「皇帝」の検索結果 34件

1/4ページ

清朝最後の皇帝溥儀

清朝最後の皇帝溥儀   日本の明治維新による近代政府国家の誕生シナリオを参考にした革命を志した民主的共和主義者の革命家孫中山(孫文 1866-1925)が1905年に華興会.華中会.上海ヤクザの青幇.紅幇他、日本帝国のヤクザの代表玄洋社や、清帝国を見限った革新派で武力軍閥を持つ高臣、袁世凱、張作霖などが的組織が結集し中華同盟会を立てたのが国民党の起源であるとされる。   【2月 […]

エルサレム 和平・若き皇帝の決断

ドキュメンタリー 文明の道「第07集 エルサレム 和平・若き皇帝の決断」     今も和平への出口が見えない聖地エルサレム。この聖地にかつて平和が訪れた時代がありました。十字軍の戦いのさなか、一人の若者が武力に頼らず、エルサレムに10年間の平和をもたらしました。ローマ教皇に破門されながらも、イスラム王朝と平和条約を結んだ、神聖ローマ帝国の皇帝・フリードリッヒ2世です。第7集は激 […]

皇帝たちの中国 第十代同治帝・十一代光緒帝

【2月5日配信】「番外編:皇帝たちの中国 その後の皇帝たち~第十代同治帝・十一代光緒帝」宮脇淳子 田沼隆志【チャンネルくらら】   清朝第10代皇帝(在位1861〜1875)。咸豊帝と西太后の子。その治世は内政・外交の小康期で「同治の中興」と呼ばれる。1873年から親政を開始したが、実権は西太后に握られていた。   清の第11代皇帝である光緒帝(1871年から1908年)は、西 […]

【1月29日配信】「番外編:皇帝たちの中国 その後の皇帝たち「

【1月29日配信】「番外編:皇帝たちの中国 その後の皇帝たち   「毛沢東が書き換えた中国の歴史~第九代咸豊帝」宮脇淳子 田沼隆志【チャンネルくらら】 日清・日露戦争の意義、満洲建国の実相、孫文や毛沢東の実像について、日本人は驚くほど誤解している。それというのも、毛沢東が、中国共産党の歴史的正統性を証明するために、日本から影響をうけたということを、歴史からいっさい抹殺したからである。本書 […]

皇帝たちの中国 第2章 第2回「北魏は漢人の国ではない」

【7月17日配信】皇帝たちの中国 第2章 第2回「北魏は漢人の国ではない」     宮脇淳子 田沼隆志【チャンネルくらら】 北魏は大興安嶺から来た鮮卑族   本来なら野蛮人とすべきが、その血筋の支配が隋・唐と続いてしまった為   便宜上王朝扱いしている 文字が無かった鮮卑族が共通語として漢字を取り入れた結果   “漢人” が入れ替わった   ① 殷(いん)       […]

皇帝たちの中国 第2回「皇帝は中国最大の資本家」

皇帝たちの中国 第2回「皇帝は中国最大の資本家」宮脇淳子 田沼隆志【チャンネルくらら】』     秦(シナ・チャイナ)を創った始皇帝は凄かった! ●初めて皇帝の称号を採用 ●地方に皇帝直轄の郡県を置く ●度量衡、車の軌道、文字を統一 ●公認漢字を定め読み方は一字一音一音節と決める  

捏造だらけの韓国史

捏造だらけの韓国史   3月1日は、日本統治下の朝鮮における独立運動「三・一運動」の100周年にあたる。韓国では、史実とはかけ離れた反日史観が炸裂(さくれつ)し、事実の捏造まで交えながらキャンペーンが行われることが予想される。 そこで、最近、刊行した『捏造だらけの韓国史』(ワニブックス)では、「三・一運動を機に日本の朝鮮統治は安定し、皇民化へ向かって大きく舵が切られた。100周年を機に、 […]

なぜ、ユダヤ人は迫害され、差別され続けてきたのか?

なぜ、ユダヤ人は迫害され、差別され続けてきたのか? その理由として、キリスト教側がユダヤ人を「イエスをメシア(救世主)と認めずに殺した、永遠に呪われた民族」として断罪したことが挙げられよう。 例えば、“キリスト教会史の父”と言われる4世紀のエウセビオスは、ユダヤ人に「主イエスを殺した者たち」「キリスト殺しども」というレッテルを貼り、悪しきイメージ作りに狂奔した。また、同世紀のアウグスティヌスもユダ […]

文化大革命特集

中国 文化大革命とは 1965年(昭和40年)11月10日、姚文元は上海の新聞「文匯報」に「新編歴史劇『海瑞罷官』を評す」を発表した。毛沢東はこれを機に、大躍進政策の失政を理由に、自分を最高権力者の座から実質的に追放した劉少奇、鄧小平、彭真ら実権派、すなわち、当時の中国政府の最高指導者たちに対する攻撃を始めた。毛沢東の最高権力奪還闘争の開始である。 1966年5月16日、実権派攻撃は成功し毛沢東は […]

韓日併合をお願いします。

韓日合邦を要求する声明書   1904年、李容九・宋秉畯・尹始炳が中心となって一進会が設立された。 会長は当初は尹始炳であったが、すぐに李容九に代わった。一進会はアジア主義と大東合邦論を掲げ、アジアが団結して欧米帝国主義の侵略を阻止すべきであると主張。さらに李容九は、日本と大韓帝国の軍事同盟が、ロシアに対抗し、大韓帝国の富国強兵を図る方法であると主張した。1906年、李容九は「韓日合邦」 […]

1 4