安全保障

南シナ海は迂回できるなどと言っていられない

南シナ海が中国にコントロールされる   中国共産党の機関紙である人民日報の国際版「環球時報」が4月に、移動式海上原発は、南シナ海と渤海に約20基を設置される予定と伝えた。南シナ海では中国が今、自国領、領海の存在を主張し、ベトナム、フィリピンなどの周辺各国と紛争を起こしている。環礁を埋め立てて人工島をつくり、無人島に航空基地や施設を置く。そして中国は1992年に制定した領海法で、南シナ海のほぼ全域の領有を宣言し、他国軍艦の無害通行権を否定している。 その海域に置かれる海上原子力発電所はさまざまな影響を日本の安全保障、そしてエネルギー事業に与えるだろう。日本の輸入する原油の8割、LNG(液化天然ガス)の3割は中東産であり、またLNGの3割は東南アジア産だ。中国が南シナ海を制圧すれば、日本のエネルギー動脈をいつでも切断できる状況になる。 原発で強化される中国の南シナ海での軍事力 「安全保障上のリスクは一段と高まり、中国の軍事的な存在感を強める」。元海上自衛官で、中国駐在武官を務めた小原凡司東京財団研究員・政策プロデューサーはこの動きを懸念する。中国は南シナ海南部のパラセル諸島、北部 […]

放置できない基地隣接する小学校の安全

普天間の危険性改めて浮上 放置できない基地隣接する小学校の安全、我那覇氏「一番かわいそうなのは子供たち」 2017.12.18 事故機を調べる沖縄県警の捜査員と米軍関係者 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のヘリコプターの窓が小学校校庭に落下した事故は、住宅密集地にある普天間の危険性を改めて浮かび上がらせた。名護市辺野古への移設を急ぐべきだが、それまで基地に隣接する小学校も放置できない。過去には、現場の小学校などを移転する計画もあったが、頓挫したという。一体どういう事情・背景があったのか。 「一番かわいそうなのは、小学校の子供たちだ。現実的対応を取らなければいけない」 こう語るのは、名護市出身の専門チャンネルキャスターで、「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」の我那覇真子(がなは・まさこ)代表だ。  現場となった市立普天間第二小学校は、1980年代以降に移転計画が2回持ち上がったが、いずれも実現しなかった。沖縄タイムスは、市が移転費用を確保できなかったなどと報じているが、市民団体などが「小学校移転による基地の固定化」を理由に、強硬に反対したともいわれる。 ベストセラー『沖縄 […]