親日

日本人を裏切るな!」 92歳マハティール首相と日本の縁7/9(月) 6:31配信

「日本人を裏切るな!」 92歳マハティール首相と日本の縁7/9(月) 6:31配信 マハティール・モハマド(Yanbei/Wikimedia Commonsより) 日本軍人は律儀だった  6月12日、92歳のマレーシア首相であるマハティール・モハマド氏と安倍首相との会談が実現した。 マレーシアの前政権は親中的と見られていたが、無類の親日家として知られるマハティール首相が再登板したことで、その路線が変わることを期待するのは安倍首相だけではないだろう。  マハティール氏が前回の首相就任時に「ルックイースト(日本を見習え)政策」を掲げたことはよく知られている。これは簡単にいえば日本を手本にして経済成長をしよう、という政策だが、マハティール首相は決して、日本が高度成長したから「見習おう」と言ったわけではない。その「親日感情」は戦時中にも培われていたようだ。 マハティール氏の著書『立ち上がれ日本人』には、訳者である加藤暁子氏による長い解説が収録されている。そこでは、マハティール氏と日本にまつわる「いい話」がいくつも紹介されている。同書より抜粋、引用してみよう。 1945年、マレーシアは日本の占領 […]