オピニオン

1/11ページ

米中国交40周年の“異変”~敵対モードは激化する!

韓国レーダー照射事件の本質~特定失踪者問題調査会「『その後』を考える集い8」[桜H31/1/16]     キャスター:河添恵子・葛城奈海 ■ ニュースPick Up ■ 米中国交40周年の“異変”~敵対モードは激化する! ■ 韓国レーダー照射事件の本質~特定失踪者問題調査会「『その後』を考える集い8」 VTR:「その後」を考える集い8-「広開土大王」レーダー照射事件に隠されたもの~あの北朝鮮船は何だったのか [平成31年1月11日 東京・小石川運動場会議室]

【Front Japan 桜】対米共闘~習近平と金正恩の腹の内

【Front Japan 桜】対米共闘~習近平と金正恩の腹の内  福島、sayaで「性」を語る / 中国が始めた戦争、サイバーと新兵器開発[桜H31/1/15]         キャスター:福島香織・saya ■ ニュースPick Up ・日露平和条約交渉、始まる~日本に厳しい展開か? ・中国が始めた戦争、サイバーと新兵器開発 ・戦争を決するロジと情報、人材の強化を ・香港はもう中国の一部~国歌侮辱に刑罰 ■ 対米共闘~習近平と金正恩の腹の内 ■ 福島、sayaで「性」を語る

人手不足が日本経済を復活させる理由

三橋TV第34回【人手不足が日本経済を復活させる理由】     三橋TV第35回【『いざなぎ景気超えの経済成長』という嘘】     三橋TV第36回【TVが報じない運送業の悲劇】     三橋TV第37回【日本が科学技術大国ではなくなった理由】     三橋TV第38回【日本が少子化になった2つの理由】  

<新春特別鼎談> 激動2019 安倍首相が取り組む天命

<新春特別鼎談> 激動2019 安倍首相が取り組む天命 五嶋龍が生かす情熱、櫻井よしこの憲法改正     新年第1回は、新春スペシャル「激動2019への『宿命』と『情熱』」を放送いたします。櫻井よしこキャスターと世界的ヴァイオリニストの五嶋龍さんが安倍首相を官邸に訪ねて、新年への安倍総理の『宿命』、そして五嶋龍さんの『情熱』などを語り合いました。 3人の共通点は「拉致への取り組み」です。安倍首相は就任以来拉致問題を最優先で取り組み、櫻井キャスターは「拉致被害者救出するぞ!第1回国民大集会」以来拉致被害者の奪還に長年にわたり取り組んでいます。五嶋さんは世代を超えて拉致問題に取り組むために、大学オーケストラと共演するなど「プロジェクトR」を進めています。いったい拉致被害者を日本に戻すために何をすればよいのか安倍首相にお聞きしました。新春特別番組をどうぞ、ご覧ください

日本の移民問題

ノンフィクション作家・河添恵子#10-2★日本の移民問題〜デンマークを参考にせよ!欧州一移民に厳しい国〜     欧州一移民に厳しい国はデンマークだった!ドイツやスウェーデン、イギリスなど、移民で自国経済を豊かにしようとする国がある中、デンマークはそれを拒否し、独自路線を貫いている。 日本がデンマークから学ぶことは、多くあるのではないだろうか? 「ノンフィクション作家・河添恵子」番組一覧: https://goo.gl/5attTw ========================== #10-2 <目次的な!> ・前回に続き、EU移民問題 ・デンマークの移民政策・対策は世界で最も厳しい ・デンマーク人と結婚しデンマークに住むことさえも、簡単ではない ・「デンマークを難民にとって魅力のない国にする」(デンマーク雇用省の声明文 / 2016年) ・デンマーク国民としての覚悟の有無を、すべての移民外国人に問う(試験があり難関) ・ちなみに人口は577万人(2017年) ・デンマークの婚姻ビザ事情 ・外国人移民者は、デンマーク語の70問の試験があってハードル高い ・高学歴 […]

中国人の善と悪はなぜ逆さまか~宗族と一族イズム

中国人の善と悪はなぜ逆さまか~宗族と一族イズム   『中国人の善と悪はなぜ逆さまか 宗族と一族イズム』 石平 中国の殷から周の時代の社会の基本的な集団となった、父系(男系)の同族集団。本家と多くの分家(小家族)から成り、本家の家父長(族長)が統率し、祖先崇拝という信仰で結びついている。このような宗族の守るべき規範が宗法である。実際には擬制的(みせかけ)であったらしいが、宗族の結びつきの原理は血縁関係であった。このような氏族社会の上に周の封建制が形成される。そして、春秋から戦国にかけて、鉄製農具の普及などによって生産力が向上したことが、個々の小家族の自立を可能にし、宗族という氏族社会が解体し、地縁的な村落機構を通して統一国家が農民を支配する形態に移行していく。しかし、中国では現代に至るまで、一族意識は強固に残っている。  

言葉を削り取ると時代が見えなくなる

Front Japan 桜】沖縄県民投票~歴史を直視せよ / 言葉を削り取ると時代が見えなくなる / トランプ大統領「チベット相互訪問法」に署名 / IWC脱退 閣議決定[桜H30/12/26]     キャスター:髙山正之・上島嘉郎 ■ ニュースPick Up ・トランプ大統領「チベット相互訪問法」に署名 ・IWC脱退 閣議決定 ■ 沖縄県民投票~歴史を直視せよ ■ 言葉を削り取ると時代が見えなくなる iPhone用格安SIMなら【UQモバイル】

日本のグローバル化、その尖兵としての霞ヶ関官僚

馬渕睦夫×水島総 第2回「日本解体!ディープステートによる日本のグローバル化、その尖兵としての霞ヶ関官僚」[桜H30/12/27]     出演:  馬渕睦夫(元駐ウクライナ兼モルドバ大使)  水島総(日本文化チャンネル桜代表) 天下り先と退職金 定年後、死ぬまで働け。ただし、給料は半分。これがサラリーマンの実態だ。一方、働かなくてもいいし、おカネもあげる、というケースがある。そう、天下りだ。あぁ、相も変わらぬ「役人天国」。 雨あられのように天下り エリート官僚は高額の退職金を手にし、かつ、厚遇で「天下り先」に迎え入れられ、悠々自適に第二の人生を過ごす。よく言われることだが、残念ながら事実である。 たとえば、’13年まで財務事務次官を務めた真砂靖氏(62歳)は、’14年に日本テレビホールディングスの社外取締役に就任。’15年には読売新聞大阪本社の非常勤監査役や三井不動産の社外監査役にも就任している。 このような例は枚挙にいとまがない。他にも、財務省出身で内閣府事務次官に上り詰めた松元崇氏(64歳)は三菱マテリアル社外取締役に、元財 […]

ひとりがたり馬渕睦夫

「ひとりがたり馬渕睦夫」#12 安倍首相と日本の生きる道・質問祭り後編(国内問題編)   質問祭り、後半は主として日本、そして安倍政権をめぐる問題にお答えします。 「馬渕大使が安倍首相を一方的に評価することが理解できない。安倍首相はグローバリストではないか」という質問にも真正面より答えます。馬渕睦夫はなぜ安倍総理を支持するのか? 「日本の生きる道」を共に考えて参りましょう!国難を乗り切るために!

グローバリズムとユダヤ思想

グローバリズムとユダヤ思想   ・この番組は「隠された歴史を白日の元に晒す」という作業といえます=歴史認識を正しく修正するということ ・前半は国際情勢をピックアップ ・グローバリズム / トランプ / ディープ・ステート に答えます ・共通しているのはユダヤ問題 ・ユダヤ問題が誤解されないように、正しく理解するということ ・かつてあったようなユダヤ人迫害などを避けるために、我々は真実を知る必要がある ・陰謀論という人は議論をシャットアウトしたいだけ ・例えばFRBが民間銀行だということにきちんと答える良心的な評論家はほとんどいない ・唯一信頼できる方は田中英道先生→林原チャンネルで来月より番組開始 ・グローバリズムとは結局何なのか? →ユダヤ思想である。ユダヤ人とユダヤ思想は区別する必要がある ・旧約聖書の時代から存在する「ユダヤ普遍思想」 ・ユダヤ思想の中でも二つある ユダヤ民族主義とユダヤ普遍主義 ・100年続いたグローバリズムの普遍主義思想が、今ようやく終わりつつあり、ナショナリズムの思想が始まろうとしている ・このような時代の捉え方を皆さんと共有したい ・古事記を読め […]

1 11