乗松聡子

カナダで反日活動をする日本人

カナダで反日活動をする日本人その名は乗松聡子 乗松は反日結社ジャパン・フォーカスのメンバーであり、沖縄反基地運動で主に暗躍している。   乗松聡子なるピース・フィロソフィー・センターという怪しげな極左団体に属している。琉球新報の新垣毅という極左編集委員が書いたコラムを取り上げ、「日本の人種差別:東京の大家による『琉球新報』記者への賃貸拒否事件は絶対に許すな」という記事を書いている。大家が旧社会・共産党の極左労組支配の琉球新報の記者に、物件を貸したくないという話を人種差別と曲解しているのだ。一方、沖縄の学校で両親が自衛官の子供に給食が配膳されないなどいじめや差別に遭っている問題は無視している。乗松は「信じがたい」「違憲、違法な沖縄差別、レイシズム」と決めつけるが、その前に日本を取り巻く安全保障環境がどう変化しているのか、琉球新報がどういう態度を取っているかを考える必要がある。 日本が尖閣を国有化する2年前の2010年から中国は、尖閣海域への公船派遣を恒常化させた。軍事費の伸びも急で同国の軍事費は公表額だけで日本の3倍の15兆円になる。日本列島が入るエリアに第一・第ニ列島線を引き […]