40代歴代天皇

歴代天皇 40代天武天皇

686年10月1日(朱鳥元年9月9日))は、7世紀後半の日本の第40代天皇(在位:673年3月20日(天武天皇2年2月27日) – 686年10月1日(朱鳥元年9月9日))。   天皇との親疎で身分制度をつくる。 天皇を神格化する。 天皇自らの正当性を証明するための歴史書を編纂する。   天智天皇7年(668年) 天智天皇の皇太弟に立てられたとされる(否定する説もある)。 天智天皇10年(671年) 重病の天智天皇に後事を託されるも固辞し、出家して吉野に移る。 弘文天皇元年(672年) 壬申の乱で天智天皇の息子である大友皇子(弘文天皇)を破る。 弘文天皇2年(673年) 飛鳥浄御原宮にて即位する。 天武天皇4年(675年) 部曲を廃止する。占星台を設置する。 天武天皇5年(676年) 陰陽寮を設置する。 天武天皇7年(678年) 官人の勤務評定や官位の昇進に関して考選法を定める。 天武天皇8年(679年) 吉野に行幸する。皇后、草壁皇子らに皇位継承争いを起こさないよう誓わせる(吉野の盟約)。 天武天皇9年(680年) 皇后(後の持統天皇)の病気平癒のため […]