反日の実態

池上彰パクリの帝王の手口

ジャーナリストの池上彰氏に浮上した「意見パクリ疑惑」が「いけがmetoo」運動として、広がりを見せている。 発端となったのは、フジテレビ系で放送された『池上彰スペシャル』で、政権批判をした「一般人の小中学生」が、実は芸能プロダクションに所属する子役だったことが判明し、炎上したこと。 これを見た評論家の八幡和郎氏が、自身のTwitterとFacebookで「池上彰氏の番組から取材があって時間を取られたあと、『池上の番組の方針で、番組では八幡さんの意見ではなく池上の意見として紹介しますがご了承いただけるでしょうか』といわれた」と言われ断固拒否したエピソードを紹介したのだ。 すると、会社社長の宮下研一氏も、八幡氏のFacebookに「全く同様の経験があります。私が関連するホームページの中身をテレビで発表したいと言って事務所の人間が取材。こちらも喜んで懇切丁寧に説明しました。ところが、最後に『池上の方針で池上の意見として』と、全く同じ言い方をしたのです。何が池上の方針だ!」 とコメント。八幡氏同様自身のアイディアを「池上彰氏の意見として発表したい」と言われたことを明かす。 さらに、元警視庁通訳 […]

在日誕生秘話

            日本のメディアは国民に真相真実を伝えているのか?!メディアの印象操作と偏向報道!溶け始めた日本の新聞テレビ雑誌!【須田慎一郎×阿比留瑠比×小川榮太郎×花田紀凱×門田隆将】

安倍と竹中の売国戦略が日本を滅ぼす。

新自由主義をまっしぐらに突っ走る安倍政権。その背後には守銭奴竹中平蔵平蔵と孫正義がいる では、まず竹中平蔵平蔵の素性を語らなければならないばならない。 構造改革による「供給(サプライ)サイド」改革は、「需要サイド」にも効果を及ぼすはずだというのが竹中平蔵の理屈だった。〝構造改革〟は実際には「政治的な戦略判断」で進められたものでした。もちろん「政治的な戦略判断」をしたのは小泉純一郎元総理です。そして「官から民へ」「改革なくして成長なし」という小泉氏の政策を実行したのが竹中平蔵平蔵でした。この〝構造改革〟で肝心なのは「医療、介護、福祉、教育など従来主として公的ないしは非営利の主体によって供給されてきた分野に競争原理を導入する」ことにあります。そこにはさまざまな利権が発生してきます。 どうやって売国奴であり守銭奴であり詐欺師である竹中平蔵平蔵のような人物が形成されたのか 『市場と権力 「改革」に憑かれた経済学者の肖像』 (著:佐々木実)引用 彼は銀行員から出発して経済学者へ転身します。学者といっても経済理論の追求ではなく経済政策・国家政策に関わることに早くから関心を寄せていました。経済学者と […]

同和、在日の陰謀で作られる日本

同和、在日の陰謀で作られる 日本元公安調査庁 調査第二部長 菅沼光弘氏が語る日本の真実。 「ヤクザなしには多くの事業や企業が立ち行かない。ヤクザの6割が同和、3割が在日。この国は反日勢力の陰謀で動いている。ヤクザが右翼を兼業している右翼の凱旋はかなり儲かる。」  この国では財務省も報道も北朝鮮や韓国と癒着し、国民の大多数を裏切っている。政治家トップは常に操り人形状態なのである。操り人形でなければ排除される。要するに取り替えのできる政治ピン芸人。

沖縄反基地プロ市民

反基地運動とプロ市民 宜野湾市の騒音訴訟では、「訴訟を起こせば金儲けができる」として住民から会費を徴収して訴訟を起こしている市議がいるという。 普天間騒音訴訟では3500名が訴訟に参加して、訴訟団体は約2億円以上を受け取っているのだ。   普天間騒音訴訟では住民一人当たり保証金70万円の支払い判決が出ている。 このように「反基地」で金儲けをしている政治家、弁護士、マスコミは大変多い。   公安調査庁の資料によると、辺野古移転反対運動に革マル派などの過激派が含まれている。 革マル派とは1970年代に猛威を振るった左翼運動の過激グループで、思想的に中国を母国としている。 中国共産党の指示によって日本で革命を起こし、日本政府と天皇を倒して共産国家の実現を目指している。 沖縄の反基地運動もまた中国を思想の拠り所にしている点で共通している。 「沖縄独立」を言い出したのは中国だし「琉球は独立国だった」と言いふらしているのも中国です。 「日本が植民地支配する前の琉球は中国との貿易で栄えていた」という嘘もついている。 無礼を承知で言えば、沖縄の人は無知で扇動されやすいので、こうした […]

反日の起源エドガートン・ハーバート・ノーマンの

E・ハーバート・ノーマン略歴 歴史家・外交官、E・ハーバート・ノーマンは、1909年9月1日、カナダ人宣教師の第3子として長野県の軽井沢で誕生。トロント大学、ケンブリッジ大学、コロンビア大学、ハーバード大学で学び、1939年カナダ外務省に入省。 第二次大戦後、米国の要請によりカナダ外務省からGHQ (連合国軍総司令部) に出向し、占領下の日本の民主化・改革に携わった。1946年8月、駐日カナダ代表部首席に就任。1951年9月、サンフランシスコ対日講和会議のカナダ代表首席随員。1953年、駐ニュージーランド高等弁務官に就任。1956年、駐エジプト大使兼レバノン公使に就任。 1956年、スエズ動乱勃発に際し、平和維持と監視のための国連緊急軍導入に功績を残した。しかし、冷戦下の狂信的なマッカーシズムの嵐に巻き込まれ、1957年4月4日、任地カイロで自死を遂げる。   評論家の江崎道朗氏は、ノーマン復権を唱えたダワー教授の理論の下敷きになったのがベトナム反戦運動を展開したニュー・レフト(新左翼)だった。彼らは、ソ連の支援を受けた北ベトナムが勝利し、共産政権ができれば、東南アジアにも共 […]