三橋貴明

1/6ページ

コロナ恐慌! 財務省の自己防衛

コロナ恐慌! 財務省の自己防衛の詭弁をぶち壊せ!     財務省は今、安倍内閣下で増えた「自由に使える血税」の「全て」を、国民のためでなく自分のために活用しているのです。   歴史を失い解体される日本国民へ     令和恐慌へ、ひた走る財務省      

安倍政権の「小さな政府」主義が我々を殺している

国難の陰には、いつも竹中平蔵がいる。 日本政府は(第二次安倍政権発足前から)全国の保健所を次々に閉鎖していきました。 さらに、病院の病床数も削減。安倍総理大臣は2019年10月28日、経済財政諮問会議において、「持続可能な地域医療体制を構築するため」とのお題目で、病院の統廃合(=削減)や「過剰な」ベッド数の削減などを進めるよう関係閣僚に指示しています。ただでさえ減っている病床数を、さらに減らせ、と […]

安倍は財務省と、米、中。経団連の操り人形

コロナを防ぎたい政府要請。休校とイベント中止を要請する本当の狙いとは?   政府は、小中高全国一律休校により休業を余儀なくされる子育て世帯への支援として、現金給付案を打ち出していますが、財源は「予備費」。規模も小さく、しかも一回限り。 「小さく、短期で、一回限り」 であれば、財務省は認めます。逆に、 「大きく、長期で、継続的」 な予算拡大は断固として認めない。 6月末に終わりますが、キャ […]

法人税減税は利権の為

法人税減税しなければ企業が逃げるは嘘 アイルランド総選挙で、シン・フェイン党(元IRAの政治部門)が躍進し、過去の二大政党がいずれも過半数を獲得できない状況になっています。 例により、二大政党(統一アイルランド党、共和党)側はシン・フェイン党との連立を拒否。民主党が躍進したスウェーデンと同じ構造になりました。 また、横浜港に停泊中の大型クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、新たに65名の感染 […]

緊縮財政を破壊しない限り日本叩き売りは続く

三橋TV第196回【扇の要(緊縮財政)を破壊しない限り日本叩き売りは続く      日本の外務省が、中国における新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国全土に滞在する日本人に、「日本への早期の一時帰国」 を呼びかけ、同時に渡航検討者へは渡航延期の検討を呼び掛けるスポット情報を出しました。  外務省は12日、中国での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、中国全土の在留邦人や渡航検討 […]

安倍政権は何もしない事で

安倍政権は結局スローガンだけで何もする気はない 拉致問題、憲法改正、少子化対策、デフレ脱却。。。。 結局のところ、安倍は保守層受けするスローガンを叫びつづけ。安倍さんなら、と、思わせぶりで、実のところ、何一つやろうとする気配すら感じない。デフレ脱却などは、7年間も叫び続けているわけだ。少子化対策や拉致問題で、政府が動いた形跡も見当たらない。それどころか、売国に勤しんでいるとしか思えない安倍の実態を […]

三橋TV第181回~第189回

三橋TV第181回【「現在を支配する者が過去を支配する」恐怖の現実】   三橋TV第182回【日本で「財政政策」が支持されない究極の理由】   三橋TV第183回【元・熱烈なグローバリストが「プロパガンダ」を語ってみた】   三橋TV第184回【戦慄!デフレが継続すると日本人が消滅する!?】     三橋TV第185回【安倍総理大臣の「政治」を完璧 […]

日本は過去20年間全く成長していない

  世界経済が堅調に成長を続ける中、日本は過去20年間全く成長することができませんでした。 私たちが汗水垂らしてなんとか所得を「維持」している中、中国人をはじめとした外国人はぐんぐん所得を増やして行きました。日本人は相対的に貧乏になっています。一時期、大量にいた爆買い中国人も“安い”日本製品を買い付けにきていたということです、、、 日本人が嘘に洗脳されずに、本来の正しい政策を取っていれば […]

アベ・ショックが始まった

アベ・ショックが始まった 消費税の政策的な意味は、実は消費に対する罰金です。 炭素税は二酸化炭素排出企業に対する罰金であり、タバコ税はタバコを吸うことに対する罰金。特定の行動をさせないための罰金としての税ですから、消費税は消費を減らすことが政策目的になります。実際、消費増税で実質消費の量が確実に減ります。たとえば、2014年4月の8%への消費増税のときには年間で8兆円分の消費が実質で減りました。 […]

1 6