J.スティグリッツ

世界を不幸にしたグローバリズムの正体

ノーベル経済学賞受賞者スティグリッツの2010年のインタヴュー。 このヴィデオを見て興味を抱いた方は、邦訳のある『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』 スティグリッツ博士と言えば、クルーグマン教授と並んで、市場原理主義者たちの最強の敵として知られる。その言うところは論旨明快で、しかも経済の現実を良く説明しえているというので、市場原理主義の破綻が明らかになった今日、経済理論として主流の場に躍り出てもおかしくない。ところが、現実にはなかなかそうはならないで、相変わらず新古典派経済学の考え方が大手を振ってまかり通っている。その主流派の経済学の実験場になっているのが、IMF、世界銀行、WTOといった国際経済機関であり、かれらはグローバリズムを推進すると称して、相変わらず世界中の人々を不幸に陥れている、とスティグリッツ博士は言う   業界最安級!月額1,380円~ギガ放題が利用できるWiMAX レーガンとサッチャー時代に起こったと博士は言う。この時代に新古典派経済理論が復活を遂げ、そのもとで市場原理主義と新たなグローバリズムが始まったというのである。 こうした路線を総称してワシントン […]