宇多天皇

歴代天皇59宇多天皇

光孝天皇の第七皇子であり、母は桓武天皇の皇子仲野親王の娘・皇太后班子女王であった。父光孝天皇は即位後に関白藤原基経の妹藤原高子の子であり、陽成天皇の弟であった貞保親王をはばかり、元慶8年(884年)6月に26人の皇子皇女を臣籍降下させて源氏とした。定省王もその一人であり、源定省(みなもと の さだみ)と称した。 仁和3年(887年)には光孝天皇が重態に陥ったが、後継を指名しなかった。実力者の基経は天皇の内意が貞保親王ではなく定省にあるとして、また、自身も陽成天皇の弟であり、甥でもあるが、それ以上に非常に仲の悪い妹藤原高子の子である貞保親王は避けたい事もあり、朝議は一決した。 定省は8月25日に皇族に復帰して親王宣下を受け、翌26日に皇太子に立てられた。定省は基経の異母妹である尚侍藤原淑子の猶子であり、後宮に強い影響力を持っていた淑子は定省後継を熱心に推薦したのが大きかった。しかし基経自身は特に定省を気に入っていたわけではなかった。 また、定省には同母兄の源是忠がおり、兄を差し置いて弟が立つと言う問題もあったため、基経以下の群臣の上表による推薦を天皇が受け入れて立太子を行うと言う形が取ら […]