「北朝鮮」の検索結果 82件

1/9ページ

どこへ行く南北朝鮮

【討論】どこへ行く南北朝鮮     パネリスト: 荒木和博(特定失踪者問題調査会代表・拓殖大学海外事情研究所教授) 加藤健(アジア調査機構代表) 西岡力(「救う会」全国協議会会長・モラロジー研究所歴史研究室室長) 西村幸祐(批評家・岐阜女子大学客員教授・関東学院大学講師) 増元照明(「拉致被害者家族会」前事務局長) 室谷克実(評論家) 坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防 […]

日本のミサイル防衛網では北朝鮮の新型ミサイルに対応できない

日本のミサイル防衛網では北朝鮮の新型ミサイルに対応できない   いわんかな27-1 織田邦男・堤堯・馬渕睦夫・高山正之・日下公人・志方俊之・福島香   秋田や萩などに配備予定の話もあるイージス・アショアや、THAAD、PAC-3など、日本のミサイル迎撃システムには何種類かがありますが、そのどれもが役に立たない可能性が出てきたという。 北朝鮮が今年発射を繰り返している新たなミサイ […]

売国奴金丸元副総裁の次男団長の訪朝団、北朝鮮入り

国賊、金丸元副総裁の次男団長の訪朝団、北朝鮮入り 【北京、平壌=共同】日朝関係改善に取り組んだ故金丸信・元自民党副総裁の次男、信吾氏(74)を代表とする訪朝団約60人が14日、北京から空路、北朝鮮・平壌に到着した。19日まで滞在。金丸信氏生誕105年となる17日には祝賀会を予定しており、朝鮮労働党や外務省の高官と面会する可能性もある。 信吾氏は、北京国際空港で記者団に対し「日朝の懸案事項は多くある […]

なぜ、韓国・北朝鮮は歴史捏造を繰り返すのか

なぜ、韓国・北朝鮮は歴史捏造を繰り返すのか?   【CGS 韓国・朝鮮史 宇山卓栄 第1話】             日韓議員連盟はいったい何をやっているのか     今、日本の国益という観点から見て、韓国内の保守派との連携は欠かせない。つまり、文在寅政権に虐げられている最大野党・自由韓国党をはじめとする保守派との連携だ。反文在寅を掲げる彼らに頑張ってもらって、文政権を追い詰め […]

南北朝鮮統一で日本に流入する野蛮人の群れ

統一朝鮮が平和を愛する国となればいいが、事実はその反対に動くだろう。   「非核化」を宣言したものの、北朝鮮は事実上の「核保有国」。同国は2006年の非核化合意を反故にして核・ミサイル開発を続けるなど、さまざまな”前科”がある。今後も開発を続けると考える方が、冷静な見方と言える。「近年韓国では、一国二制度を表す『連合国家』という言葉が好んで使われてるが、朝鮮民族は […]

米国に貢ぎ続ける安倍政権

米軍基地、本当に必要なのか? アショア導入によってアメリカ政府の歓心を買うために官邸、特に和泉補佐官の独断専行であるといわれている。しかも地元に説明せず、海自の導入しているレイセオンのものではなく、全く別のロッキード・マーティンのレーダーの採用決め手の導入を官邸で決めてしまった。当時の小野寺防衛大臣は知らせを聞いて臣室で怒号をあげたというから、防衛省は蚊帳の外だった。 当然ながら首相補佐官にそんな […]

日本の国債金利・インフレ率の謎を解く 

日本の国債金利・インフレ率の謎を解く  キャスター:三橋貴明・saya ■ ニュースPick Up ■ 日本の国債金利・インフレ率の謎を解く ■ 北朝鮮、韓国との通信断つ~拉致問題解決は?   日本では日銀が国債を買い入れることで、金利を低く抑えているのではないか。MMTの提唱者であるニューヨーク州立大のケルトン教授は、日本は膨大な債務を抱えながら低金利でインフレが起きていないことから「 […]

新型ウイルスパンデミックの可能性は

新型ウイルスと中東問題、パンデミックの可能性は 「中国発コロナウイルスが拡散しています。北朝鮮でさえ中国人の入国を禁止しており、春節期間だけでも一時的に(中国人の)入国禁止を要請します」 1月23日、大統領府の掲示板に掲載されたこの請願には、31日までに60万人を超える韓国国民が賛同した。大統領府側はまだ回答を出していないが、主務省庁である保健福祉部の朴淩厚(パク・ヌンフ)長官は29日、「特定の国 […]

韓国輸出制限問題の真実

韓国輸出制限問題の真実   <主な内容> ・韓国への輸出管理の運用見直しについて ・日本政府が韓国政府に対して信用を失ったとされる2つの理由 ・衝撃!5月17日韓国 朝鮮日報のl記事より ・どうする今後の日韓関係!? ・日本側の問題点 ・第1段階 反日日本人やマスコミの嘘 ・第2段階 中韓が歴史認識を外交に利用する ・第3段階 日本政府の謝罪と譲歩 ・第4段階 日本の謝罪事実を国際社会へ […]

地球温暖化問題を煽動した謎の人物

地球温暖化問題を煽動した謎の人物   地球温暖化問題は環境ビジネスであり、二酸化炭素(CO2)削減はインチキなのではないか?と感づいている視聴者の方々も多いように思えます。渡辺惣樹氏が議題に挙げた謎の人物「モーリス・ストロング」氏を読み解けば、アル・ゴア元副大統領も、グレタ・トゥーンべリのお嬢さんも、グリーンピースも、何を考えて動いている(動かされている)かがよくわかって参ります! CO […]

1 9