討論

1/5ページ

米中対決とグローバル化した世界

米中対決とグローバル化した世界     ◆米中対決とグローバル化した世界 パネリスト 古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員・麗澤大学特別教授) 石平(評論家) 福島香織(ジャーナリスト) 矢板明夫(産経新聞外信部次長) 矢野一樹(元海上自衛隊潜水艦隊司令官 海将) 矢野義昭(元陸上自衛隊小平学校副校長 ・陸将補) 渡邉哲也(経済評論家) 司会:水島総   おすす […]

文在寅の目的は敗戦革命か!韓国大混乱

文在寅の目的は敗戦革命か!韓国大混乱     ・左派が強くなる時、保守層は眠る ・収録後の10月14日 曺国(チョグク)法相が電撃的に辞任を発表 文政権の支持率が過去最低(41.4%)になったことにも起因する 知名度を上げた曺氏は 2020年4月の総選挙に出馬する噂も ・山崎拓(元自民党副総裁・日朝国交正常化推進議員連盟・元会長) 氏のコラム「韓国を敵にする愚かしさ」(月刊日本 […]

世界経済の行方

【経済討論】奈落へ?世界経済の行方[桜R1/10/12]   パネリスト: 安藤裕(衆議院議員) 田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員) 藤和彦(経済産業研究所 上席研究員) 松田学(松田政策研究所代表・元衆議院議員) 三橋貴明(経世論研究所所長) 宮崎正弘(作家・評論家) 渡邉哲也(経済評論家) 司会:水島総 いま話題のプログラミング教育に最適!【embot】プログラミングお […]

安倍総理は保守を騙すつもりだったのか

表現者クライテリオン・スペシャル 安倍総理『器』論とは真実か?   安倍は、パフォーマンスだけで、何も実績は残していない。 安倍は、国防をなおざりにしている。 安倍は、国賊、竹中平蔵の言いなりで、国益をアメリカに売り渡している。 安倍が保守だといわれるのは何故だ。 安倍は最初から憲法改正をする気はない。 安倍は民衆より多国籍企業の利益を優先する。     パネリスト […]

【討論】韓国が消える

【討論】韓国が消える!?[桜R1/9/21]     パネリスト 潮匡人(評論家) 古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員・麗澤大学特別教授) 篠原常一郎(ジャーナリスト・元日本共産党国会議員秘書) 西岡力(「救う会」全国協議会会長・モラロジー研究所歴史研究室室長) 室谷克実(評論家) 矢野義昭(元陸上自衛隊小平学校副校長 ・陸将補) 司会:水島総 ポッチャリが気になったら […]

中国の侵略行為と香港・台湾・日本の未来

中国の侵略行為と香港・台湾・日本の未来     ◆中国の侵略行為と香港・台湾・日本の未来 パネリスト: 加瀬英明(外交評論家) 河添恵子(ノンフィクション作家) ペマ・ギャルポ(拓殖大学国際日本文化研究所教授・チベット文化研究所名誉所長) 三浦小太郎(評論家) 宮崎正弘(作家・評論家) 鳴霞(月刊『中国』編集長) 矢板明夫(産経新聞外信部次長) 司会:水島総   &n […]

【討論】北戴河会議後の中国の行方

【討論】北戴河会議後の中国の行方     ◆北戴河会議後の中国の行方 パネリスト: 澁谷司(拓殖大学海外事情研究所教授) 石平(評論家) 田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員) 坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師) 福島香織(ジャーナリスト) 渡邉哲也(経済評論家) 司会:水島総   PCもタブレットも外出先で快適ネット!【WiMAX2+】

反日の現在 2019

反日の現在 2019   ◆反日の現在 2019 パネリスト: 小野寺まさる(元北海道議会議員・チャンネル桜北海道キャスター) 佐々木類(産経新聞論説副委員長) 西村幸祐(批評家・岐阜女子大学客員教授・関東学院大学講師) 坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師) 宮脇睦(ITジャーナリスト) 山本優美子(「なでしこアクション」代表) 渡邉哲也(経済評論家) 司会:水島総 &nb […]

朝鮮総連と日本

韓国歴史教科書は反日教本 来年4月から日本の小学校で使われる5、6年用の社会科教科書のすべてが島根県隠岐の島町の竹島を「日本固有の領土」と明記したところ、韓国がこれに激しく反発した。政治、経済から軍事まで幅広く悪化する日韓関係だが、問題の根源として、韓国の教科書にもっと注目すべきだと考えるようになった。 韓国の小6社会科の教科書に日本の朝鮮半島統治時代の徴用に関連するものだとして、上半身裸の男性1 […]

長浜浩明、林千勝、馬渕睦夫の反グローバリストが揃い踏み

大東亜戦争の真実 今回は、髙山正之、長浜浩明、林千勝、馬渕睦夫の反グローバリストが揃い踏み。   私たちは教科書で、大東亜戦争は1941年12月8日、真珠湾攻撃から始まったと教えられている。 そして戦争の原因は日本の侵略だと教え込まれた。果たしてそれは真実なのか。       パネリスト 鈴木荘一(歴史家) 髙山正之(コラムニスト) 長浜浩明(作家・古代史研 […]

1 5