仲哀天皇

歴代天皇14仲哀天皇

仲哀天皇(ちゅうあいてんのう、成務天皇18年? – 仲哀天皇9年2月6日) 『古事記』『日本書紀』に記される第14代天皇(在位:仲哀天皇元年1月11日 – 同9年2月6日)。日本武尊命を父に持ち、皇后は三韓征伐を行った神功皇后であり、応神天皇の父である。熊襲を討とうとした橿日宮に至ったが果たせず、即位9年で死去したと伝わる。和風諡号は足仲彦天皇(たらしなかつひこのすめらみこと)、帯中日子天皇(古事記)。 足仲彦天皇(=仲哀天皇)は倭建の御子である。成務天皇には子が無かったので、倭建の御子の足仲彦が皇位に即いたとなっている。おそらく、足仲彦が天皇として政務を遂行できるほどに十分に成長したため、成務天皇は皇位を譲ったのかもしれない。石上神宮の神宝の管理権を妹大中姫に譲ったと同じ様に高齢を理由にして。。 仲哀二年、気長足姫 (おきながのたらしひめ) を皇后とした。気長足姫は後の神功皇后である。これより先に仲哀天皇は大中姫を妃としていた。妃は香坂王と忍熊王を産んだ。この年、仲哀天皇と皇后気長足姫は敦賀に行幸して仮宮の笥飯宮を建てて滞在する。翌月、天皇は、多くない臣と兵を […]