admin

1/41ページ

【日本の防衛最前線・前編★韓国レーダー照射事件の真実】

いわんかな#19-1【日本の防衛最前線・前編★韓国レーダー照射事件の真実       日本海を守れ!2018年12月20日 能登半島沖、韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊のP1対潜哨戒機に、火器管制レーダーを照射した事件があり、韓国は非を認めず反抗的な対応をするばかり。 彼らはなぜレーダーを照射したのか?この問題はいかに解決するのか?元航空自衛隊空将の織田氏に聞く!   <織田邦男(おりた くにお)プロフィール> 元航空自衛隊・空将 国家戦略研究所所長 東洋学園大学客員教授 1952年生 2006年イラク派遣航空部指揮官を経て 2009年退官 講演・執筆活動でも活躍中     【目次】 ・韓国火器管制レーダー照射事件 2018年12月20日 能登半島沖の日本海で 韓国海軍駆逐艦が海上自衛隊のP1対潜哨戒機に 火器管制レーダーを照射した事件 <火器管制レーダーを照射するということ> ・引き金に指をかけてこめかみに銃を突きつけるような行動 ・個人であれば正当防衛、軍であれば自衛権行使ができる行為 ・海上衝突回避規範(CUES) 2014年 […]

米中国交40周年の“異変”~敵対モードは激化する!

韓国レーダー照射事件の本質~特定失踪者問題調査会「『その後』を考える集い8」[桜H31/1/16]     キャスター:河添恵子・葛城奈海 ■ ニュースPick Up ■ 米中国交40周年の“異変”~敵対モードは激化する! ■ 韓国レーダー照射事件の本質~特定失踪者問題調査会「『その後』を考える集い8」 VTR:「その後」を考える集い8-「広開土大王」レーダー照射事件に隠されたもの~あの北朝鮮船は何だったのか [平成31年1月11日 東京・小石川運動場会議室]

【Front Japan 桜】対米共闘~習近平と金正恩の腹の内

【Front Japan 桜】対米共闘~習近平と金正恩の腹の内  福島、sayaで「性」を語る / 中国が始めた戦争、サイバーと新兵器開発[桜H31/1/15]         キャスター:福島香織・saya ■ ニュースPick Up ・日露平和条約交渉、始まる~日本に厳しい展開か? ・中国が始めた戦争、サイバーと新兵器開発 ・戦争を決するロジと情報、人材の強化を ・香港はもう中国の一部~国歌侮辱に刑罰 ■ 対米共闘~習近平と金正恩の腹の内 ■ 福島、sayaで「性」を語る

人手不足が日本経済を復活させる理由

三橋TV第34回【人手不足が日本経済を復活させる理由】     三橋TV第35回【『いざなぎ景気超えの経済成長』という嘘】     三橋TV第36回【TVが報じない運送業の悲劇】     三橋TV第37回【日本が科学技術大国ではなくなった理由】     三橋TV第38回【日本が少子化になった2つの理由】  

アジア再保証イニシアチブ法案

米国のトランプ大統領は昨年12月31日(米東部時間)、議会が可決した「アジア再保証イニシアチブ法案(Asia Reassurance Initiative Act of 2018, ARIA)」に署名、同法案は即日発効した。中華民国総統府はこれに対し、心からの歓迎と感謝の意を表明した。 総統府の黄重諺報道官が1月1日に説明したところによると、「アジア再保証イニシアチブ法」は米国が台湾の安全保障に関する約束を改めて示すと共に、台湾と米国のより緊密な関係を支持し、米国と台湾をはじめとする地域のパートナーとの交流を評価するもの。同法案の可決と発効は、台湾と米国が共に持つ、自由と民主、人権などの価値を象徴している。また、米国の「台湾関係法」が制定から40年目に入る今、同イニシアチブ法が成立したことは大変意義深いという。 黄報道官は、米国は台湾にとって国際社会で最も重要な盟友だとした上で、台湾と米国の継続的かつ良好な関係と安定した東アジア情勢は、台米を含むこの地域の各方面にとって極めて重要だと指摘、台湾は今後も米国と密接な意思疎通を行い、様々な分野とレベルでパートナーシップを深めていくと強調した […]

レーダー照射問題~韓国の愚劣さとなすべき対応

資本主義経済と負債 / 大晦日にトランプ大統領が署名した法律とは / レーダー照射問題~韓国の愚劣さとなすべき対応[桜H31/1/7]     キャスター:三橋貴明・鈴木くにこ・前田有一 ■ ニュースPick Up ・建設現場の人手不足解消なるか~ドローンで測量、AIで作業 ・中国・無人探査機が月面裏側に軟着陸~日本が見習うべき計画性 ・レーダー照射問題~韓国の愚劣さとなすべき対応 ・米連邦政府機関閉鎖~トランプ大統領、民主党と平行線 ■ 資本主義経済と負債 ■ 大晦日にトランプ大統領が署名した法律とは

ウイグル問題の本質

【東京発信・Cool Eyes】第25回 アジア自由民主連帯協議会事務局長・三浦小太郎 ウイグル問題の本質   AP通信は18日、中国・新疆(しんきょう)ウイグル自治区で、少数民族ウイグル族などのイスラム教徒が大量拘束されているとみられる収容施設の衛星画像を配信した。画像は衛星観測を手がける米企業が今年9月17日に公開。画像分析から、刑務所のような建物や監視塔、警察署、病院などが確認されたという。 同自治区では、100万人以上のウイグル族らが中国当局によって各地の「再教育施設」に強制収容されていると報告されている。

<新春特別鼎談> 激動2019 安倍首相が取り組む天命

<新春特別鼎談> 激動2019 安倍首相が取り組む天命 五嶋龍が生かす情熱、櫻井よしこの憲法改正     新年第1回は、新春スペシャル「激動2019への『宿命』と『情熱』」を放送いたします。櫻井よしこキャスターと世界的ヴァイオリニストの五嶋龍さんが安倍首相を官邸に訪ねて、新年への安倍総理の『宿命』、そして五嶋龍さんの『情熱』などを語り合いました。 3人の共通点は「拉致への取り組み」です。安倍首相は就任以来拉致問題を最優先で取り組み、櫻井キャスターは「拉致被害者救出するぞ!第1回国民大集会」以来拉致被害者の奪還に長年にわたり取り組んでいます。五嶋さんは世代を超えて拉致問題に取り組むために、大学オーケストラと共演するなど「プロジェクトR」を進めています。いったい拉致被害者を日本に戻すために何をすればよいのか安倍首相にお聞きしました。新春特別番組をどうぞ、ご覧ください

討論】大晦日スペシャル「安倍政権の功罪を問う」

【討論】大晦日スペシャル「安倍政権の功罪を問う」[桜H30/12/31]   「日本を取り戻す」べく、6年前の12月に再び国政を担うこととなった安倍政権。日米関係を基軸とした存在感を国際社会において示す一方、今なお改憲はままならず、移民政策を導入し、来年には消費増税が見込まれている。果して安倍政権は本当に、日本を取り戻せるのか? 一流の論客陣が多角的な視点から論を交える、平成30年・締めくくりのスペシャル討論をお送りします! ◆大晦日スペシャル「安倍政権の功罪を問う」 パネリスト: 潮匡人(評論家) 加藤清隆(政治評論家) 古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員・麗澤大学特別教授) 高橋洋一(嘉悦大学教授・「政策工房」会長) 西岡力(「救う会」全国協議会会長・モラロジー研究所歴史研究室室長) 藤井聡(京都大学大学院教授) 宮崎正弘(作家・評論家) 司会:水島総

日本の移民問題

ノンフィクション作家・河添恵子#10-2★日本の移民問題〜デンマークを参考にせよ!欧州一移民に厳しい国〜     欧州一移民に厳しい国はデンマークだった!ドイツやスウェーデン、イギリスなど、移民で自国経済を豊かにしようとする国がある中、デンマークはそれを拒否し、独自路線を貫いている。 日本がデンマークから学ぶことは、多くあるのではないだろうか? 「ノンフィクション作家・河添恵子」番組一覧: https://goo.gl/5attTw ========================== #10-2 <目次的な!> ・前回に続き、EU移民問題 ・デンマークの移民政策・対策は世界で最も厳しい ・デンマーク人と結婚しデンマークに住むことさえも、簡単ではない ・「デンマークを難民にとって魅力のない国にする」(デンマーク雇用省の声明文 / 2016年) ・デンマーク国民としての覚悟の有無を、すべての移民外国人に問う(試験があり難関) ・ちなみに人口は577万人(2017年) ・デンマークの婚姻ビザ事情 ・外国人移民者は、デンマーク語の70問の試験があってハードル高い ・高学歴 […]

1 41