2019年4月

1/3ページ

アメリカ同時多発自作自演テロ事件

マスコミ報道の内容が操作   アルカイーダの犯行声明が登場したことにより、一般的にはアルカイーダの犯行という認識がなされている。しかし、政府が事実を隠していたり、マスコミ報道の内容が操作されているという主張がある。 実際、ディック・チェイニー前副大統領は、911事件とアルカイダの関係性を示す証拠を持っていると公式に発言したが、2009年現在も未だにそれは提示されていない。だが、アルカイダ […]

【討論】昭和とは何だったのか?[桜H31/4/27]

【討論】昭和とは何だったのか?[桜H31/4/27]                     パネリスト:荒木和博(特定失踪者問題調査会代表・拓殖大学海外事情研究所教授)田中英道(東北大学名誉教授)田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員)富岡幸一郎(文芸評論家・関東学院大学教授)西村幸祐(批評家・岐阜女子大学客員教授・関東学院大学講師)林千勝(戦史研究家)藤井聡(京都大学大学院教 […]

多文化共生社会のウソ〜各国ファーストこそ世界共存の道

多文化共生社会のウソ〜各国ファーストこそ世界共存の道         ・令和の時代に生きる、続編です。 ・ 移民はグローバリズムの象徴であり最後の砦 ・物・金・人の移動の自由化、残されているのは「人の移動の自由化」 ・自由貿易の名の下に関税廃止の機運があるが、関税は主権国家の象徴であり無くならない ・自由貿易で得したのは、経済の自由がない中国 ・移民・難民は […]

中国、EU、そしてソロス氏に翻弄されるハンガリー

ジョージ・ソロス氏と拡大する中国共産党       ハンガリー生まれのユダヤ人投資家・ジョージソロス氏を軸に、中国と中東欧・そして世界の動きを見る。 ハンガリーのオルバーン政権と一国並みの資金を動かすジョージ・ソロス氏が真っ向対立しているのはご存知でしょうか。 中国、EU、そしてソロス氏に翻弄されるハンガリー。 そして対立していたはずのトランプ氏とソロス氏の動きは? […]

日本の国家主権

日本に本当の国家主権はあるのか?         パネリスト: 加瀬英明(外交評論家) 小堀桂一郎(東京大学名誉教授) 古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員・麗澤大学特別教授) 西岡力(「救う会」全国協議会会長・モラロジー研究所歴史研究室室長) 浜崎洋介(文芸批評家) 馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使) 室伏謙一(室伏政策研究室代表・政策コンサル […]

令和の時代に生きる方法 〜元々の姿が一番美しい

令和の時代に生きる方法 〜元々の姿が一番美しい             ・新元号「令和」が発表 ・(令の字は楷書体の方が優しい感じがして好きなので少しだけこだわりました / 運営) ・87%の国民が令和を支持 ・反対的な意見を言う人が少なからずいると言うことは健全な民主的社会であるということ ・私は素直に喜ぶ立場の人間で、とてもいい元号だ […]

1 3