「天皇」の検索結果 117件

1/12ページ

「天皇謝罪」要求~一線を踏み越えた韓国

【頑固亭異聞】「天皇謝罪」要求~一線を踏み越えた韓国[桜H31/2/11]       キャスター:三輪和雄・佐波優子・富岡幸一郎 ■ 「天皇謝罪」要求~一線を踏み越えた韓国     ノートン セキュリティ 月額89円/台より     韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長は、日韓間の長年の懸案である従軍慰安婦問題が日本の天皇によ […]

歴代天皇125今上天皇(平成の天皇)

昭和天皇(第124代天皇)の第一皇子。母は香淳皇后。大正天皇の皇孫かつ明治天皇の皇曾孫。 日本国憲法施行後初めて即位した天皇であり、また京都ではなく東京で即位の礼を執り行った初めての天皇である。 1933年(昭和8年)12月23日午前6時39分、宮城(現:皇居)内の産殿にて誕生。昭和天皇・香淳皇后の第5子にして初の皇子(第一皇男子)であった。 BIGLOBEモバイルなら初期費用無料&値引き特典でプ […]

歴代天皇124 昭和天皇

歴代天皇の中で(神話上の天皇を除くと)在位期間が最も長く(約62年)最も長寿(宝算87)である。 大日本帝国憲法が規定する「國ノ元首ニシテ統治權ヲ總攬(第4条)」する立憲君主制における天皇として日本の降伏において連合国に対するポツダム宣言受諾決定などに大きく関与した。1947年(昭和22年)5月3日に施行された日本国憲法では、「日本国の象徴かつ日本国民統合の象徴(第1条)」である天皇(象徴天皇制) […]

歴代天皇 122 明治天皇

父は孝明天皇,母は中山慶子。1860年立太子,孝明天皇の急死により1867年1月践祚(せんそ)。同年12月王政復古が宣せられ,天皇親政の名の下に明治政府が形成された。 孝明天皇の第二皇子。生母は権大納言・中山忠能の娘・中山慶子。嘉永5年9月22日(1852年11月3日)13時頃に京都石薬師・中山邸にて出生。出生8日目の9月29日(11月10日)に父・孝明天皇が祐宮(さちのみや)と命名。中山邸で暮ら […]

歴代天皇 121孝明天皇

仁孝天皇の第4皇子。母は藤原雅子(新待賢門院)。父の死により皇位をつぐ。攘夷(じょうい)鎖国をのぞみ,幕府が勅許をまたずアメリカなどと修好通商条約に調印したため,一時譲位を表明。その後公武合体をうけいれ,妹の和宮を将軍徳川家茂(いえもち)に降嫁させた。慶応2年12月25日死去。36歳。 1831年7月22日(天保2年6月14日)、仁孝天皇の第四皇子として誕生。煕宮(ひろのみや)と命名された。傳役( […]

歴代天皇107 後陽成天皇

誠仁親王の第1王子,母は新上東門院晴子(勧修寺晴右の娘)。初め和仁,慶長3(1598)年12月周仁と改名。天正14(1586)年9月17日立親王。同7月父親王が皇位を継承する前に亡くなっていたため,11月7日正親町天皇の譲位を受けて践祚,同25日即位。 慶長16年3月27日政仁親王へ譲位。 その在位期間は豊臣秀吉による天下統一,徳川家康による江戸幕府創設といった時期であり,また戦国期を辛くも生き延 […]

歴代天皇102 後花園天皇

本来は皇統を継ぐ立場にはなかったが、称光天皇の死後に皇位を継いだ。8親等以上離れた続柄での皇位継承は南北朝合一を除くと53代、658 年ぶりである(称徳天皇→光仁天皇以来)。以後、この天皇の系統が今上天皇をはじめとする現在の皇室に連なっている。 応永26年(1419年)6月18日、貞成親王の第一王子として生まれた。 応永29年(1422年)以降、先代の称光天皇は幾度か危篤状態に陥るなど病弱で皇子が […]

歴代天皇100 後小松天皇

後小松天皇は、北朝の後円融天皇の第一皇子として誕生。16歳の時に南朝の後亀山天皇から神器を受け取って、正式に第100代天皇となりました。 南北朝統一にあたって、足利義満が後亀山天皇にいくつか条件を出していました。そのなかに、「三種の神器の引き渡しは、後亀山から後小松への譲位の儀をもって行う」とありました。これは、神器を持っていた南朝こそ正統な朝廷であることを示していました。 しかし、実際には後亀山 […]

歴代天皇99・後亀山天皇

南北朝時代の南朝方最後の天皇。名は煕成 (ひろなり) 。後村上天皇の皇子。母は嘉喜門院藤原勝子。 弘和3年/永徳3年(1383年)冬に長慶天皇の譲位を受けて践祚。当時の行宮は栄山寺(奈良県五條市)であったらしい。この皇位交替の背後には、室町幕府への姿勢をめぐって強硬派の長慶と和平派の後亀山との間で内部対立があり、最終的に和平派の台頭が契機で後亀山の即位が実現したと考えられている。 在位の9年間はち […]

歴代天皇96後醍醐天皇

南朝の初代天皇(在位:1318年3月29日(文保2年2月26日) – 1339年9月18日(延元4年/暦応2年8月15日))。ただし、以下で記述するとおり、歴史的事実としては在位途中に2度の廃位と譲位を経ている。諱は尊治(たかはる)。鎌倉幕府を倒して建武新政を実施したものの、間もなく足利尊氏の離反に遭ったために大和吉野へ入り、南朝政権(吉野朝廷)を樹立した。 徳治3年(1308年)に持 […]

1 12