三橋TV第67回日本屈指のブラジルタウン大泉町

三橋TV第67回日本屈指のブラジルタウン大泉町

三橋TV第67回

 

 

 

【日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ】

群馬県館林市から西に15km、人口4万人の地方都市、大泉町は日本屈指のブラジルタウンとしてまた入管法改正に伴って移民先進モデル地区として今最も注目が集まっている地区の一つである。実は数年前にこの地区の教会で讃美歌を歌ってほしいという依頼があり出掛けた事があったので、私にとっても、とても思い出深い街だった。

今でも鮮明に覚えている、道の両脇の建物にあるポルトガル語の看板、日本の原風景的なものとは一味も二味も違う鮮やかな色彩感覚の店舗。すれ違う人の顔立ちは彫り深く、豆を煮込んだブラジルの家庭料理の匂いとその先にあるコンビニエンスストアの建物を居抜きした簡素な教会。こんな地区が日本にあるのだ、、と圧倒された。

もともと富士重工や三洋電気などの工場があった大泉町は1970年代から80年代のバブル期に人手不足解消のため多くの外国人労働者を受け入れてきた。1990年には入管法の改定が行われ、日系人であれば職種を問わず
国内での労働が可能になり、もともと南米系の労働者が多かった大泉町にはブラジルの日系人が大勢入植したと言われている。

その結果、現在では総人口4万2千人の内18%が外国人、外国人による生活保護受給の割合は受給者全体の25%、群馬県内での犯罪発生率はダントツの1位1.962%(群馬県内)ブラジルといえばサンバ、リオのカーニバルはご存知の方が多いと思う。

大泉町でも日系の方との交流のためもあって2007年からサンバカーニバルが開催されていた。もちろん日本人の住人の税金も投じて、、。しかしながらダンサー同士の性行為が横行したり町の美観が著しく損なわれたとの事で昨年から開催中止になってしまったそうだ。私が訪れた教会の信者はほとんどがブラジル人で、
日本語を話せる人は一人もいなかった。

日本語が話せないイコール、もしも今の仕事にあぶれてしまったら簡単には転職も出来ず貧困へ。もちろん職のある方もおられるとは思うが、そして救いを求めて教会へと集まる。驚くべき事に、この教会の牧師は韓国人だった。
韓国人の牧師が都内から出張でコンビニ跡地の教会へ訪れていたのだ。私が見たのは、かなり熱心に、いや深刻と言っても良いかもしれない、ブラジル人の皆さんが祈っている姿。そしてそれを煽るような形で『多く蒔いた者が多く刈り取るのです!』とかなり強い口調で語りかけ献金の袋を回していた。

また車椅子で訪れたご年配の方を祈りを捧げると言って無理やり立たせ異常に大きな掛け声を浴びせていた。私はキリスト教についてどうこう言っているのではない。このなんとも言えない負の連鎖を目の当たりにした事を皆様に伝えたかった。

母国ブラジルを1万7千キロ、日本に出稼ぎにやってきたが工場はバブル崩壊とともに閉鎖したり、労働調整の為解雇、働き口もなく、かといって帰りの渡航費すらない。

同郷の仲間とコロニーを作り日本に根付く事を決意したものの根本的に他国で生きていく孤独が全て解消されるわけではない。もともとカソリックが多いブラジル、教会は唯一の心の拠り所だが、
本国のように立派な建物は立てられない。どこから見ても元コンビニを教会風にしてなんとか体裁を整えたが、そこに入り込んできたのは韓国系プロテスタントの牧師。貧しい彼らの心の隙間に入り込んでくる形を変えた新興宗教は拡がりを見せつつある。そしてそんな実態を日本人は知りようもない。

最近ある著述家が大泉町へ訪れ、日本人が1人もいないカソリック系教会で、自分のためだけに通訳をつけてくれた、という一点だけを取り上げて日本も多文化共生社会へと舵を切るべき、、との論を展開していた。

冗談じゃない。クリスチャンはもちろん、様々な宗教における布教への執念を知らないのだろうか、、、。
彼らの通訳は「共生」のためではなくあくまで「布教」のためなのだ。こういうものをごちゃ混ぜにした論で移民を受け入れを推奨する事はあまりにも酷すぎる。そもそも‘日本人が1人もいなかった’という時点で
共生していない事の証明だと思うのだが、、。

そんな大泉町も近年では中国人の比率も増え、ゆくゆくはチャイナタウン化する可能性も高いと言われている。いずれにせよ日本国内に日本人が立ち入る事ができない地区、日本人が状況を把握できていない「治外法権」のような地区がこの度の入管法改正に伴って今後増え、取り返しのつかない事態に
なることがもう目の前に迫っている。

日本を守る、日本の文化を大事にするなど、保守を自認する方々は口々に歴史を重んじるような事を言ってはきたが、そういう人びとが改定してきたのが入管法なのだ。働き手不足という大きく深い傷を負ったような失政をバンドエイドで手当てするような場当たりの政策にはきちんと声を上げていかねばなるまい。対案?いいかげんな雇用調整をせず、正社員として雇い切る体制をもう一度一から作り直し、推定54万人いるという引きこもっている方々を表に出す。
そして教育をきちんと見直し、引きこもっているような方々を2度ともう作らないようにしていく。祖国の崩壊を今阻止しないと手遅れになる、、一緒に考えましょう。



三橋貴明カテゴリの最新記事