オピニオン

1/32ページ

カジノが日本に?澳門の教訓

カジノが日本に?澳門の教訓   日本のカジノがマネーロンダリングの温床になるのではないかと危惧されている。 日本はマネーロンダリング対策が遅れており、過去にマネーロンダリングやテロ資金対策を審査する国際組織、金融活動作業部会(FATF)から名指しで「法整備が不十分である」と指摘されたことがあるほど。 カジノが組織犯罪に利用されたりすることのないよう、厳重な対策が必要です。   […]

2020年、懸念される中東地域の3つの地政学リスク

懸念される中東地域の3つの地政学リスク   藤 和彦:経済産業研究所 上席研究員    2019年の米WTI原油先物価格は1バレル=51ドル台に始まったが、5月から米トランプ政権がイラン産原油の輸出を事実上不可能にする措置を講ずると65ドル台まで上昇した。その後、米中貿易摩擦による需要減退懸念から原油価格は下落し、50ドル台半ばで推移したが、12月に入ると「米中両国政府が貿易交 […]

国⺠と企業が貯めたカネは海外に流出

「日本の未来を考える勉強会」ー脱デフレの鍵は財政にあり 財務省の真の問題は「森友⽂書」書き換えどころではない • リーマン後の⾦融の膨張で世界の成⻑モデルは株価主導型に • ⽶トランプ減税、インフラ投資⇒⾦利⾼・インフレ懸念 • トランプ:ドル安、保護貿易主義志向 • 株式不安:⽇⽶、世界の景気を脅かす • 脱デフレ;⾦融緩和=株⾼・円安モデルはもはや限界 • 危うい賃上げ頼み • ⽇銀⼈事:若⽥ […]

iPSに金出せず!

iPSに金出せず!嗚呼貧しき日本経済!」犠牲となるのは将来の日本の国力   京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長は、政府予算が2022年度で終わる予定であることについて嘆いておられますが、iPS細胞の実用化事業は現在世界で競争が激化中とのこと。このままでは、iPS研究本家の日本が、世界から取り残されてしまう事態に。 すでに日本の民間企業には、そのような体力は無いのでしょうか? いまデフ […]

日本にも迫る移民&難民問題

日本にも迫る移民&難民問題     世界は反共産主義、反全体主義というお話の前半から続きまして、欧州の移民・難民問題は日本にも迫りつつある大問題である警告いたします。 「多文化共生」とは何か? それは「外国人の犯罪に目をつぶることではないか?」という馬渕大使の問題定義に、皆さまは何を考えますでしょうか。 この日本が、言論統制社会とならぬよう、気をつけて参りましょう。   […]

ソフトバンク孫正義氏に見る企業運営

「日本経済マネーゲームでゼロ成長」ソフトバンク孫正義氏に見る企業運営   ソフトバンク孫正義氏に代表される企業運営のあり方は、日本経済に全く関与していないといっても過言ではない。 法人税も払わずに株の含み益で会社だけが大きくなるその手法は、マネーゲームそのものである。(孫氏に限ったことではなくグローバル企業のやり方ではありますが) 日本経済はここ2〜30年、何故ゼロ成長なのか? 政治家に […]

日本は過去20年間全く成長していない

  世界経済が堅調に成長を続ける中、日本は過去20年間全く成長することができませんでした。 私たちが汗水垂らしてなんとか所得を「維持」している中、中国人をはじめとした外国人はぐんぐん所得を増やして行きました。日本人は相対的に貧乏になっています。一時期、大量にいた爆買い中国人も“安い”日本製品を買い付けにきていたということです、、、 日本人が嘘に洗脳されずに、本来の正しい政策を取っていれば […]

アベ・ショックが始まった

アベ・ショックが始まった 消費税の政策的な意味は、実は消費に対する罰金です。 炭素税は二酸化炭素排出企業に対する罰金であり、タバコ税はタバコを吸うことに対する罰金。特定の行動をさせないための罰金としての税ですから、消費税は消費を減らすことが政策目的になります。実際、消費増税で実質消費の量が確実に減ります。たとえば、2014年4月の8%への消費増税のときには年間で8兆円分の消費が実質で減りました。 […]

政治家やメディアは中国や香港問題に対して口をつぐんでいるのか?

中国の世界赤化計画と台湾独立への展望 河添恵子#20-2 中国の世界赤化計画と台湾独立への展望&何故日本の政治家やメディアは中国や香港問題に対して口をつぐんでいるのか?   ・中国共産党の長期的戦略 ・清華大学経済管理学院顧問委員会 米英中の金融・経済のギルド 2000年に発足 Facebook、Apple、ホンハイ、ソフトバンク、ゴールドマンサックス、ブラックストーン、リーマン・ブラザ […]

1 32