高山正之

1/2ページ

言葉を削り取ると時代が見えなくなる

Front Japan 桜】沖縄県民投票~歴史を直視せよ / 言葉を削り取ると時代が見えなくなる / トランプ大統領「チベット相互訪問法」に署名 / IWC脱退 閣議決定[桜H30/12/26]     キャスター:髙山正之・上島嘉郎 ■ ニュースPick Up ・トランプ大統領「チベット相互訪問法」に署名 ・IWC脱退 閣議決定 ■ 沖縄県民投票~歴史を直視せよ ■ 言葉を削り取ると時代が見えなくなる iPhone用格安SIMなら【UQモバイル】

【平成30年 新春特別対談】髙山正之氏に聞く

憲法改正の発議や御譲位の準備など、まさに時代の転換点となる平成30年を迎え、これから日本を取り戻すために何をどうすべきなのか、模索し続ける心ある草莽達にとって道標となり得るような達見を、優れた洞察力で時代を先見し、有為な視点を示してきた保守の重鎮達に伺う新春特別対談です。 ゲスト:髙山正之(コラムニスト) 聞き手:水島総

[馬渕睦夫][高山正之][大高美貴] フェイク・ニュースがつくるフェイク・ヒストリー

司馬史観 歴史小説家である司馬遼太郎の一連の作品に現れている歴史観を表した言葉。 端的に言えば「合理主義を重んじる」ということが前提としており、それは大戦期に戦車将校として軍の中にある様々な非合理を見たことから来ているとされる。 具体的には「明治と昭和」を対置し、「封建制国家を一夜にして合理的な近代国家に作り替えた明治維新」を高く評価する一方で、昭和期の敗戦までの日本を暗黒時代として否定している。 そして、合理的で明晰な思考を持った人物たちを主人公とし、明治という時代を明るく活力のあった時代として描いた。 かくて、戦前のすべてを悪しきものとして否定する進歩史観が猖獗を極めた戦後日本にあって、司馬作品のみならず司馬史観がもてはやされたのは容易に理解できるところである。 史料を読むだけでは歴史小説は書けません。史料のコピーと張り付けだけでは物語になりませんから、史料を埋める作業を行います。そのときに意識的・無意識的にかかかわらず、その物語の書き手の歴史観が入ります。それが史観と言われるものです。司馬さんが書いた小説に入っている歴史観を、司馬史観と言います。おおむね、司馬史観は「明るい明治、 […]