「史実」の検索結果 19件

1/2ページ

在日韓国・朝鮮人がのさばり出した

在日韓国・朝鮮人、人口分布 順位 都道府県 在住者数 偏差値  総 数 人口100人 あたり 1 大阪府 113,408人 1.28人 90.64 2 京都府 27,981人 1.07人 82.36 3 兵庫県 46,086人 0.83人 72.94 4 東京都 96,099人 0.72人 68.47 5 愛知県 34,744人 0.47人 58.61 6 山口県 6,558人 0.47人 58.60 7 滋賀県 4,935人 0.35人 54.00 8 福岡県 17,098人 0.34人 53.51 9 福井県 2,647人 0.34人 53.47 10 神奈川県 29,855人 0.33人 53.21 11 広島県 9,155人 0.32人 53.01 12 岡山県 5,592人 0.29人 51.73 13 奈良県 3,922人 0.29人 51.51 14 三重県 5,074人 0.28人 51.24 15 千葉県 16,252人 0.26人 50.62 16 和歌山県 2,419人 0.25人 50.11 17 山梨県 1,990人 0.24人 49.62 18 埼玉県 17 […]

歴代天皇90 亀山天皇

後嵯峨天皇の第七皇子。母は西園寺実氏女、中宮・西園寺姞子(大宮院)。后腹では後深草天皇に次ぐ次男。大覚寺統の祖。父母から鍾愛され、兄の後深草天皇を差し置いて治天の君となり、やがて亀山系の大覚寺統と後深草系の持明院統との対立が生じる端緒となった。 正嘉2年(1258年)8月、惨烈を極めた正嘉の飢饉の最中、10歳で立太子、翌正元元年(1259年)兄の後深草天皇の譲りを受けて践祚。即位には父の後嵯峨上皇や、母后の大宮院の意向があったとされる。 文永2年(1265年)には、元のクビライからの国書が高麗を介して伝えられ、鎌倉から送達される。幕府は元に備えると共に、朝廷は神社に異国降伏の祈願を行う。 院政中には2回の元の対日侵攻(元寇)が起こり、自ら伊勢神宮と熊野三山で祈願するなど積極的な活動を行った(当時の治天であった亀山上皇か、天皇位にあった後宇多天皇の父子いずれかが「身を以って国難に代える祈願」を伊勢神宮に奉ったことは史実だが、父子のどちらにその祈願を帰すべきかは、大正年間に学者の間で大論争を呼んでいまだ決着のつかない問題である)。 文永11年(1274年)、蒙古襲来により炎上した筥崎宮社殿 […]

フーバー回顧録

ハーバート・フーバー (1874~1964)、大統領在任1929~1933年。 マルクス以来の国際共産主義運動を回顧する。   本書は、第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバー(任期1929~33)が第二次世界大戦の過程を詳細に検証した回顧録です。第二次世界大戦とは何だったのか――。従来の見方とは真っ向から対立する歴史観をもつ本書は長い間、公にされませんでしたが、2011年に米国フーバー研究所から刊行され話題を呼んでいます。さまざまな情報にアクセスできたアメリカの政治指導者が、20年の歳月をかけて完成させた第一級の史料です。 《本書では1941年以前の対日関係を詳しく記すことを目的としていない。しかし、我が国が戦争に突入することになった直接の原因に日本がなっている以上、真珠湾攻撃に至るまでの経緯を書かないわけにはいかない。アメリカ政府は(対日交渉の経緯を)国民に隠していた。そしてその後の教育でも、何があったかの歴史の真実を教えていない。だからこそ、対日交渉の経緯はしっかりと書いておかなくてはならない。》 《ナチス理解に役立ったのは、ヒトラーの右腕である元帥ヘルマン・ゲーリン […]

歴代天皇15 応神天皇

「応神天皇(おうじんてんのう、仲哀天皇9年12月14日 – 応神天皇41年2月15日)は、第15代天皇(在位:応神天皇元年1月1日 – 同41年2月15日)。諱は誉田別尊(ほむたわけのみこと)、誉田別命(ほんだわけのみこと)、大鞆和気命(おおともわけのみこと)。誉田天皇(ほむたのすめらみこと/ほんだのすめらみこと)、胎中天皇(はらのうちにましますすめらみこと)とも称される。 朝鮮半島を攻めたとされている神功皇后が、朝鮮に赴いたとき胎内に宿していたのがこの応神天皇(誉田別尊:ほんだわけのみこと)と言われている。夫である仲哀天皇は、「新羅は金銀の宝庫である。」という神託を信じず崩御してしまうが、その妃である神功皇后によって朝鮮半島の制圧が企てられた。(この話自体が事実ではないとする説もある。)筑紫へ凱旋してきた神功皇后は、俄に産気づき皇子を産み落とす。この皇子が誉田別尊であり、それ故にこの地が産み(宇美)と名付けられたと言う。宇美は現在も福岡県宇美町として残っており、大分県の宇佐神宮は応神天皇を祭神とし、全国に約4万社ある八幡神宮の中心である。 養蚕技術を伝えたとさ […]

歴代天皇11・ 垂仁天皇

垂仁天皇(すいにんてんのう、崇神天皇29年1月1日 – 垂仁天皇99年7月14日) 第11代天皇(在位:垂仁天皇元年1月2日 – 垂仁天皇99年7月14日) 父は崇神(すじん)天皇。母は御間城姫(みまきひめ)。「日本書紀」によると,都は纏向(まきむく)の珠城(たまきの)宮。伊勢(いせ)に斎宮をたて,殉死を禁止して埴輪(はにわ)に代えさせ,農業のために池や溝800余をつくり,田道間守(たじまもり)に不老長寿の非時(ときじく)の香菓(かぐのみ)(橘)をもとめさせたという。垂仁天皇99年7月1日死去。140歳。墓所は菅原伏見東陵(すがわらのふしみのひがしのみささぎ)(奈良市)。別名は活目入彦五十狭茅天皇(いくめいりびこいさちのすめらみこと)。 陵(みささぎ)は、宮内庁により奈良県奈良市尼辻西町にある菅原伏見東陵(すがわらのふしみのひがしのみささぎ)に治定されている。宮内庁上の形式は前方後円。遺跡名は「宝来山古墳」で、墳丘長227メートルの前方後円墳である。 現在の宝来山古墳の濠の中、南東に田道間守の墓とされる小島がある。この位置は、かつての濠の堤上に相当し、濠を貯水の […]

歴代天皇10・崇神天皇

崇神天皇(紀元前148年~紀元前30年) 記紀の皇室系譜では第10代の天皇。開化(かいか)天皇の皇子で、母は伊香色謎命(いかがしこめのみこと)(伊迦賀色許売命(いかがしこめのみこと))。垂仁(すいにん)天皇の父。御間城入彦五十瓊殖(みまきいりひこいにえ)(御真木入彦印恵(みまきいりひこいにえ))天皇、御間城天皇、水間城王などとも言われる。 崇神天皇は、奈良県桜井市の三輪山麗を中心に領土を拡大し、大和政権の基盤を作ったと考えられています。 『古事記』『日本書紀』がともにハツクニシラシシ(御肇国、所知初国)天皇と称していることが注目される。記紀の所伝では、この天皇は磯城(しき)の水垣(みずがき)(瑞籬、奈良県桜井市金屋付近)に宮居したと伝える。疫病が流行したので三輪山(みわやま)の神を祭祀(さいし)し、また四道(記は三道)将軍を派遣したこと、あるいは武埴安彦(たけはにやすひこ)(建波邇安王(たけはにやすひこ))の反乱を鎮定したり、男女の調(みつぎ)(貢物)を定めたりしたことなどが記紀にみえている。紀には、天照大神(あまてらすおおみかみ)と倭大国魂(やまとおおくにたま)神の2神を殿内に祀(ま […]

反日の起源エドガートン・ハーバート・ノーマンの

E・ハーバート・ノーマン略歴 歴史家・外交官、E・ハーバート・ノーマンは、1909年9月1日、カナダ人宣教師の第3子として長野県の軽井沢で誕生。トロント大学、ケンブリッジ大学、コロンビア大学、ハーバード大学で学び、1939年カナダ外務省に入省。 第二次大戦後、米国の要請によりカナダ外務省からGHQ (連合国軍総司令部) に出向し、占領下の日本の民主化・改革に携わった。1946年8月、駐日カナダ代表部首席に就任。1951年9月、サンフランシスコ対日講和会議のカナダ代表首席随員。1953年、駐ニュージーランド高等弁務官に就任。1956年、駐エジプト大使兼レバノン公使に就任。 1956年、スエズ動乱勃発に際し、平和維持と監視のための国連緊急軍導入に功績を残した。しかし、冷戦下の狂信的なマッカーシズムの嵐に巻き込まれ、1957年4月4日、任地カイロで自死を遂げる。   評論家の江崎道朗氏は、ノーマン復権を唱えたダワー教授の理論の下敷きになったのがベトナム反戦運動を展開したニュー・レフト(新左翼)だった。彼らは、ソ連の支援を受けた北ベトナムが勝利し、共産政権ができれば、東南アジアにも共 […]

易姓革命

易姓革命について中国系日本人の石平氏が分かりやすく解説しているので紹介します。 易姓革命とは中国での王朝交替を言う。天帝の意志にが変わることによって王朝が交替すること。 中国では王朝が交替することを易姓革命と言った。易姓は王朝の支配者の姓がかわる(易る)こと、革命は天の神(天帝)の意志(命)がかわる(革る)ことを意味する。 殷(商)の紂王が悪徳の限りを尽くし、民を虐待したため、天の意志で周に交替したのがそのはじめであり、それ以後「革命」は中国では王朝の交替のことを意味していた。現在では revolution の訳語として使われている。なお、易姓革命の形式には禅譲と放伐の二つがあるとされている。春秋末期と戦国時代において、いわゆる「諸子百家」と呼ばれる思想家が輩出した。儒家、道家、墨家などの思想である。しかし紀元前206年から中国を支配した前漢王朝の時代、皇帝の政治権力によって「儒家の思想」だけが国家的イデオロギーに祭り上げられて、いわば「国教」としての儒教となった。それ以降の2千数百年間、「儒教思想」はほとんどの期間を通じて支配的地位を保ち、中国思想の中核となる。   &nb […]

「慰安所で欲望ぎらつかせる韓国兵に恐怖感も」とベトナム人

「慰安所で欲望ぎらつかせる韓国兵に恐怖感も」とベトナム人 ベトナム戦争中、韓国軍が多くの婦女子を強姦・凌辱した事実を本誌は報じてきたが、さらにこのほど発見された米公文書により、ベトナムに「韓国軍慰安所」が存在していたことが判明した。 韓国政府が沈黙を守る中、フォトジャーナリストの村山康文氏と本誌取材班はベトナムに飛び、その隠された史実を探った。 * * * 旧サイゴン市内には韓国軍専用の飲食施設があった。そのひとつが、市の中心部・フーニャン区の「ホンハーホテル」に店を構える「ハンクォック・クラブ(韓国クラブ)」だ。しかし、その実態は「クラブとは名ばかりの韓国軍慰安所のようなもの」(近隣住民)だったという。 付近でヘアサロンを営むゴー・ヴァン・タムさんが語る。 「店では15~20人の若いベトナム人女性が韓国兵の相手をしていました。クラブで女性をピックアップし、上階のホテルに連れ込むシステムです。彼らは子供ができないよう、女性たちにピルを飲ませて行為に及ぶため性病が蔓延していたそうです。性病が元で命を落とした女性もいたと聞いています」 避妊に失敗し女性が身ごもった場合も責任を取らず、韓国兵 […]

創氏改名 強制連行 慰安婦について語っておこう

史実 「強制連行」問題とは、第一義的には、「在日は『強制連行』されてきた者およびその子孫である」という虚構が、現実の政治に利用されてきた問題のことである。つまりそれが特に民族派の在日や日本人左派によって、在日が日本に滞在していることについての正当性の獲得と、「植民地支配」の犠牲者に対する配慮要求として政治利用されてきたという経緯がある。 在日の正しい来歴についてここで簡単に整理しておくと、1945年の終戦の時点で日本国内に居留していた朝鮮人は約200万人であり、そのほとんどは自由意志による渡日、あるいは募集や斡旋などの仕事の都合によるものであった。そのなかで強制性のある「戦時徴用」で来た者は「ごく少数」とされ、それもほとんどが戦後に引き上げ、245人が残留したにすぎないとされている。その後、1959年の時点で日本国内に在留していた在日朝鮮人は61万人となり、その内訳は、戦前戦中に「徴用」以外の理由で来た者、戦後に来た者、そして徴用残留者の245人であった。 業界最安級!月額1,380円~ギガ放題が利用できるWiMAX