良質な睡眠は健康維持の第一歩です

良質な睡眠は健康維持の第一歩です

良眠を得ることが健康に生きるための絶対条件です。

人間は睡眠中に、急速眼球運動(レム, REM)が生じ、ノンレム睡眠であるステージIからステージIVの4段階と、レム睡眠を、周期90~110分で反復します。

睡眠は、心身の休息身体の細胞レベルでの修復、また記憶の再構成など高次脳機能にも深く関わっているとされます。下垂体前葉は、睡眠中に2時間から3時間の間隔で成長ホルモンを分泌しますます。放出間隔は睡眠によって変ashton Djacky, but it is really good 化しないが、放出量は多くなる。したがって、子供の成長や創傷治癒、肌の新陳代謝は睡眠時に特に促進されます。また、睡眠不足は身体にとってストレスとなり、健康をを妨げます。

 

安眠

 

睡眠には身体を休ませるのはもちろんのこと、脳を休ませるという大切な役割があります。脳は非常に燃費が悪い器官で、重さは体重の2 ~ 5%に過ぎないのですが、消費エネルギーは全体の20%以上になると言われています。そんな脳を休ませるのに必要不可欠なのが睡眠という行為なのです。

 

ノンレム睡眠

脳を休める睡眠→ 主に脳や細胞を回復させます。

 レ ム睡眠

脳を育てる睡眠→主に記憶の整理や固定を行います。

 

高齢になると、昼間に何度も居眠りし夜間は数時間しか眠らないというパターンになります。睡眠の深さも浅くなり、ノンレム睡眠が完全に消失していることもありますます。人間が加齢とともに早寝早起きの就寝スタイルに移行するのは、概日リズムの位相の前進による影響という説があります。

 

睡眠不足は万病の元

睡眠が不足すると、生命にとって大切ないわゆる「免疫力」「自然治癒力」などに悪影響があり、成長ホルモンの分泌にも悪影響があり乳幼児・幼児・青少年では身体の成長にも悪影響があり(身長が伸びにくくなる)。睡眠不足では胃や腸の調子が悪くなります。

顔がむくみ、血色が悪くなり、人によっては土気色(つちけいろ)つまり死人のような顔色になり、皮膚の状態は目に見えて悪くなる。また睡眠不足は肥満を招きがちである。

精神的には気分に悪影響があり鬱(あるいは躁状態や鬱状態の不安定な変化)になりがちで不機嫌で人間関係が悪くなり、また脳の知的面での基本機能である記憶力、集中力などに悪影響があり、結果として学生では学業(勉強)の効果に、成人では仕事の質に深刻な悪影響を及ぼす。睡眠不足だと仕事のミスが増え、肉体労働などをしている人では深刻な負傷を負ったり死亡事故に遭う確率(労働災害発生率)が増してしまうことが各種労働統計によっても明らかにされています。

睡眠時間が短い人は、血中の食欲を抑えるレプチンが少なく食欲を増進させるグレリンが多い。その結果、睡眠時間が短くなるほど食欲が亢進しやすく肥満になるリスクが高くなる。

慢性的な寝不足状態にある人は高血圧、糖尿病、脂質異常症、心筋梗塞、狭心症などの冠動脈疾患や脳血管障害といった生活習慣病に罹りやすい。また免疫力を低下させ、インフルエンザなどの感染症や癌の誘因や増悪因子になります。

睡眠不足は子どもの身体能力や学業成績に多大な影響を及ぼす(脳は睡眠中に、昼間体感・学習した情報から余計な情報を省いて効率よく整理し、長期的な感覚や記憶として処理される)。

子供たちの学習量は増える一方なのに、学んだことを処理するための睡眠量は最近どんどん削られている。
夜更かしした翌日に長時間睡眠をとって寝不足を解消することはできるが、逆に前日に長時間睡眠し、翌日に夜更かしするなどといった「寝貯め」はできないとされている。また、前者のような「まとめ寝」も、寝不足は解消できるが、長時間睡眠により睡眠の質が下がったり、睡眠バランスや体のリズムを崩すためよくないとされます。

深い眠りに入っている状態を「熟睡」という。その状態は「ぐっすりと~」と表現されます。医学的にはノンレム睡眠のステージIII・IVの徐波睡眠を指し「深睡眠」とも呼ばれます。脳機能の回復と記憶の再構成にはこの状態に入ることが重要とされています。

若い成人の場合、男性に比べて女性の方がステージIII・IVの徐波睡眠の量が有意に多いが、レム睡眠の量は総睡眠時間の30パーセントと男女とも差は無い。中高年になると男女ともに熟睡量は減少し、とくに男性は睡眠中の覚醒反応が増え、ステージIV徐波睡眠はほぼゼロとなradikoいます。

20歳代を除けば総睡眠時間は男性の方が長い傾向があり、高齢になると男性のほうが昼寝する人の割合が高いことから、男性に比べて女性の方が効率良く質の高い睡眠が取れていると言えます。

快眠のために必要な寝具

睡眠をとりまく環境を整えることは快眠のための必須条件です。寝床内環境をつくる寝具選びは、よく眠るために重要なポイントとなります。首や肩に無理のない枕・適度な硬さのベッドマットや敷き布団・フィット感のある掛け布団といったように、体への負担が少ない寝姿勢(寝相)を保つことができ、保温性と吸湿性・放湿性が良い寝具を選びが必要です。

よく眠るために必要な寝具の条件

寝具には寝ているときの保温と良い寝相、つまり立ち姿勢に近く体への負担が少ない姿勢、を保つというふたつの大きな役割があります。私たちの体は体内時計の働きから眠ると体温が下がりますが、これは深い眠りを保つために体内から熱を出すためで発汗がおこっています。寝具はこの点を考え、吸湿性・放湿性が良く、保温性のよいことが第一条件になります。

とくに冬場の寒い季節は寝床内環境が重要になります。冬は予め毛布などで寝具内を温めておくと寝つきが良くなります。寝具が冷えていると、体温の放熱を抑えるために不自然な寝相になることがあります。寒さが厳しいときには、湯たんぽや電気毛布などで就寝前にあらかじめ寝床内を暖めておくと、眠りにつきやすくなります。個人差や季節によっても異なりますが、寝床内の温度は33℃、湿度は50%の状態が最適とされます。

 

まるで無重力の快眠マットレス オクタスプリング

ヤーマンのマットレス『オクタスプリング』は、 マットレス開発の権威であるウィリー・ポッペが、 スプリング形状による通気性の良さと、 ウレタンフォームの優しいサポート力を同時に 実現する全く新しいマットレスです! 『オクタスプリング』は発売開始以来、 その品質が高く評価され、現在イタリアの5つ星ホテル 「アルピナホテル」全室でも採用されています。

このマットレスをベッドや布団の上に置くことで、どんなシーンでもあなたの身体をサポートします。「オクタスプリング」は、高い通気性を持つ『ハニカム構造』のウレタンスプリングを採用し、常に空気を流動させる『AIRフロー効果』を実現。体を動かすたびに無駄な熱と湿気をマットレス側面から追い出し、新鮮な空気を維持できます。

どんなシーンにも使える利便性
マットレスの上に重ねる。布団の上に重ねる。一枚で使用する。「オクタスプリング」が一枚あれば、どんなシーンでも深い眠りをご提供できます。今お使いのベッドや布団がそのまま使えるため、とても経済的です。

 

点で支えるエアキューブ

点で支えるキューブカッティングが身体をバランス良く支え、
体圧を均等に分散するので、身体が沈みすぎずに理想的な寝姿勢へと導きます。

 

点で支えるキューブカッティングが身体をバランスよく支え、体圧を均等に分散するので、身体が沈み込みすぎずに理想的な寝姿勢へと導きます。また血行を妨げにくく圧迫感を緩和します。(※少し尖った形をしたキューブのひとつひとつが身体をバランスよく支えることによって血流を妨げにくい構造となっています)


 

自分らしい枕を。睡眠DIYをあなたの手で アイメイドシリーズ 

□眠りが浅くて疲れが取れない

□夜中に何度も目が覚めてしまう

□朝起きると肩こりしている

□睡眠中でも腰が痛い

□オーダーメイド枕は高すぎる

□枕難民である 肩こりはもちろん、腰痛の原因は実は枕にもあります。 眠れないその原因は枕にあるかもしれません。 アイメイドシリーズは、自分好みをまくらを自分で作っていく「睡眠DIY」を提案します。 それぞれ悩みにに合わせた3つの枕が新登場! ストレートネックが気になる・本格的に辛くなる前に予防したい!→エンジェルネックピロー 暑がりで寒がり、オールシーズン使える枕が欲しい→ネムリードピロー 市販の枕がことごとく合わない…でもオーダーメイド枕を買うのはちょっと…→フィッティピロー 睡眠でお困りの方は今すぐチェック! 

 

睡眠の専門家も絶賛の安眠枕【スリーパードクターズピロー】

寝姿勢を科学した!!
睡眠時の姿勢と呼吸を優しくサポート!

口コミで人気の秘密はコチラ↓


健康カテゴリの最新記事