中華思想

日本とChinaの文化・思想の違い 2

中華思想と日本思想の違い『海と日本』 第20回  「大陸の発想VS島国の発想」 Chinaと日本。大陸の宿命と島国の限界が、両者の間に思わぬ発想方法の差異を育ててきた。 巨大な大陸国家であるChinaは6000年以上に渡って、東夷・西戎・南蛮・北狄の四辺と争いながら権力が存続してきた。周囲は敵であり力で劣れば国は収縮・消滅せざるをえない。 方や、国家の成立前から海洋によって隔離・保護されてきた島国の日本にとって、隣国は争うべき相手ではなかった。 業界最安級!月額1,380円~ギガ放題が利用できるWiMAX

日本とChinaの文化・思想の違い 3

中華思想と日本思想の違い 『海と日本』 第20回  「大陸の発想VS島国の発想」 Chinaと日本。大陸の宿命と島国の限界が、両者の間に思わぬ発想方法の差異を育ててきた。 巨大な大陸国家であるChinaは6000年以上に渡って、東夷・西戎・南蛮・北狄の四辺と争いながら権力が存続してきた。周囲は敵であり力で劣れば国は収縮・消滅せざるをえない。 方や、国家の成立前から海洋によって隔離・保護されてきた島国の日本にとって、隣国は争うべき相手ではなかった。 アジアに存在する、この異なる2つの立場は互いを理解することが出来るのか、そしてその未来は?

日本とChinaの文化・思想の違い 1

中華思想と日本思想の違い Chinaと日本。大陸の宿命と島国の限界が、両者の間に思わぬ発想方法の差異を育ててきた。 巨大な大陸国家であるChinaは6000年以上に渡って、東夷・西戎・南蛮・北狄の四辺と争いながら権力が存続してきた。周囲は敵であり力で劣れば国は収縮・消滅せざるをえない。 方や、国家の成立前から海洋によって隔離・保護されてきた島国の日本にとって、隣国は争うべき相手ではなかった。 アジアに存在する、この異なる2つの立場は互いを理解することが出来るのか、そしてその未来は? 業界最安級!月額1,380円~ギガ放題が利用できるWiMAX

中華思想の誤解が日本を亡ぼす

【加瀬英明&石平】中華思想の誤解が日本を亡ぼす[桜H22/9/16]   加瀬英明氏と石平氏のお二人で著されたばかりの『徹底解明!ここまで違う日本と中国』をご紹介いただきながら、両国の長い歴史と現状を踏まえた上で、中華思想の実像や、日本と中国の違いなどについて共に考察する「知の冒険」を通して得られた中国論・日本論の真髄についてお聞きすると共に、尖閣諸島をめぐる問題についてもご説明いただきます。 業界最安級!月額1,380円~ギガ放題が利用できるWiMAX

中華思想

中華思想(ちゅうかしそう)は、中華の天子が天下 (世界) の中心であり、その文化・思想が神聖なものであると自負する考え方で、漢民族が古くに持った自民族中心主義の思想。自らを夏、華夏、中国と美称[2]し、王朝の庇護下とは異なる周辺の辺境の異民族を文化程度の低い夷狄 (蛮族) であるとして卑しむことから華夷思想(かいしそう) 「漢民族」の意味が古代と現代では異なる点には留意である。古代のオリジナルの漢民族は黄河文明に住む極めて限られた民族だった。 中国語では「華夷秩序」(簡体字:华夷秩序、英語:Hua-Yi distinction)、また中国中心主義(簡体字:中国中心主义、英語:sinocentrism) とも呼ばれる。また中世・近代のベトナム王国でも、ベトナムこそがインドシナ半島の近代王国だとする思想があった。 中華思想は漢民族を中心としたものであり「中国皇帝が世界の中心」であり、朝廷の文化と思想が世界で最高の価値を持つとみなされる。そのため、異民族や外国の侵入に対しては、熾烈な排外主義思想として表面化することがある。 中国の歴史においては、はじめは北の遊牧文化に対し,漢民族の農耕文化が […]