2019年9月

1/6ページ

【危ないお金の話】消費税は上げたらアカン 

【危ないお金の話】消費税は上げたらアカン 藤井聡京大教授×荻原博子     荻原博子の危ないお金の話、今回のゲストはきっれきっれの「消費税はアカン」論者の藤井聡教授(京都大学大学院工学研究科 2018年12月末まで内閣官房参与)。 疾走する弁舌をお楽しみください。 「景気のエンジンは消費なのに、消費税は消費に対する罰金」「景気対策の根幹にあるのは減税です。とりわけ消費減税が一番 […]

100年前、日本はアメリカと対等に渡り合っていた

100年前、日本はアメリカと対等に渡り合っていた 【CGS 茂木誠 超日本史 第28回】     今回は「第一次世界大戦と国際連盟体制」というテーマです。 大正時代に入り、第一次世界大戦が勃発します。その最中、アメリカ主導で設立されたのが国際連盟です。 いかに国際連盟が適当なものであったのか   グーペ   ケロッグ=ブリアン協定 西欧においてできた国際法に […]

日本が韓国に支払った死に金

日本が韓国に支払った死に金 日韓基本条約後の経済協力金だけではなかった。韓国にタカラレた莫大な死に金、そそれは我々の血税だということを忘れてはならない。 日本政府は戦後、韓国にタカラレ続け、今もなお、タカラレ続けている。日本の政府、メディアの中にはそれらの、おこぼれ(マージン)を手にしている輩が多く存在することは想像がつくでしょう。あの政治家、テレビに出ているコメンテーター、司会者、出版社、○○活 […]

大丈夫か?消費税増税後の日本経済・世界経済

大丈夫か?消費税増税後の日本経済・世界経済 財務官僚は御用新聞や与党幹部を説き付け、安倍首相の盟友で副総理でもある麻生氏を通じて、事実上、増税を国際公約させた。G20では米中貿易戦争や中国経済の失速を受けた世界経済の先行き不安にどう対応するかが焦点になったというのに、議長国日本がデフレと内需停滞を招き入れる消費税増税を誇示した。       ゲスト:産経新聞東京本社  […]

リフレ派政策の終焉

  それどころか、原田氏に至ってはしつこいほどに 「反・公共事業」のキャンペーンを続けました。 公共事業を削れば、需要が減ります。 総需要不足というデフレーションは解決することができませんが、 彼らの主張では「デフレは貨幣現象」なのです。 政府が緊縮財政を推進しようが、お金を発行すれば デフレ脱却できるという「誤解」を政治家に与え、 財務省の緊縮財政にお墨付きを与えてしまったのです。 結 […]

台湾を巡る国際情勢

台湾を巡る国際情勢     【Front Japan 桜】トーマス・クック破綻から見る世界 / 台湾を巡る国際情勢[桜R1/9/24]   キャスター:福島香織・渡邉哲也 ■ ニュースPick Up ■ トーマス・クック破綻から見る世界 ■ 台湾を巡る国際情勢   ホームページ作成サービス「グーペ」

【討論】韓国が消える

【討論】韓国が消える!?[桜R1/9/21]     パネリスト 潮匡人(評論家) 古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員・麗澤大学特別教授) 篠原常一郎(ジャーナリスト・元日本共産党国会議員秘書) 西岡力(「救う会」全国協議会会長・モラロジー研究所歴史研究室室長) 室谷克実(評論家) 矢野義昭(元陸上自衛隊小平学校副校長 ・陸将補) 司会:水島総 ポッチャリが気になったら […]

いまや足かせ? しんぶん赤旗

いまや足かせ? しんぶん赤旗 かつて日本共産党の強固な組織基盤を象徴した「赤旗」。21世紀に入り止まらぬ読者減に経営的に採算割れ目前。紙メディアの衰退に抗しても「赤旗」と共産党は消え行くしかないのか?     文在寅チュチェ派政権、竹島、尖閣、北方領土    

1 6