大量虐殺

韓国最大のタブー 20万人大量虐殺 保導連盟事件

保導連盟事件 保導連盟事件(ほどうれんめいじけん)とは、朝鮮戦争の最中である1950年6月25日、韓国国軍、韓国警察、李承晩大統領支持者らが共産主義からの転向者やその家族を再教育するためとして設立されていた統制組織である「国民保導連盟」の加盟者や収監中の政治犯や民間人などを大量虐殺した事件。韓国では保導協会員虐殺事件とも呼ばれる。 被害者は20万人から120万人。 韓国では近年まで事件に触れること […]