討論

1/5ページ

加速する米中情報戦

武力に勝る米国VS謀略に勝る中国【討論】米中情報戦争の行方[桜R2/6/6]  【パネリスト】 河添恵子(ノンフィクション作家) 「千人計画」とは、海外の中国人研究者や技術者を破格の待遇で呼び寄せて、中国の科学的発展に貢献させるプログラムのことだ。「中国で唯一、ビジネスで世界をまたぐ科学公益プラットフォーム」として称賛される組織「未来論壇」や「欧米同学会」などの名簿には、米国在住の中国共産党最高幹 […]

何もできない日本政府。何もしない日本政府

日米中の新しい世界戦略       パネリスト 潮匡人(評論家) 佐々木類(産経新聞論説副委員長) 田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員) 林千勝(戦史研究家) 宮崎正弘(作家・評論家) 用田和仁(元陸上自衛隊西部方面総監 陸将) 山岡鉄秀(情報戦略アナリスト) 司会:水島総   楽しく、簡単に、お小遣いを稼ぐなら♪ちょびリッチ!

世界謀略情報戦の現在

中国の謀略情報戦の現在 「武漢肺炎」は世界中で急速に広がり、人々の間でパニックを引き起こしている。米国メディアは、イスラエルの生物兵器戦争の専門家の分析を引用し、「武漢肺炎」は北京の秘密の生物兵器プログラムも行われているとされるP4レベルの武漢国立生物安全研究室に関連する可能性があると述べた。今日(2月1日)朝、インドの科学者は、2019-nCoVウイルスにほかのウイルス由来のアミノ酸配列が人工的 […]

どこへ行く南北朝鮮

【討論】どこへ行く南北朝鮮     パネリスト: 荒木和博(特定失踪者問題調査会代表・拓殖大学海外事情研究所教授) 加藤健(アジア調査機構代表) 西岡力(「救う会」全国協議会会長・モラロジー研究所歴史研究室室長) 西村幸祐(批評家・岐阜女子大学客員教授・関東学院大学講師) 増元照明(「拉致被害者家族会」前事務局長) 室谷克実(評論家) 坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防 […]

安倍政権と日本の行方

安倍政権と日本の行方     パネリスト 伊藤達美(政治ジャーナリスト) 潮匡人(評論家) 小野寺まさる(元北海道議会議員・チャンネル桜北海道キャスター) 加藤清隆(政治評論家) 藤和彦(経済産業研究所 上席研究員) 室伏謙一(室伏政策研究室代表・政策コンサルタント) 山岡鉄秀(情報戦略アナリスト) 司会:水島総

中国共産党の未来

中国共産党の現在と未来   パネリスト 澁谷司(拓殖大学海外事情研究所教授) 石平(評論家) 相馬勝(国際ジャーナリスト) 田村秀男(産経新聞特別記者・編集委員兼論説委員) 坂東忠信(元警視庁通訳捜査官・外国人犯罪防犯講師) ペマ・ギャルポ(拓殖大学国際日本文化研究所教授・チベット文化研究所名誉所長) 渡邉哲也(経済評論家) 司会:水島総  

2020年、世界経済の行方

2020年の世界経済の行方 日本経済はアメリカと中国の好景気に多大なる恩恵を受けているので、その悪影響を受ける。なので、経済成長率が主要先進国のなかで日本が、いちばん落ち込むはず。 素人はオリンピック、オリンピックと騒ぐが、株とオリンピックは全くの無関係。また、不動産は訪日観光客がらみの特殊なエリアが上昇したこともあったが、不動産はすでにピークアウトしている。オリンピックまで、などと言っているのは […]

監視社会の未来

監視社会の未来     パネリスト: 阿部等(株式会社ライトレール 代表取締役社長) 掛谷英紀(筑波大学准教授) 川島博之(ビングループ主席経済顧問・元東京大学大学院准教授) 福島香織(ジャーナリスト) 松田学(松田政策研究所代表・元衆議院議員) 宮脇睦(ITジャーナリスト) 渡邉哲也(経済評論家) 司会:水島総  

中華の日本侵略

日本はアメリカに行動してもらうことを待つのではなく、自身の問題として立ち上がり動くことが求められる。   日本政府の日中関係の正常化発言は、中国が我が国に突きつけている危機事態とは明らかに矛盾する。   「中国の民主化」に期待して支援するのは単なるファンタジーだ。4000年の歴史を有する中国は、近代史においてアヘン戦争から太平天国、義和団の乱、日本との戦争、そして文化大革命を経 […]

日本核武装について討論

日本核武装論       パネリスト 潮匡人(評論家) 川口マーン惠美(作家) 古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員・麗澤大学特別教授) 高嶋哲夫(小説家) 西岡力(「救う会」全国協議会会長・モラロジー研究所歴史研究室室長) 西村幸祐(批評家・岐阜女子大学客員教授・関東学院大学講師) 矢野義昭(元陸上自衛隊小平学校副校長 ・陸将補) 司会:水島総   […]

1 5