「反日」の検索結果 47件

1/5ページ

文政権だけではない韓国人全体が反日なのだ

韓国文政権だけではない韓国人全体が反日なのだ   キャスター:三輪和雄・佐波優子・西村幸祐 ■ 甘えるな!韓国文政権       やはりと言うしかないが、韓国が日本にまた奇妙なことを言い始めている。慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を日韓両政府が確認した2015年12月の合意に対する韓国政府の「新たな方針」だ。合意の事実は否定せず、日本に日韓合意の再交 […]

韓国国会で反日法

韓日関係が復元力を失った   文在寅(ムン・ジェイン)政権が発足して1年8ヵ月、韓日関係が復元力を失ったまま、破局へ向かって疾走している。  文政権と安倍政権は昨年の秋から、ことあるごとに衝突して来た。まず、昨年10月10日から14日まで韓国の済州島で開かれた国際観艦式で、韓国当局が自衛隊の旭日旗の掲揚を認めないことを明らかにしたことで、自衛隊が出席をボイコットする事態が起こった。 これ […]

反日で儲ける高木健一 という弁護士

反日で儲ける高木健一 という弁護士は地獄へ堕ちろ   反日は相当儲かるらしい   売国弁護士高 木健一の悪事の初めと思われるのは、どうやら、第 201回の「日 本に巣食う売国弁護士」で出たきた、サハリンの残留朝鮮人の帰国問題のようです。これで、社会党と組んで国から金を引き出す旨味を知って、慰安婦問題へと繋がった。   慰安婦問題の主役は、高木健一・福島みずほなどの弁護 […]

なぜ韓国は反日なのか

「異様な反日」韓国の強迫観念 古森義久 ワシントンのアジア政策関係者たちがいま注視するこの論文は「なぜ韓国はここまで日本に妄念を抱くのか」とのタイトルで、東アジアの政治や歴史を専門とするロバート・ケリー氏により書かれた。「ディプロマット」というアジア外交問題雑誌に今月載り、米国側専門家のネット論壇でもすぐに紹介されて、一気に熱い反響を生んだ。 米国オハイオ州立大学で政治学の博士号を得たケリー氏は現 […]

反日日本人が誕生したルーツを完全暴露!

【武田邦彦】反日日本人が絶対にバラされたくない衝撃の事実を遂に暴露!       即日振込ネットキャッシング   反日日本人が誕生したルーツを完全暴露!     即日振込ネットキャッシング     【武田邦彦 歴史】真実の日本の歴史 昭和時代 戦いへ突き進む日本 先進国へ NHKが正しく伝えない日本近代史【歴史講座】 […]

オールドメディア・反日の現在

【討論】オールドメディア・反日の現在[桜H30/12/29]   ◆オールドメディア・反日の現在 パネリスト: 石井孝明(ジャーナリスト) 小野寺まさる(チャンネル北海道キャスター・前北海道議会議員) 掛谷英紀(筑波大学システム情報系准教授) 我那覇真子(琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会代表運営委員 / 日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター) 西村幸祐(批評家・岐阜女子大学客 […]

カナダで反日活動をする日本人

カナダで反日活動をする日本人その名は乗松聡子 乗松は反日結社ジャパン・フォーカスのメンバーであり、沖縄反基地運動で主に暗躍している。   乗松聡子なるピース・フィロソフィー・センターという怪しげな極左団体に属している。琉球新報の新垣毅という極左編集委員が書いたコラムを取り上げ、「日本の人種差別:東京の大家による『琉球新報』記者への賃貸拒否事件は絶対に許すな」という記事を書いている。大家が […]

国連の反日工作

国連の本当の姿   ※ ジュネーブで行われた国連人種差別撤廃委員会の取材映像も初公開! パネリスト: 小野寺まさる(前北海道議会議員・チャンネル北海道キャスター) 加瀬英明(外交評論家) 我那覇真子(琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会代表運営委員 / 日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター) 高橋史朗(麗澤大学特任教授) 細谷清(歴史の真実を求める世界連合会 理事) 馬渕睦夫(元 […]

反日の起源エドガートン・ハーバート・ノーマンの

E・ハーバート・ノーマン略歴 歴史家・外交官、E・ハーバート・ノーマンは、1909年9月1日、カナダ人宣教師の第3子として長野県の軽井沢で誕生。トロント大学、ケンブリッジ大学、コロンビア大学、ハーバード大学で学び、1939年カナダ外務省に入省。 第二次大戦後、米国の要請によりカナダ外務省からGHQ (連合国軍総司令部) に出向し、占領下の日本の民主化・改革に携わった。1946年8月、駐日カナダ代表 […]

日本人は知っておくべき韓国人の正体!!反日感情をズバっと紐解く

朴槿恵大統領をはじめ韓国の国家ぐるみの「反日アピール」が止まらない。慰安婦問題では、「旧日本軍が20万人の少女を強制連行して性奴隷にした」という史実と異なる嘘の主張を続け、謝罪と賠償を求めている。さらに特筆すべきは、韓国政府がベトナム戦争(1960~1975年)に参戦した韓国軍や現地に渡った民間韓国人の所業を歴史から消し去ろうとしていることだ。 ベトナムでは戦時中から韓国への憎悪が燃え盛っていた。 […]

1 5