「工作」の検索結果 53件

1/6ページ

P4生物兵器研究の隠蔽工作

生物兵器研究の隠蔽工作   Google Earthから消えた武漢研究所の秘密|三橋貴明×河添恵子     中国の独立系メディア「財新」は、中国の研究所が2019年12月末までに謎のウイルスを非常に高い感染力の新たな病原体として確認していたことを明らかにした。ウイルスは、後にCOVID-19として識別された。しかし、研究所は当時、さらなるテストの中止、サンプルの破棄、そして情報 […]

自民党、西田昌司が工作員であることが判明?

規制の急先鋒、西田昌司議員はなぜ逃げるのか 『山岡鉄秀』 2019/09/05 「日本人は平和ボケしている」と日本人自身が自覚するようになったのは、いつごろだっただろうか。ずいぶん時間がたっているような気がする。 通常、「平和ボケ」という言葉は、主に安全保障に関して使われる。集団的自衛権を否定しながら日米安保条約に依存する日本人の態度は平和ボケを通り越して、「超自己中心的」と言われても仕方がない。 […]

日本では親中グローバリストが国民分断工作を進行

【桜無門関】馬渕睦夫×水島総 第5回「トランプとディープステートの利害が一致した中国潰し、日本では親中グローバリストが国民分断工作を進行中」[桜H31/3/28]       戦争で利するのは1%の特権階級。武器商人&多国籍企業&CIAを率いる金融マフィア戦争屋だけです。アメリカが命掛けで守ってくれるなどということはまったくの妄想です。   出演:馬渕睦夫( […]

ベネゼーラへのCIAの工作

ベネゼーラへのCIAの工作   「2期目」強行突入ベネズエラ「マドゥロ大統領」に立ちはだかる「国際包囲網」 1月10日、世界が注視する中で、ベネズエラのニコラス・マドゥロ政権が新たに2期目(任期2025年まで)に突入した。昨年5月、野党の統一候補者を排除して、前倒しで大統領選を強行し、再選。その結果を認めない国際社会に反発が広がる中、政権の国際孤立を際立たせる形での続投となった。 集まっ […]

「日本解放第二期工作要領」について

「日本解放第二期工作要領」について A.基本戦略・任務・手段 A-1.基本戦略 我が党は日本解放の当面の基本戦略は、日本が現在保有している国力の全てを、我が党の支配下に置き、我が党の世界解放戦に奉仕せしめることにある。 A-2.解放工作組の任務 日本の平和解放は、下の3段階を経て達成する。 イ.我が国との国交正常化(第一期工作の目標) 口.民主連合政府の形成(第二期工作の目標) ハ.日本人民民主共 […]

国連の反日工作

国連の本当の姿   ※ ジュネーブで行われた国連人種差別撤廃委員会の取材映像も初公開! パネリスト: 小野寺まさる(前北海道議会議員・チャンネル北海道キャスター) 加瀬英明(外交評論家) 我那覇真子(琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会代表運営委員 / 日本文化チャンネル桜沖縄支局キャスター) 高橋史朗(麗澤大学特任教授) 細谷清(歴史の真実を求める世界連合会 理事) 馬渕睦夫(元 […]

中国共産党「日本解放第二期工作要綱」

日本解放第二期工作要綱 日本解放第二期工作要綱(にほんかいほうだいにきこうさくようこう)とは、中国共産党による対日工作活動が記されているとされる怪文書。日本を赤化し中国の傀儡とすることを目的とした工作作戦要項とされる。 昭和47年(1972年)8月5日付け18458号の國民新聞(国民新聞社)で掲載されたものが初出で、同紙によれば、歴史家の西内雅が1972年7月にアジア諸国を歴訪した際に、毛沢東の指 […]

コロナに喘ぐ米国、8割の国民が「中国に責任あり」

コロナに喘ぐ米国、8割の国民が「中国に責任あり」 新型コロナウイルスの世界最多の感染者を出した米国で、中国政府に損害賠償を請求する動きがさらに広まってきた。最新の世論調査では、米国民の多くがウイルス感染の被害は中国政府の責任だとして損害賠償を求めるべきだと考えている現実が明らかになった。  4月1日の本コラム(「『消防士のふりをする放火犯』中国に米国が怒り心頭」https://jbpress.is […]

コロナ恐慌でも財務省は緊縮財政路線を堅持

アメリカの失業保険申請数が、一週間で600万を越える。   新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)による経済的損害が増大する中、アメリカの失業保険給付の申請件数が、先月中旬からの3週間で合わせて1600万件を超えた。 アメリカでは現在、感染の拡大を防ぐため、ほとんどの企業が閉鎖を余儀なくされている。国民の約95%は何らかのかたちの封鎖状態に置かれている。 米労働省は9日、4月29 […]

1 6