売国奴

1/2ページ

ソフトバンクに入れ込む政府の闇

売国奴、孫正義が投資で大失敗 ソフトバンク・グループの孫正義が、オフィスシェアの企業「ウィーワーク(WeWork)」での投資の失敗で追い込まれている。 孫正義は今、ビジョン・ファンドという投資ファンドを立ち上げて、世界中のあちこちの企業に投資している。ウィーワークもその一環として1.1兆円も投資した企業だった。 孫正義はこのウィーワークを5兆円と評価していたのだが、本当にそう思っていたのか、市場へ […]

政商の中の政商「民間議員」竹中平蔵の暗躍

日本人は、「自国の政治」にも「自らの生活」にも「無関心」となった生きる屍と化している。   日本人の血税は、朝鮮(韓国と、北朝鮮)、中国共産党、アメリカの資本家、欧州の資本家達に掠め取られ、最早、国益を度外視した政治家と売国官僚。米国資本家の代理人「竹中平蔵」。中国共産党の代理人「二階敏明」、「菅 義偉」。韓国、北朝鮮の支配下にある「朝日新聞」、「毎日新聞」、「中日新聞グループ」とテレビ […]

日本を食い尽くす「チュチェ思想研究会」

北朝鮮のチュチェ思想の闇を暴く   北朝鮮のチュチェ思想の闇を暴く !! 拉致・国連・共産党!!   篠原常一郎 藤田隆司 仲村覚 一般社団法人日本沖縄政策研究フォーラム 緊急特別シンポジウム 日本を食い尽くす「チュチェ思想研究会」 第1部■各分野第一人者によるリレー講演 「北朝鮮による拉致犯罪の真相」 ○藤田隆司氏(特定失踪者藤田進さんの弟) 「沖縄問題の真相」 ○仲村覚(一 […]

失踪外国人実習生(法務省の発表データは捏造)

失踪外国人実習生の人数を法務省が捏造して報道   衆参法務委員会の野党委員が12月3日、失踪した外国人技能実習生2870人に対する昨年の法務省調査の元資料である聴取票を分析した結果、全体の2/3を越える67.6%の1939人が最低賃金割れだったと発表しました。 法務省はこの調査に関し、複数回答の結果「最低賃金以下」を失踪の理由とした外国人技能実習生は0.8%の22人としており、元資料と法 […]

2025年大阪万博に群がる政商

2025年大阪万博に群がる政商 11月24日、東京五輪に続く「開発の口実」を求め、55年ぶりの大阪万博を目論み「風呂敷を広げすぎるぐらい広げ」(by松井一郎大阪府知事)て、ロシアのエカテリンブルク、アゼルバイジャンのバクーの2か国と票を競った結果、2025年の大阪万博の開催が決定しました。 現在の日本にとって、万博開催はあまり意味がなく、むしろ利権の甘い汁を吸うために群がる一部の人間だけがおいしい […]

TAGって何やねん

日米物品貿易協定など信じるな! TAGはゴマカシ   キャスター:佐藤健志・佐波優子 ■ ニュースPick Up ・世界株安~国際秩序の主導権は軍事力次第 ・新たな外国人在留資格~現実を直視しない「移民」拡大の行方 ■ TAG(日米物品貿易協定)など信じるな! ■ 世論調査に見る日中の感覚の違い 戦後のわが国は、対米協調路線を基本方針としてきました。「協調」と言えば聞こえがいいものの、こ […]

「前川喜平の“針路”相談室」 という悍ましい連載が開始されるらしい。

「“針路”相談室」週刊朝日読者からの質問に答える新連載が開始される。悍ましい。。 『週刊朝日』(9・7)があきれた新連載。「前川喜平の“針路”相談室」  歌舞伎町の出会い系バーで、“貧困女子”の相談に乗ってる方がお似合いだろう。(花田紀凱=月刊『Hanada』編集長) 「さて、このたび、世間の皆さんからの質問に答える本企画「“針路”相談室」を始めることになりました。 この連載を通じ、特にこれからを […]

関西生コン特集

悪の権化と呼ばれる関西生コンとは、何なのか。どういった組織なのか。検証してみたいいと思います。 連帯労働組合関西地区生コン支部、略称が連帯労組関西生コン支部 、連帯ユニオン関西生コン支部、関西生コン 、生コン支部 などと呼ばれる。社民党や新社会党の支持団体である。  こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」   1965年に「全自運関西地区生コン支部」として出発した時 […]

野田聖子の正体

野田聖子の夫は前科2犯の犯罪者   夫は京都の反社会的勢力の元幹部で、前科2犯の犯罪歴があったという。   京都府警が事務所の一員として「木村文信」の名札が掛かっているのを確認しているといい、京都府警の元幹部や反社会的勢力関係者も木村文信という名前の男が「組織に所属していたことは事実」だと認めているそうだ。   また、野田総務相の夫の名前が木村というのは、文信氏の通名 […]

毎日新聞の捏造【百人斬り競争】

「百人切り」朝日新聞と毎日新聞が捏造創作   昭和十二年夏、支那事変がおこり日本軍は北京や天津をつぎつぎ攻略していき、八月には じまった海での戦いも、十一月には日本軍の追撃戦となりました。そして、十二月一日、首都南京の攻略が決定され十三日、南京が陥落しました。 国内は戦勝に沸き、それに呼応するかのように、十一月末から十二月にかけ、毎日新聞にふたりの将校の華々しい記事が載りました。 記事と […]