2018年6月

1/12ページ

科挙制度の問題点とヨーロッパの制度

科挙制度の問題点とヨーロッパの制度   中国の科挙は学科試験という概念を導入しましたが、その後は競争が激化してほとんど受からなくなってしまいました。 試験は3年に1度の中で、10回以上落ち続けている人もいました。 そんな人たちは、家がお金持ちだから、それが出来たのです。  そもそも、中国の隋に始まり、唐で発展し、宋で変質しながら、清まで継承された官吏登用制度。   中国では官吏 […]

対談スペシャル 「国難の正体」を読み解く

対談スペシャル 「国難の正体」を読み解く   対談スペシャル 『国難の正体』を読み解く ――元ウクライナ大使、馬淵睦夫さんと、日本が生き残るための世界史を語る。 韓国人はユダヤ人の真似をしようとしている?! 特定アジアの反日メカニズムとユダヤ主義は、関与しているのか? 日本の真の独立のために、グローバリズムとどう戦うか? そして、今こそ、プーチン・ロシアとの新しい関係が広がる。 馬淵睦夫 […]

メディアと洗脳〜この世界の本当の支配者は誰か?〜

「ひとりがたり馬渕睦夫」#2★メディアと洗脳〜この世界の本当の支配者は誰か?〜   地上波をはじめマスメディアは、意図的に「洗脳」をしている。メディアは工作をやる機関と認識すべき。 今回は、先日行われた米朝首脳会談の話題から、メディアのプロパガンダ、フェイクニュース、戦後の東西冷戦の真実から、キューバ危機を例に、世界の真実を語ります。 ・北朝鮮を持ち上げている評論家はほぼ北朝鮮のエージェ […]

国境なき世界はユートピアか

国境なき世界はユートピアか     国境なき世界はユートピアか / 日本に防衛大臣は必要か / IWC総会で商業捕鯨再開を提案へ~堂々たる主張を[桜H30/6/27] キャスター:上島嘉郎・saya 何が起こるのか。国が溶けます。溶けるというのは、国境が意味をなさなくなってくるという意味です。 組織の形が変わります。中央集権から地方分権というか個人分権みたいな形になるのではない […]

ビハインド・ザ・コーヴ~捕鯨問題の謎に迫る~(予告編)

ビハインド・ザ・コーヴ~捕鯨問題の謎に迫る~(予告編)   食べても「よい」いきもの、「よくない」いきもの。それを決めるのは誰?映画『ザ・コーヴ』から4年後の2014年、オーストラリアから国際司法裁判所に日本の調査捕鯨が「商業捕鯨の隠れ蓑」であるとの訴えがあり、審議の結果、裁判所はその主張に基づき日本政府に南極での捕鯨プログラムの見直しをするよう求めた。この裁定は八木に、鯨肉が日本からそ […]

放置できない基地隣接する小学校の安全

普天間の危険性改めて浮上 放置できない基地隣接する小学校の安全、我那覇氏「一番かわいそうなのは子供たち」 2017.12.18 事故機を調べる沖縄県警の捜査員と米軍関係者 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のヘリコプターの窓が小学校校庭に落下した事故は、住宅密集地にある普天間の危険性を改めて浮かび上がらせた。名護市辺野古への移設を急ぐべきだが、それまで基地に隣接する小学校も放置できない。過去に […]

外国人受入れを拡大し続ける、という最悪の移民政策

「移民政策はとらない」としつつ外国人受入れを拡大し続ける、という最悪の移民政策 西欧諸国が冒してきた大失敗をそのまま踏襲 経済財政諮問会議にて安倍首相は、「移民政策はとらない」と改めて前置きした上で、外国人労働者の受け入れの更なる拡大策について具体的に検討するよう関係閣僚に指示した。 現政権は、国際移住学的に全く通用しない「移民の定義」を提唱し、「移民政策ではない」と言う詭弁の下で外国人受け入れを […]

1 12