ロシア革命|100年後の真実

ロシア革命|100年後の真実

国民を大虐殺したロシア革命

 

 

 

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

 

 

ロシア革命とは、1917年にロシア帝国で起きた2度の革命のことを指す名称である。 特に史上初の社会主義国家樹立につながったことに重点を置く場合には、十月革命のことを意味している。 また逆に、広義には1905年のロシア第一革命も含めた長期の諸革命運動を意味する。 ロシア革命は、少なくとも最初に勃発した二月革命の時点においては自然発生的な革命であり、どの政治勢力も革命の展開をリードしているわけではなく、むしろ急展開を急ぎ追いかける形となっていた。 しかし成立した臨時政府が情勢をコントロールできない中、レーニン指導下のボリシェヴィキが情勢を先導して行くようになり、十月革命は逆にボリシェヴィキが徹頭徹尾主導権を握って自力で起こしたものであり、革命というよりはむしろクーデターというべき性格のものだった。 ともあれ十月革命によって成立したボリシェヴィキ主導政権は世界初の社会主義国家であり、全世界に大きな影響を及ぼした。 ボリシェヴィキは世界革命論によってロシアの革命を世界へと輸出することを望んでおり、1919年3月2日にボリシェヴィキ主導のもとで結成されたコミンテルンもヨーロッパ諸国へ革命を波及させることを主目的の一つとしていた。 しかしこうした試みは成功せず、一国社会主義論の登場とともにコミンテルンの役割は変容していった。

 

革命そしてレーニン

 

 

 

夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?

 

史実カテゴリの最新記事