厚労省

怠慢としか思えない日本の行政

外国人による「出産育児一時金」の不正受給の例   中でも問題視しているのは、中国人による「出産育児一時金」の不正受給疑惑だ。 出産育児一時金とは、子供が生まれた際、役所に申請すれば42万円が支給される制度で、国民健康保険(国保)や『社保』など、日本の公的保健に加入していれば、国籍に関係なく、海外で出産した場合でも受給することができる。 平成29年度の荒川区の出産育児一時金の支払い件数は全 […]

外国人受入れを拡大し続ける、という最悪の移民政策

「移民政策はとらない」としつつ外国人受入れを拡大し続ける、という最悪の移民政策 西欧諸国が冒してきた大失敗をそのまま踏襲 経済財政諮問会議にて安倍首相は、「移民政策はとらない」と改めて前置きした上で、外国人労働者の受け入れの更なる拡大策について具体的に検討するよう関係閣僚に指示した。 現政権は、国際移住学的に全く通用しない「移民の定義」を提唱し、「移民政策ではない」と言う詭弁の下で外国人受け入れを […]

年金と健康保険と住民税

厚生年金とは日本の公的年金制度の1つで、会社員や公務員として働く人が加入するものです。加入していると、定年退職や病気・怪我などで稼得能力が低下した際に「年金の給付」という形で保障が受けられます。給付される年金は、定額の基礎年金部分と給料に比例して金額が上がる報酬比例部分によって構成されています。 計算方法について 厚生年金保険料を算出する際には、標準報酬月額と厚生年金保険料率を使用します。標準報酬 […]

年金支給額モデルケース

収入30万円の20代 会社員として勤務した単身世帯が65歳の時に受け取れる年金は月額約8万9千円、会社員の夫と専業主婦の世帯では約12万5千円です。現在60歳で同じ平均月収の会社員単身が65歳の時に受け取れる年金は月額約12万1千円、会社員と専業主婦の世帯で約18万2千円です。年金の支給額は単身世帯で26.4%減、会社員と専業主婦の世帯で31.3%減と大きな差があります。 収入30万円の30代 会 […]

年金はいつから支給される?

原則として支給開始は65歳 2018年現在年金の開始年齢は65歳からとなっています。しかし、手続きをすることで60歳から繰り上げ受給することもできます。反対に年金を受け取る年齢を遅くする繰り下げ受給という方法もあり、70歳から年金を受け取ることも可能です。 繰り上げをすれば年金を早く受け取ることができますが期間ごとの受給額は減り、繰り下げ受給をすれば受け取る時期は遅くなる分期間ごとの受給額は増えま […]

年金の基本

自分が早死にするか長生きするかを予測するのは不可能です、自分たちの出した保険料を分け合って、長生きしたという条件下においてのみお金がもらえるようにしています。この大前提がわかれば、「国が無条件に老後を保障してくれる」「年金は福祉である」という考えが間違いであると理解できるはずです。 「年金は福祉」と思っている人は多いですが、年金の本質は「年金保険」という保険と似た仕組みなのです。病気やケガのリスク […]