香港デモの正体を見極めよ

河添恵子#17-1★香港デモが終わらない理由&香港デモの正体を見極めよ     ・これは米英vs中国の戦いと見るべき ・香港の若者を背後から支援する者は? ・台湾へ飛び火する反中国デモ ・台湾のメディアを乗っ取った中国共産党に反対する台湾の人々 ・蔡英文政権はデモを支持=反中共を示すこと →支持率UP ・台湾の背後にはアメリカ ・台湾を渡さない米国 ・アジア再保証推進法 201 […]

朝鮮は日本の植民地ではなかった!という事実

朝鮮は日本の植民地ではなかった!という事実 【CGS 韓国・朝鮮史 宇山卓栄 第27回】   日本人がほとんど知らない隣国の歴史を知る、「じっくり学ぼう!韓国・朝鮮史」第27回。 講師は各メディアで時事問題を歴史の視点でわかりやすく解説を行うなど、多方面で活躍中の著作家・宇山卓栄さん。 今回からいよいよ日本統治の時代に突入します 。 日本人がほとんど知らない隣国の歴史を知る、「じっくり学 […]

私と香港の記憶

私と香港の記憶     <私と香港の記憶> ・1980年代の香港の印象 ・当時の人々は毎日汗水働いてカナダや豪州の永住権を得るためのお金を稼いでいた(1997年の返還時まで) ・今香港でデモをしているのは、その時お金を貯められず永住権を取れなかった世代の子供たち <自分たちはここしか居るところがない> ・香港の若者たちの覚悟 ・日本は香港を応援すべき ・中国共産党に忖度する日本 […]

反日の現在 2019

反日の現在 2019   ◆反日の現在 2019 パネリスト: 小野寺まさる(元北海道議会議員・チャンネル桜北海道キャスター) 佐々木類(産経新聞論説副委員長) 西村幸祐(批評家・岐阜女子大学客員教授・関東学院大学講師) 坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師) 宮脇睦(ITジャーナリスト) 山本優美子(「なでしこアクション」代表) 渡邉哲也(経済評論家) 司会:水島総 &nb […]

米中冷戦、韓国はどちらにつくか? 

米中冷戦、韓国はどちらにつくか?   キャスター:福島香織・渡邉哲也 ■ ニュースPick Up ■ 米中冷戦、韓国はどちらにつくか? ■ 北戴河で話し合われた香港問題 ◆『福島香織の中国趣聞(チャイナゴシップス)』講読方法はこちら!  こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」   ホームページ作成サービス「グーペ」

これが日本国籍乗っ取りの証拠です!

これが日本国籍乗っ取りの証拠です! 【驚愕!】橋下徹さん、いかがでしょう?これが日本国籍乗っ取りの証拠です!【深田萌絵】【WiLL増刊号 #049】 橋下徹氏が日本の戸籍制度について、「現戸籍の問題点は、特に出生地の記載があることと、外国人が戸籍を持てないこと」と主張。 ところが、実際にスパイ被害に遭った経験を持つ深田氏は「出生地の記載」が安全上、極めて重要だと説く。   ホームページ作 […]

大維新の会の大口後援者にマルハン、ソフトバンク、パソナ」

維新とカジノ利権は1つにつながっている 自民党関係者からの情報提供によるとカジノ利権とマネーロンダリング 〜「不正選挙利権、森友などの学園利権、そしてカジノ利権は1つにつながっている」以前にカジノ利権の闇に迫る情報を寄稿して下さった自民党関係者の方から、現在の重要な情報をみていきましょう。   「今、大阪でひそかに問題になっている」とのことでメディアが大きく取り上げていないものの、大阪の […]

不正工事まん延する大阪市

不正工事まん延する大阪市、今度は舗装で発覚 上下水道工事で大量の不正があった大阪市で、今度は舗装の路盤材で不正が相次いで発覚している。市建設局は2019年5月29日、10年に発注した舗装工事で、施工者が故意に路盤材の設置を省いていたと発表した。19年1月にも、同じ路線の隣接する工区で、路床の砕石設置を省く不正が明らかになったばかり。舗装工事の不正には、上下水道工事の不正と同一の施工者が関わっていた […]

朝鮮総連と日本

韓国歴史教科書は反日教本 来年4月から日本の小学校で使われる5、6年用の社会科教科書のすべてが島根県隠岐の島町の竹島を「日本固有の領土」と明記したところ、韓国がこれに激しく反発した。政治、経済から軍事まで幅広く悪化する日韓関係だが、問題の根源として、韓国の教科書にもっと注目すべきだと考えるようになった。 韓国の小6社会科の教科書に日本の朝鮮半島統治時代の徴用に関連するものだとして、上半身裸の男性1 […]

ボトムアップが日本を救う

ボトムアップが日本を救う       今回ご紹介する書籍の中では、 なぜ日本にとってMMTが救世主なのか?なぜ9割の国民がお金を間違ったまま認識しているのか?なぜ消費増税しなくてもいいのか? など、今話題のMMTについて三橋貴明が徹底的に解説を行っています。

1 60

Overall Ranking