オピニオン

1/10ページ

サウジは糞

サウジリスク 供給過剰で積み上がる原油在庫、さらに忍び寄る需要鈍化の影 2018.10.26(金) 藤 和彦   WTI原油先物価格はこのところ1バレル=70ドル割れで推移している(北海ブレント原油先物価格も1バレル=80ドル割れの状態となっている)。  10月に入ってトルコのサウジアラビア領事館で起きたサウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏殺害事件が世界を揺るがせている。この事件から生じたサウジアラビアリスクは原油市場にどのような影響を与えるのか。 9月のOPECの原油生産量は前月比12万バレル増の日量3268万バレルとなり、減産遵守率は前月の129%から111%に下落した。イランでは前月比15万バレル減、ベネズエラが同4万バレル減となったが、サウジアラビアやリビアは前月比10万バレル超の増加となった。リビアは政情不安にもかかわらず日量100万バレルの大台に回復しており、英BPやイタリアのENIの協力を得て来年(2019年)第1四半期に日量数十万バレルの増産が可能な状況になりつつある(10月22日付ブルームバーグ)。ロシアの原油生産も、ソ連崩壊後の最高水準を続けているもの […]

米中戦争は既に始まっている

【討論】桜国防戦略会議「米中戦争は既に始まっている!問われる日本の選択」[桜H30/10/27]   河添恵子(ノンフィクション作家) 古森義久(産経新聞ワシントン駐在客員特派員・麗澤大学特別教授) 石平(評論家) 本村久郎(元航空自衛隊幹部学校教育部長 空将補) 用田和仁(元陸上自衛隊西部方面総監 陸将) 矢野一樹(元海上自衛隊潜水艦隊司令官 海将) ロバート・D・エルドリッヂ(エルドリッヂ研究所代表) 司会:水島総 米欧州陸軍の司令官を務めていたベン・ホッジス退役中将が、15年後に中国との戦争が開始される可能性は非常に高いと、ワルシャワ安全保障フォーラムで述べた。サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙が伝えている。 ホッジス退役中将は欧州に対し、米国が太平洋における自国の利益を守ることにさらに多くの注意を集中させる必要が今後生じることから、復活したロシアを前にして自分たち自身の防衛を確実にするため、より多くのことを行うよう呼びかけた。 また、「欧州による非常に強固な支柱を米国は必要としている。不可避ではないが、15年後に我々が中国との戦争状態になる公算は非常に大きいと私は思 […]

満州国とは何だったのか

満州国国都 昭和初期の日本人が、それまで消化・蓄積してきた都市計画の理念と社会資本整備の技術を一気に投入し建設した満州国国都、新京の姿。全計画の一割にも満たない段階で終戦を迎えたが、進駐米国将軍ウェデマイヤーが「後世に誇るべき傑作」と評価した先進的な都市計画、その一端を垣間みる事が出来る。 満州国国都、新京《前編》/ The capital of Manchukuo 1 満州国国都、新満州国国都京《後編》/ The capital of Manchukuo 2     【東京発信・Cool Eyes】第16回 歴史学者・宮脇淳子 朝鮮半島と満州の「なぜ」     【東京発信・Cool Eyes】第20回 歴史学者・宮脇淳子 満州国の真実 上編     【東京発信・Cool Eyes】第20回 歴史学者・宮脇淳子 満州国の真実 下編    

馬渕睦夫と国難の正体

【大道無門】馬渕睦夫と国難の正体を暴く[桜H25/5/24]   毎回、各界の著名人をお迎えして様々な話題について語り合う対談番組。 歴史から言語、政治経済、哲学まで、幅広く深い知識においては白眉の存在である渡部昇一がホストをつとめ、ゲストそれぞれの魅力や、専門分野にまつわる話題を巧みに引き出していきます。 司会:渡部昇一(上智大学名誉教授) ゲスト:馬渕睦夫(元駐ウクライナ大使) ※チャンネル桜では、自由且つ独立不羈の放送を守るため、『日本文化チャンネル桜二千人委員会』の会員を募集しております。以下のページでご案内申し上げておりますので、全国草莽の皆様のご理解、ご協力を、何卒宜しくお願い申し上げます。

GHQ焚書図書開封 第1回~第10回

GHQ焚書図書開封 第1回   GHQ焚書図書開封 第2回   GHQ焚書図書開封 第3回   GHQ焚書図書開封 第4回   GHQ焚書図書開封 第5回 GHQ焚書図書開封 第6回 GHQ焚書図書開封 第7回 GHQ焚書図書開封 第8回   GHQ焚書図書開封 第9回 GHQ焚書図書開封 第10回

天皇の祖先は山幸彦

山幸彦と海幸彦   日本の正史「日本書紀」と並び称される「古事記」は謎に満ちている。皇祖・天照大神は卑弥呼なのか。なぜ古代天皇はありえないほど長寿なのか。古史古伝「竹内文書」を継承する第73世武内宿祢が封印された神々の秘密を明かし、「古事記」の暗号を読み解く。   古事記の暗号1(別天つ神五柱~神世七代)     古事記の暗号2イザナギ・イザナミ~三貴子   古事記の暗号3 スサノオとアマテラスの対決   古事記の暗号4 八王子と大国主の対決   古事記の暗号5 大国主の神裔~天若日子   古事記の暗号6 建御雷神~大国主の国造り   古事記の暗号7(邇邇芸命~木花佐久夜)   古事記の暗号9 神武天皇   古事記の暗号10 綏靖天皇~孝元天皇   古事記の暗号11 開化天皇~景行天皇     古事記の暗号12 成務天皇~応神天皇   古事記の暗号13(仁徳~安康天皇)   古事記の暗号14(雄略~継体天皇)   &n […]

馬渕睦夫講和集

「 ロシア革命」と裏で支援した人達 米国がつくった中華人民共和国   米国が仕組んだ朝鮮戦争   ベトナム戦争で国としての自信を失ってしまった超大国アメリカ   馬渕睦夫 安部下ろしの黒幕は?   今こそ人々が世界の真実を知る時 日本を、取り戻す タムルードを読むから?国を持たないユダヤ人がグローバリズムにこだわる理由    国難の正体   グローバリズムの終焉 日本と米国の現在と中国そして北朝鮮     石油目的のイラク戦争と東欧のカラー革命「アラブの春」の実態 数年後の日本がヤバイ!トランプ演説と在日の生活保護 &nbsp 保守 対 革新から ナショナリズム 対 グローバリズム の対立軸]     メディアの洗脳と世界を支配する人 [支那事変]とは    

GHQ焚書図書開封 第171回

  占領下、大東亜戦争を戦った日本人の物語を断ち切るかのように、7千冊以上の戦前・戦中の書物がGHQによって没収された。理不尽な”焚書”に遭ったそれらの図書を”開封”し、当時の日本の実相を読み解いていきます。 第171回:南北戦争で自信を得たアメリカの極東進出 出演:西尾幹二

健全なナショナリズムの必要性

『日本国史』著者インタビュー     日本時評2 歴史への健全なナショナリズムの必要性 田中英道 ※平成28年4月17日掲載 憲法改正の問題が現実化しています。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」などと「前文」に書かれたことが、いかに嘘の文言であるかが、核・威嚇をする北朝鮮だけではなく、常に反日的な言葉を繰り返す中国、韓国のナショナリズムの勝手な言動を行っていることでもわかります。彼らのどこに「平和を愛する諸国民の公正と信義」があるか、ということです。つまりそれは昔はインターナショナリズム、現在はグローバリズムという、国境を越えて「世界人間」・「地球人間」とかいう人々がいると信じることから始まっています。そんな人々はいないのです。 グローバリズム、多文化主義なとと言う、ひとつのイデオロギーが、学界やマスコミ、知識人たちに一般化し始め、ナショナリズムを超えた人間がいるんだというようなことが、まことしやかに人々に、信じられてきました。そういうことが朝日や NHK など、 あらゆるところで宣伝され、あたかも事実であるかのよ […]

1 10