私と香港の記憶

私と香港の記憶

私と香港の記憶

 

 

<私と香港の記憶>
・1980年代の香港の印象
・当時の人々は毎日汗水働いてカナダや豪州の永住権を得るためのお金を稼いでいた(1997年の返還時まで)
・今香港でデモをしているのは、その時お金を貯められず永住権を取れなかった世代の子供たち
<自分たちはここしか居るところがない>
・香港の若者たちの覚悟
・日本は香港を応援すべき
・中国共産党に忖度する日本の政府や企業を私は受け入れられない
・明日は我が身と思うことであるのに
・今の中共の力が大きくなれば、世界の自由と民主は保障されなくなる
・自由と民主はタダではない
・香港返還後のこの20年で、自由と民主が脅かされていることを香港人は感じ取っている
・もし私が香港人であれば、死ぬ気で戦ったと思う
Q. 香港人は世代によってかなり意識が違いますか?
・香港人の現実について
・パスポートや家をいくつも持っている人と、部屋も持たない人との差が激しい
・香港では男が家を持っていないと結婚もできない
・今の香港の物価は東京の都心より高い
・賃貸は弱者
Q. 香港の若者達の親世代は デモをする子供達をどう見ているのか?
・香港の若者達の親世代は何を思う?
・香港の両親世代は中国共産党を恐れている
・とはいいつつも今回だけは違って、デモを最後の戦いと思っている人もいる
・台湾は反中国共産党の主張をもっと正面から堂々とやっている
・米英は香港の若者を裏切らない、途中で梯子を外すことは考えられない
・米英は中国共産党を仕留めに行く
Q. 対して 習近平の中国共産党も黙ってはいないのでは?
・中国共産党と香港&世界の動向
・社会信用システムを進めている最中であり、すんなり引き下がることも考え難い
Q. 香港のインターネットも監視・検閲されるようになりますか?
・「社会信用システム」は中国全土で実施される、香港も例外ではない
2020年に完成させることを中国は発表している
・香港・ウイグル・チベットは変わる
・世界は変わる
・香港加油! 世界將會改變!
頑張ろう香港!世界は変わる!

 

今の時代にマッチしたSNSアプリ【トゥルーブ】

河添恵子カテゴリの最新記事