「陰謀」の検索結果 19件

1/2ページ

利権トライアングル

利権トライアングル   政府の国家戦略特区ワーキンググループ(WG)座長代理を務める原英史氏が考案した「新・利権トライアングル」という図式がある。これは、首相官邸サイドや国家戦略特区の仕組みやWG委員を攻撃するための既得権側の批判を図式で表したものである。    新・利権トライアングルは「業界ないし役所」「マスコミ」「野党」から成るという。ただ、官邸や国家戦略特区を直接攻撃するのは「業界 […]

文在寅の目的は敗戦革命か!韓国大混乱

文在寅の目的は敗戦革命か!韓国大混乱     ・左派が強くなる時、保守層は眠る・収録後の10月14日 曺国(チョグク)法相が電撃的に辞任を発表文政権の支持率が過去最低(41.4%)になったことにも起因する知名度を上げた曺氏は 2020年4月の総選挙に出馬する噂も・山崎拓(元自民党副総裁・日朝国交正常化推進議員連盟・元会長)氏のコラム「韓国を敵にする愚かしさ」(月刊日本)を徹底批 […]

アメリカ同時多発自作自演テロ事件

マスコミ報道の内容が操作 アルカイーダの犯行声明が登場したことにより、一般的にはアルカイーダの犯行という認識がなされている。しかし、政府が事実を隠していたり、マスコミ報道の内容が操作されているという主張がある。 実際、ディック・チェイニー前副大統領は、911事件とアルカイダの関係性を示す証拠を持っていると公式に発言したが、2009年現在も未だにそれは提示されていない。だが、アルカイダとの戦いが続い […]

ソ連とロシアの違い

「ひとりがたり馬渕睦夫」VOL 16 ロシアを正しく知る②   「プーチン大統領とロシアの誤解を解く」そのことで国際社会を正常に見ることができるから、と馬渕大使は仰います。大使は外交官時代にロシアに赴任した経歴もございますが、決してロシア贔屓だったり、ロシアのエージェントだったりするわけではなく「外交に私的な感情は入れてはならない」という意図の発言なのです。 「ソ連・ロシアはどこか信用で […]

朴栄喆「五十年の回顧」

朴栄喆(ぼくえいきつ) 「五十年の回顧」より 朴栄喆は、併合前の明治35年に日本の陸軍士官学校に入校し、帝国陸軍少佐を経て日本統治時代に道知事にまでなった人です。彼はその著「五十年の回顧」(昭和4年)の中で、日韓併合による韓国滅亡を次のように教訓化しています。 『公平無私なる観察を下すときは、いくら日本の朝鮮統治に反対しても善政は善政に相違なく、如何に伊藤(博文)公を毛嫌いしても公の真意には感謝せ […]

韓日併合をお願いします。

韓日合邦を要求する声明書   1904年、李容九・宋秉畯・尹始炳が中心となって一進会が設立された。 会長は当初は尹始炳であったが、すぐに李容九に代わった。一進会はアジア主義と大東合邦論を掲げ、アジアが団結して欧米帝国主義の侵略を阻止すべきであると主張。さらに李容九は、日本と大韓帝国の軍事同盟が、ロシアに対抗し、大韓帝国の富国強兵を図る方法であると主張した。1906年、李容九は「韓日合邦」 […]

皇帝たちの中国 第十代同治帝・十一代光緒帝

【2月5日配信】「番外編:皇帝たちの中国 その後の皇帝たち~第十代同治帝・十一代光緒帝」宮脇淳子 田沼隆志【チャンネルくらら】   清朝第10代皇帝(在位1861〜1875)。咸豊帝と西太后の子。その治世は内政・外交の小康期で「同治の中興」と呼ばれる。1873年から親政を開始したが、実権は西太后に握られていた。   清の第11代皇帝である光緒帝(1871年から1908年)は、西 […]

ヴェノナ文書で明らかになる真実

アメリカ政府内に多数のソ連のスパイが潜入     第二次世界大戦前後の時期に、アメリカ政府内に多数のソ連のスパイが潜入したことを暴いた「ヴェノナ文書」の公開以降、同国内では「ルーズヴェルト政権はソ連や中国共産党と通じていたのではないか」という古くからの疑念が、確信へと変わりつつある。当然、当時をめぐる歴史観の見直しも進んでいる。しかも、そのピッチは近年、急加速していると言っていい。   […]

グローバリズムとユダヤ思想

グローバリズムとユダヤ思想       ・この番組は「隠された歴史を白日の元に晒す」という作業といえます=歴史認識を正しく修正するということ ・前半は国際情勢をピックアップ ・グローバリズム / トランプ / ディープ・ステート に答えます ・共通しているのはユダヤ問題 ・ユダヤ問題が誤解されないように、正しく理解するということ ・かつてあったようなユダヤ人迫害などを […]