孝謙天皇

歴代天皇46孝謙天皇 歴代天皇48称徳天皇

史上 6 人目の女帝で、天武系からの最後の天皇である。この称徳天皇以降は、江戸時代初期に即位した第 109 代明正天皇(在位:1629年 – 1643年)に至るまで、850 余年、女帝が立てられることはなかった。   孝謙天皇(こうけんてんのう)、重祚して称徳天皇(しょうとくてんのう;稱德天皇、718年(養老2年) – 770年8月28日(神護景雲4年8月4日))は、日本の第 46 代・第 48 代天皇。 孝謙天皇としての在位期間は、749年8月19日(天平勝宝元年7月2日) – 758年9月7日(天平宝字2年8月1日)。 称徳天皇としての在位期間は、764年11月6日(天平宝字8年10月9日) – 770年8月28日(神護景雲4年8月4日)。 父は聖武天皇、母は藤原氏出身で史上初めて人臣から皇后となった光明皇后(光明子)。即位前の名は「阿倍内親王」。生前に「宝字称徳孝謙皇帝」の尊号が贈られている。『続日本紀』では終始「高野天皇」と呼ばれており、ほかに「高野姫天皇」「倭根子天皇(やまとねこのすめらみこと)」とも称された。 聖武天 […]

弓削道鏡の野望

  道鏡(どうきょう、文武天皇4年(700年)?-  宝亀3年4月7日(772年5月13日)) 奈良時代の僧侶。俗姓は弓削氏(弓削連)で、弓削櫛麻呂の子とする系図がある、俗姓から、弓削道鏡。 弓削氏は弓を製作する弓削部を統率した氏族。複数の系統があるが道鏡の属する系統(弓削連)は物部氏の一族とされ、物部守屋が母姓を仮冒して弓削大連と称して以降、その子孫が弓削氏を称したという。孝謙上皇が天平宝字8年(764年)に出した宣命では、道鏡が先祖の「大臣」の地位を継ごうとしているから退けよとの藤原仲麻呂からの奏上があったと語られるが、この「大臣」は大連の地位にあった物部守屋を指すと考えられる。天智天皇の皇子である志貴皇子の落胤とする異説もある。 弓削氏(ゆげうじ)は、「弓削」を氏の名とする氏族。 古代の日本で弓を製作する弓削部を統率した氏族で、祖先伝承や根拠地域が異なる複数系統がある。物部氏と関係が深く、一部の系統はその傍系ともいわれる。河内を本拠とした弓削氏は物部氏の本拠と地理的に近く、職掌からも近い関係にあったと考えられるが、学説には物部氏とは別の一族だとする説と、物部氏の傍系とす […]