「北朝鮮」の検索結果 60件

1/6ページ

なぜ、韓国・北朝鮮は歴史捏造を繰り返すのか

なぜ、韓国・北朝鮮は歴史捏造を繰り返すのか?   【CGS 韓国・朝鮮史 宇山卓栄 第1話】   日韓議員連盟はいったい何をやっているのか 今、日本の国益という観点から見て、韓国内の保守派との連携は欠かせない。つまり、文在寅政権に虐げられている最大野党・自由韓国党をはじめとする保守派との連携だ。反文在寅を掲げる彼らに頑張ってもらって、文政権を追い詰める、このことは日本の国益にか […]

南北朝鮮統一で日本に流入する野蛮人の群れ

統一朝鮮が平和を愛する国となればいいが、事実はその反対に動くだろう。   「非核化」を宣言したものの、北朝鮮は事実上の「核保有国」。同国は2006年の非核化合意を反故にして核・ミサイル開発を続けるなど、さまざまな”前科”がある。今後も開発を続けると考える方が、冷静な見方と言える。「近年韓国では、一国二制度を表す『連合国家』という言葉が好んで使われてるが、朝鮮民族は […]

朝鮮戦争に見る近代史の真実

「ひとりがたり馬渕睦夫」#17 朝鮮半島問題とは何か?① 朝鮮戦争に見る近代史の真実   近くて遠く、理解が及ばない国、朝鮮(北朝鮮&韓国)。米朝会談はなぜうまくいかなかったのか?朝鮮半島が抱える諸問題は、まず第一に朝鮮戦争を紐解かなければ、その本質は見えてこない。 ディープステートが動かしてきた、戦争と革命の近代史を、戦後の朝鮮半島を舞台に考察します。     &n […]

令和時代の日本の政治

いわんかな#23-1【令和時代の日本の政治!どうなる安倍政権】阿比留瑠比・堤堯・馬渕睦夫・高山正之・日下公人・志方俊之・塩見和子           <ゲスト・プロフィール> 阿比留瑠比(あびる るい) 産経新聞 論説委員兼政治部編集委員 1966年生まれ 福岡県出身 首相官邸キャップ・外務省兼遊軍担当などを歴任 『だから安倍晋三政権は強い』(産経 […]

韓国滅亡

【討論】韓国は滅びるのか?[桜H31/3/23]     ◆韓国は滅びるのか? パネリスト: 黄文雄(作家・評論家) 高永喆(拓殖大学主任研究員・元韓国国防省北朝鮮分析官) 石平(評論家) 髙山正之(コラムニスト) 西村幸祐(批評家・岐阜女子大学客員教授・関東学院大学講師) 三浦小太郎(評論家) 宮崎正弘(作家・評論家) 室谷克実(評論家) 司会:水島総   &nbs […]

大阪都構想に通底する新自由主義

大阪都構想に通底する新自由主義   今回は西田昌司参議院議員より、共に迷走しているブレグジットと大阪都構想の共通点についてお話しいただきます。       西部邁「橋下徹とこの時代、私はこう考える」   「民主主義の哀れな結末」 ま ず、民主主義というものを奉じる人々、いわんや平成に始まった構造改革運動を信じてきた人々は、橋下市長の誕生を見て拍手喝 […]

いわんかな#21  第2回米朝会談後の世界

いわんかな#21-1 第2回米朝会談後の世界・前編       <第2回米朝会談を終えて> ・北朝鮮問題専門家たちの予測が大きく外れた理由 ・北朝鮮とは事前の事務方の調整は無意味。結局会談でトップが決める。 ・ボルトン(核廃棄強硬派)が来るとは思っていなかった北朝鮮 ・北朝鮮との交渉は、途中で席を立たなければ上手くいかない(今回は追いかけてこなかったが) ・北朝鮮と交 […]

米朝首脳会談の余波と“その先”の日韓関係

米朝首脳会談の余波と“その先”の日韓関係     合意に至らなかった2回目の米朝首脳会談から1週間…広がる“余波”を徹底検証。戦後最悪と言われ日韓関係に与える影響は? 一方、北朝鮮では永久的に廃棄したはずのミサイル発射施設で復旧の動きが。さらに、金正男氏の息子を支援する団体が「臨時政府」発足を発表。 日々情勢の変わる朝鮮半島情勢。日本はどう対応するべきか?   オプシ […]

文政権だけではない韓国人全体が反日なのだ

韓国文政権だけではない韓国人全体が反日なのだ   キャスター:三輪和雄・佐波優子・西村幸祐 ■ 甘えるな!韓国文政権       やはりと言うしかないが、韓国が日本にまた奇妙なことを言い始めている。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を日韓両政府が確認した2015年12月の合意に対する韓国政府の「新たな方針」だ。合意の事実は否定せず、日本に日韓合意の再交 […]

古森義久~トランプの現在と米朝会談

古森義久~トランプの現在と米朝会談     北朝鮮、朝鮮民主主義人民共和国という現在の国家の今後のあり方に、たとえば、核を捨てた北朝鮮というのは北朝鮮ではない。我々が知っている北朝鮮でないわけ。南に対してもあれだけの融和姿勢をとる、アメリカに対してももう敵ではないと、アメリカを敵として、韓国を敵として、戦うぞと言ってきたことのうえに成り立ってきた体制。しかも、抑圧・弾圧、それを […]

1 6