admin

36/57ページ

馬渕睦夫講和集

「 ロシア革命」と裏で支援した人達 米国がつくった中華人民共和国   米国が仕組んだ朝鮮戦争   ベトナム戦争で国としての自信を失ってしまった超大国アメリカ   今こそ人々が世界の真実を知る時 日本を、取り戻す タムルードを読むから?国を持たないユダヤ人がグローバリズムにこだわる理由    国難の正体   グローバリズムの終焉 日本と米国の現在と中国そして […]

フーバー回顧録

ハーバート・フーバー (1874~1964)、大統領在任1929~1933年。 マルクス以来の国際共産主義運動を回顧する。   本書は、第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバー(任期1929~33)が第二次世界大戦の過程を詳細に検証した回顧録です。第二次世界大戦とは何だったのか――。従来の見方とは真っ向から対立する歴史観をもつ本書は長い間、公にされませんでしたが、2011年に米国フーバ […]

歴代天皇18反正天皇

第 18代に数えられる天皇。名,タジヒノミズハワケノミコト。仁徳天皇の第3皇子。 母は皇后イワノヒメノミコト。伝によれば兄の履中天皇が太子のとき仁徳天皇が没し,住吉仲皇子の乱が起こると,これを平定した。履中天皇の没後即位し,河内の丹比柴籬宮 (たじひのしばがきのみや) に都した。日本最古の金石文といわれる,熊本県和水町の江田船山古墳出土の銀象嵌銘大刀に「治天下□歯大王世」とあるのは,反正天皇のこと […]

歴代天皇17 履中天皇

第 17代に数えられる天皇。仁徳天皇の第1皇子。母は皇后イワノヒメノミコト。名はオオエノイザホワケノミコト。 『日本書紀』によれば,仁徳天皇の死後皇位を望む同母弟の住吉仲皇子に難波宮を囲まれたが,平群木菟 (へぐりのつく) らと河内に逃れ,その後大和の石上神宮に入って,弟の瑞歯別王 (みずはわけのみこ) (→反正天皇 ) に仲皇子を殺させ,磐余雅桜宮 (いわれのわかさくらのみや) に即位した。仁徳 […]

歴代天皇15 応神天皇

「応神天皇(おうじんてんのう、仲哀天皇9年12月14日 – 応神天皇41年2月15日)は、第15代天皇(在位:応神天皇元年1月1日 – 同41年2月15日)。諱は誉田別尊(ほむたわけのみこと)、誉田別命(ほんだわけのみこと)、大鞆和気命(おおともわけのみこと)。誉田天皇(ほむたのすめらみこと/ほんだのすめらみこと)、胎中天皇(はらのうちにましますすめらみこと)とも称される。 […]

歴代天皇16 仁徳天皇

応神天皇につぐ16代の天皇とされる。応神の子,履中,反正,允恭天皇の父。諱(いみな)はオホサザキ(大雀,大鷦鷯),宮は難波高津宮,陵は和泉百舌鳥耳原(もずのみみはら)中陵。天皇は幼にして聡明,壮におよび仁慈,ために〈仁徳〉と諡(おくりな)されたが,悪逆無道とされた25代武烈天皇でこの応神・仁徳の王系が途絶えるのと対比される。これは中国の易姓革命の思想によって,この王系の始祖を応神・仁徳とするための […]

歴代天皇14仲哀天皇

仲哀天皇(ちゅうあいてんのう、成務天皇18年? – 仲哀天皇9年2月6日) 『古事記』『日本書紀』に記される第14代天皇(在位:仲哀天皇元年1月11日 – 同9年2月6日)。日本武尊命を父に持ち、皇后は三韓征伐を行った神功皇后であり、応神天皇の父である。熊襲を討とうとした橿日宮に至ったが果たせず、即位9年で死去したと伝わる。和風諡号は足仲彦天皇(たらしなかつひこのすめらみこ […]

旧国名リスト(国造本紀)

旧国名 国造名 初任の時期 初代国造 系譜関係 現在比定地 大和 大倭国造 神武朝 椎根津彦 – 奈良県 大和 葛城国造 神武朝 剣根命 – 奈良県御所市・葛木市ほか 山城 山城国造 神武朝 阿多振命 – 京都府南部 河内 凡河内国造 神武朝 彦己曽保理命 – 大阪府八尾市・東大阪市の一部 伊勢 伊勢国造 神武朝 天日鷲命 天牟久努命の孫 三重県 遠 […]

皇紀、年号、西暦、対応表

西暦 皇紀 年号 ねんごう 御代 天皇御号 てんのう BC660年 元年 神武天皇元年 じんむてんのう 初代 神武天皇 じんむ BC581年 80年 綏靖天皇元年 すいぜいてんのう 第2代 綏靖天皇 すいぜい BC548年 113年 安寧天皇元年 あんねいてんのう 第3代 安寧天皇 あんねい BC510年 151年 懿徳天皇元年 いとくてんのう 第4代 懿徳天皇 いとく BC475年 186年 孝 […]

歴代天皇13・成務天皇

成務天皇(せいむてんのう、景行天皇14年 – 成務天皇60年6月11日)は、『古事記』『日本書紀』に伝えられる第13代天皇(在位:成務天皇元年1月5日 – 同60年6月11日 記紀ともに景行天皇には八十人の皇子女がいたとするが、日本武尊、五邇百城入彦とともにこの天皇も手元に残り、この3名以 外はそれぞれ国司や郡司に封ぜられたと言う。記事満載の父景行天皇と違って、この天皇の記 […]

1 36 57