「コミンテルン」の検索結果 10件

コミンテルンの「人類総奴隷化計画」

コミンテルンとは人類を総奴隷化し、支配しようとする世界的組織である。 ロスチャイルドの世界革命行動計画 初代ロスチャイルド マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド(1744年 ドイツ・フランクフルトのゲットー生まれ)が30歳のとき、フランクフル トに12人の実力者を集めて秘密会議を開いたと言われている。ここで、全世界のマンパワーと資源を独占的に支配するための計画が話し合われ、25項目から なる「世界 […]

ソ連とロシアの違い

「ひとりがたり馬渕睦夫」VOL 16 ロシアを正しく知る②   「プーチン大統領とロシアの誤解を解く」そのことで国際社会を正常に見ることができるから、と馬渕大使は仰います。大使は外交官時代にロシアに赴任した経歴もございますが、決してロシア贔屓だったり、ロシアのエージェントだったりするわけではなく「外交に私的な感情は入れてはならない」という意図の発言なのです。 「ソ連・ロシアはどこか信用で […]

ロシア革命|100年後の真実

国民を大虐殺したロシア革命         夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?     ロシア革命とは、1917年にロシア帝国で起きた2度の革命のことを指す名称である。 特に史上初の社会主義国家樹立につながったことに重点を置く場合には、十月革命のことを意味している。 また逆に、広義には1905年のロシア第一革命も含めた長期の諸革命 […]

ヴェノナ文書で明らかになる真実

アメリカ政府内に多数のソ連のスパイが潜入   第二次世界大戦前後の時期に、アメリカ政府内に多数のソ連のスパイが潜入したことを暴いた「ヴェノナ文書」の公開以降、同国内では「ルーズヴェルト政権はソ連や中国共産党と通じていたのではないか」という古くからの疑念が、確信へと変わりつつある。当然、当時をめぐる歴史観の見直しも進んでいる。しかも、そのピッチは近年、急加速していると言っていい。  ヴェノ […]

日本人は毛沢東が書き換えたウソの歴史に騙されてきた

特別番組「日本人は毛沢東が書き換えたウソの歴史に騙されてきた       即日振込ネットキャッシング     教科書で習った中国史は、 現代中国に都合のいいように書き換えられたものだった! 日清・日露戦争の意義、満洲建国の実相、孫文や毛沢東の実像について、 日本人は驚くほど誤解している。 それというのも、毛沢東が、中国共産党の歴史的正統性を証明する […]

狂人ルーズベルト

フーバーも認める「日本の戦争は自衛戦争」 過ちは「ソ連共産主義を助けた事」。 「アメリカの歴史の全史を通じてもっとも政治の大道が失われたのが、ヒトラーがロシアを一九四一年に攻撃したときに、共産ロシアを支援して、アメリカとロシアが非公然の同盟関係になったことである」と言う。 結果「第二次大戦唯一の勝者がソ連とスターリン」になってしまった。 第八の誤りは「一九四一年七月の日本への経済制裁」だ。「一九四 […]

中央対外連絡部

中央対外連絡部   中国の対日工作機関は網の目のように広がり、日本の中枢に浸透している。最も知られる情報機関は、国務院(中国政府)に所属する「国家安全部」。詳しくは後述するが、ここから様々な組織に「工作員」が潜り込んでいる。 . 中国共産党直属の「中央対外連絡部」は党の外交を推進する機関だが、実質的には対外工作機関として、日本の政治家とのパイプ作りなどに勤しむ。日本国内における中国の工作 […]

フーバー回顧録

ハーバート・フーバー (1874~1964)、大統領在任1929~1933年。 マルクス以来の国際共産主義運動を回顧する。   本書は、第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバー(任期1929~33)が第二次世界大戦の過程を詳細に検証した回顧録です。第二次世界大戦とは何だったのか――。従来の見方とは真っ向から対立する歴史観をもつ本書は長い間、公にされませんでしたが、2011年に米国フーバ […]

フランクフルト学派とは何だ

フランクフルト学派   フランクフルト学派とは,1923年にフランクフルトに設立された社会研究所(Institute für Sozialforschung)に集まった研究者たちを指して言う。 社会研究所は 第一次世界大戦とロシア革命の後,ドイツでは,マルクス主義への関心は非常に高まった。ユダヤ人の大実業家の息子であるフェリクス・ワイル(Felix Weil, 1898-1975) はま […]