「レーニン」の検索結果 10件

主体思想と部落解放同盟とアイヌ利権

チュチェ思想(主体思想)研究会 >部落解放同盟>アイヌ チュチェ思想は、北朝鮮を建国した金日成が考えて唱えた思想と言われている。 マルクス・レーニン主義を独自に解釈し発展させて新たに生まれた思想です。そしてチュチェ思想は「不滅の思想」、「絶対的真理」であり、「人類思想の頂点を極めたイデオロギー」であるとされ、チュチェ思想によって、「真の社会主義」、「地上の楽園」、「人類共通の価値ある社会」、「金日 […]

ソ連とロシアの違い

「ひとりがたり馬渕睦夫」VOL 16 ロシアを正しく知る②   「プーチン大統領とロシアの誤解を解く」そのことで国際社会を正常に見ることができるから、と馬渕大使は仰います。大使は外交官時代にロシアに赴任した経歴もございますが、決してロシア贔屓だったり、ロシアのエージェントだったりするわけではなく「外交に私的な感情は入れてはならない」という意図の発言なのです。 「ソ連・ロシアはどこか信用で […]

ベネゼーラへのCIAの工作

ベネゼーラへのCIAの工作   「2期目」強行突入ベネズエラ「マドゥロ大統領」に立ちはだかる「国際包囲網」 1月10日、世界が注視する中で、ベネズエラのニコラス・マドゥロ政権が新たに2期目(任期2025年まで)に突入した。昨年5月、野党の統一候補者を排除して、前倒しで大統領選を強行し、再選。その結果を認めない国際社会に反発が広がる中、政権の国際孤立を際立たせる形での続投となった。 集まっ […]

ロシア革命|100年後の真実

国民を大虐殺したロシア革命         夫婦でゆったり《温泉》1泊2食500円!?     ロシア革命とは、1917年にロシア帝国で起きた2度の革命のことを指す名称である。 特に史上初の社会主義国家樹立につながったことに重点を置く場合には、十月革命のことを意味している。 また逆に、広義には1905年のロシア第一革命も含めた長期の諸革命 […]

第一次世界大戦で世界秩序が変わった

 第一次世界大戦・100年の悲劇はここから始まった     第一次世界大戦は、今も世界を覆う不幸の種子をばらまいた。毒ガスを初めて開発した天才科学者・フリッツ・ハーバー博士の悲劇。ロシア革命を成し遂げたレーニンは、恐怖政治の創始者でもあった。砂漠の英雄・アラビアのロレンスの裏切りが今に至る中東紛争のきっかけと言われる。私たちの生きている世界自体が、第一次世界大戦の産物なのである […]

清朝最後の皇帝溥儀

清朝最後の皇帝溥儀   日本の明治維新による近代政府国家の誕生シナリオを参考にした革命を志した民主的共和主義者の革命家孫中山(孫文 1866-1925)が1905年に華興会.華中会.上海ヤクザの青幇.紅幇他、日本帝国のヤクザの代表玄洋社や、清帝国を見限った革新派で武力軍閥を持つ高臣、袁世凱、張作霖などが的組織が結集し中華同盟会を立てたのが国民党の起源であるとされる。   【2月 […]

日本人が知らないデジタル監視社会の実態

ビッグデータが国民を見張る 2018年4月に、乗り換えのためビエンチャンから北京空港に着いたときに驚かされた。トランジットだけの旅行者にも顔面カメラを当てて、デジタルで記録している。 2018年中に顔認証カメラは5700万台が出荷される予測だが、このうちの60%が中国に需要がある。中国製にはAIが搭載され、おびただしい顔のなかから本人かどうかを瞬時に探り出す技術が採用され、無人コンビニでの盗難も交 […]

コミンテルンの「人類総奴隷化計画」

コミンテルンとは人類を総奴隷化し、支配しようとする世界的組織である。 ロスチャイルドの世界革命行動計画 初代ロスチャイルド マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド(1744年 ドイツ・フランクフルトのゲットー生まれ)が30歳のとき、フランクフル トに12人の実力者を集めて秘密会議を開いたと言われている。ここで、全世界のマンパワーと資源を独占的に支配するための計画が話し合われ、25項目から なる「世界 […]

アシュケナジムが仕掛けたロシア革命

最初のソ連政府メンバーの80~85%はユダヤ人だった」プーチン         英紙「モーニング・ポスト」の発表したソ連の高級委員 ソ連政府の各委員会の構成 ソ連政府の委員会 総数 ユダヤ人  %  人民委員会  23  17 77.2  軍事委員会  43  33  76.7  外務委員会  16  13 81.2  財務委員会  30  24  80.0 […]

フランクフルト学派とは何だ

フランクフルト学派   フランクフルト学派とは,1923年にフランクフルトに設立された社会研究所(Institute für Sozialforschung)に集まった研究者たちを指して言う。 社会研究所は 第一次世界大戦とロシア革命の後,ドイツでは,マルクス主義への関心は非常に高まった。ユダヤ人の大実業家の息子であるフェリクス・ワイル(Felix Weil, 1898-1975) はま […]