 財務省人事から感じ取れるのは岡本薫明官房長(今人事で主計局長へ)の消費増税にかける執念     財務省では、福田淳一前事務次官がセクハラ問題などを受け4月に辞任し、以後、次官が空席となる異常事態が続いていた。後任には星野次彦主税局長や浅川財務官の名前も挙がっていたが、政府として最終的に、 […]

外国人受入れを拡大し続ける、という最悪の移民政策

「移民政策はとらない」としつつ外国人受入れを拡大し続ける、という最悪の移民政策 西欧諸国が冒してきた大失敗をそのまま踏襲 経済財政諮問会議にて安倍首相は、「移民政策はとらない」と改めて前置きした上で、外国人労働者の受け入れの更なる拡大策について具体的に検討するよう関係閣僚に指示した。 現政権は、国際移住学的に全く通用しない「移民の定義」を提唱し、「移民政策ではない」と言う詭弁の下で外国人受け入れを […]

年金と健康保険と住民税

厚生年金とは日本の公的年金制度の1つで、会社員や公務員として働く人が加入するものです。加入していると、定年退職や病気・怪我などで稼得能力が低下した際に「年金の給付」という形で保障が受けられます。給付される年金は、定額の基礎年金部分と給料に比例して金額が上がる報酬比例部分によって構成されています。 計算方法について 厚生年金保険料を算出する際には、標準報酬月額と厚生年金保険料率を使用します。標準報酬 […]

年金支給額モデルケース

収入30万円の20代 会社員として勤務した単身世帯が65歳の時に受け取れる年金は月額約8万9千円、会社員の夫と専業主婦の世帯では約12万5千円です。現在60歳で同じ平均月収の会社員単身が65歳の時に受け取れる年金は月額約12万1千円、会社員と専業主婦の世帯で約18万2千円です。年金の支給額は単身世帯で26.4%減、会社員と専業主婦の世帯で31.3%減と大きな差があります。 収入30万円の30代 会 […]