2018年11月

1/3ページ

国民をコケにしている消費増税は国家的詐欺だ

国民をコケにしている?2014年の消費増税は国家的詐欺だ   三橋TV番外編#1       三橋TV番外編#2 【9割の国民が騙されている?「一人あたり857万円の借金…消費増税は仕方がない」という財務省のペテン】   【WiMAX2+】【ご契約で、商品券3,000円をプレゼント】   三橋TV番外編#3   【新 […]

河添恵子 シスコはチャイナシティ化

シスコはチャイナシティ化 10年前のサンフランシスコとバンクーバーで起こった不動産バブルは中国人のホットマネーの影響だった。2008年当時(北京五輪の時)の自身の現地取材を振り返りつつ、これからの日本の移民問題を考える上で、私たち日本人が対策できることは何か?   光回線ならauひかり!スマホとセットで更にお得な割引も!   収録日:2018年10月17日 / 26分 <目次的 […]

村中璃子氏 子宮頸がんワクチンの安全性を積極発信

村中璃子氏 子宮頸がんワクチンの安全性を積極発信 ネイチャーは、HPVワクチンについて、「子宮頸がんやその他のがんを防ぐ鍵として、科学界や医療界で認められ、WHO(世界保健機関)に支持されている」と評価。 その上で、 「In Japan the vaccine has been subject to a national misinformation campaign to discredit i […]

ケント、百田対談

韓国には嘘が恥ずかしいという概念がない なぜ韓国は、ここまで反日的になるのか。そして、なぜ国際社会に対して嘘をつき続けるのか。そこには「儒教の呪い」があるという。著書『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』が話題のケント・ギルバート氏と作家の百田尚樹氏が、韓国の本質を語り合った。   百田:日本より上だというプライドだけあって、実際は自分たちには何もないから、その屈辱感が凄い。それで今、 […]

日本発信の徴用工問題

終らない韓国からの攻撃 文在寅韓国大統領が8月17日の記者会見で、日本統治時代に徴用されて働いた徴用工問題で、個人の賠償請求を認めた韓国裁判所の立場を支持する考えを示した。文氏は「(徴用工問題を解決した政府間の)両国合意は個人の権利を侵害できない。政府はその立場から歴史認識問題に臨んでいる」と語った。 その後、安倍首相との電話会談で国家対国家の請求権処理は終わっているという立場を表明したというが、 […]

カナダで反日活動をする日本人

カナダで反日活動をする日本人その名は乗松聡子 乗松は反日結社ジャパン・フォーカスのメンバーであり、沖縄反基地運動で主に暗躍している。   乗松聡子なるピース・フィロソフィー・センターという怪しげな極左団体に属している。琉球新報の新垣毅という極左編集委員が書いたコラムを取り上げ、「日本の人種差別:東京の大家による『琉球新報』記者への賃貸拒否事件は絶対に許すな」という記事を書いている。大家が […]

移民受け入れのデメリット

企業重視で国民不在の安倍移民政策 今に始まったことではないが、安倍政権は、「守銭奴」であり「売国奴」で「国賊」で、「日本で一番卑しいと言われている竹中平蔵」の言いなりで、移民政策を推し進めている。 しかも、アザといかな技能実習生だと何時もの目くらまし。アベンジャーと呼ばれる国粋ビジネスで飯を食ってる評論家、ジャーナリスト、売れっ子小説家、学者、メディア保有者などは、未だに安倍を持ち上げている。改憲 […]

ゴーン追放はクーデター

日産内で囁かれる「逮捕の深層」 日本を、いや世界を震撼させた「ゴーンショック」はなぜ起こったのか。長年自動車業界を取材し続け、ゴーン氏へのインタビューも何度も行ってきたジャーナリストの井上久男氏の深層レポート。   重大な不正とは 日産自動車のカルロス・ゴーン会長が11月19日、金融商品取引法違反の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。容疑内容は、虚偽の報酬額を有価証券取引書に記載していたこ […]

移民受入問題と日本の危機

「ひとりがたり馬渕睦夫」#10 移民受入問題と日本の危機 〜移民政策はディープステートの世界グローバル化プラン〜       大量の移民受入は百害あって一利なし。 誰の指示・計画による移民政策なのか?誰がそんなグローバル化を望んでいるのか? ディープステートという”グローバル世界実現組織”のイメージが明確になって来た今、私たちは本気で日本を守る力を身につけなければなら […]

1 3