admin

36/39ページ

古代日本「謎」の時代を解き明かす

東京塾・第26回研修会【長浜浩明】古代日本「謎」の時代を解き明かす 長浜浩明. K国が国民に知られたくない真実のルーツ! チャンネル登録は、コチラ ⇒ オススメ動画はコチラ ⇒ 長浜浩明. K国が国民に知られた. 長浜浩明. K国が国民に知られたくない真実のルーツ! チャンネル登録は、コチラ ⇒ オススメ動画はコチラ ⇒ 百田尚樹、武田邦彦 K国とは1000. 青山繁晴 日本は大盤振る舞い!K国に続きロシアにも チャンネル登録は、コチラ⇒ オススメ動画 ⇒ 日本の. 青山繁晴 日本は大盤振る舞い!K国.

韓国人は何処から来たか

かつては日韓の融和を促進するために「日韓同祖論」が語られたが、今では韓国側が、小中華意識による対日優越感を満足させるために、日本人のルーツは「韓国起源」であると主張し、天皇は韓国人であるとさえ言ってのける。だがそもそも、大陸民族に蹂躙されてきた朝鮮人のルーツの方こそ、よほど入り乱れた不確かなものなのである。今回は、『韓国人は何処から来たか』を上梓された長浜浩明氏をお招きし、これまでとは違った理系的観点から、韓国人のルーツを整理して頂きます。 わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】

朝鮮半島の古代史

古代日本「謎」の時代を解き明かす』 〜戦後の古代史論を全否定!神武東征の正しさを論証し古代史・ 謎の扉を開く!〜 * 長浜氏の一連の著 わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】 戦後の日本では、国の立場からの歴史観が整理されていない。それに乗じて、在野の学者たちなどが自虐史観に基づいて、伝統的に日本政府がとってきた認識を勝手に否定し、教科書をはじめとする教育現場でも垂れ流してきている。 冒頭の妄言を吐いた政治家たちにしても、そういう戦後教育の気の毒な犠牲者なのだと思う。韓国・朝鮮人が威勢の良い国粋主義的な歴史観を主張するのに対して、日本人がしっかり自己主張をしないことが、半島の人たちに誤ったシグナルを送り、彼がさらに国粋主義的、反日的な方向へエスカレートするきっかけを与えているのが困ったことなのである。 韓国や北朝鮮では、政府の統一見解がある。韓国でも在野の歴史家は、日本と同じように左翼的・反権力的だが、むしろ、政府以上に反日であり、国粋主義的で、国益を擁護するという意識はしっかりしている。 さらに、日本における韓国・朝鮮についての歴史観の特殊性として、日本 […]

沖縄のルーツと日本の建国

沖縄の大本は、縄文時代から九州の人々と同じ先祖を持ち、それは遺伝子、言語から明らかです。また、皇室の大本は沖縄方面からやってきたのであり、神武東征は史実なのです。(長浜浩明氏) わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】 長浜浩明著書 『文系ウソ社会の研究』展転社 2008 『続・文系ウソ社会の研究』展転社 2008 『日本人ルーツの謎を解く 縄文人は日本人と韓国人の祖先だった!』展転社 2010 『古代日本「謎」の時代を解き明かす 神武天皇即位は紀元前70年だった!』展転社 2012 『「脱原発」を論破する 今、日本人の知性が試されている!』東京図書出版 2013 『韓国人は何処から来たか』展転社 2014   遺伝子の研究から、九州以北の本土の住民とは同じ祖先をもつことが最近の遺伝子の研究で明らかになっている。また、中国南部及び東南アジアの集団とは地理的には近く昔から活発な交易がおこなわれていたため九州以北の日本本土住民と違いその影響があったと考えられていたが、遺伝子の研究から中国や台湾の集団とはかなり離れていることが判明している。 九州以北の日 […]

論・暴論・強硬論「国連・ユネスコ問題を語る!」

わたしたちの遺伝子から健康のためのヒントを見つけよう【MYCODE】 米国務省は10月12日、国連教育科学文化機関(UNESCO)のイリナ・ボコヴァ事務局長に対し、UNESCOからの脱退し、永久にオブザーバーとしての参加に留まることを決めたと通知した。UNESCO憲章に従い、実際の米国脱退が効力を持つのは2018年12月31日。それまで米国はUNESCO加盟国としての権限・責務を果たす予定。 米国務省は、脱退声明の中で今回の決定の背景について、「UNESCO分担金の支払滞納の膨張」「根本的な組織改革の必要性」と伝えた。米国は前オバマ政権時代の2011年に、パレスチナがUNESCOに正式加盟したことで、分担金の拠出を凍結。以来、米政府の滞納金は5億4,000万米ドル(約600億円)に上っている。米国とUNESCOの関係はぎくしゃくしてきた歴史的な経緯がある。1984年に当時のレーガン政権は、「腐敗があり、東側ではなくソ連寄りの政治的姿勢を感じる」としてUNESCOから脱退。2002年にジョージ・W・ブッシュ政権が再加盟するまで脱退を続けていた。今回の決定でも、国務省のナウアート報道官「ユ […]

1 36 39