USAの動向

アジア再保証イニシアチブ法案

米国のトランプ大統領は昨年12月31日(米東部時間)、議会が可決した「アジア再保証イニシアチブ法案(Asia Reassurance Initiative Act of 2018, ARIA)」に署名、同法案は即日発効した。中華民国総統府はこれに対し、心からの歓迎と感謝の意を表明した。 総統府の黄重諺報道官が1月1日に説明したところによると、「アジア再保証イニシアチブ法」は米国が台湾の安全保障に関する約束を改めて示すと共に、台湾と米国のより緊密な関係を支持し、米国と台湾をはじめとする地域のパートナーとの交流を評価するもの。同法案の可決と発効は、台湾と米国が共に持つ、自由と民主、人権などの価値を象徴している。また、米国の「台湾関係法」が制定から40年目に入る今、同イニシアチブ法が成立したことは大変意義深いという。 黄報道官は、米国は台湾にとって国際社会で最も重要な盟友だとした上で、台湾と米国の継続的かつ良好な関係と安定した東アジア情勢は、台米を含むこの地域の各方面にとって極めて重要だと指摘、台湾は今後も米国と密接な意思疎通を行い、様々な分野とレベルでパートナーシップを深めていくと強調した […]

ペンス米副大統領 対中方針演説 (2018)

【日本語字幕】ペンス米副大統領 対中方針演説 (2018)【ノーカット】   ペンス副大統領による現政権の対中政策演説 掲載日:2018年10月4日 会場:ワシントンD.C. ハドソン研究所 丁寧な紹介をありがとうケン。評議員の皆様方及びマイケル・ピルズベリー博士、そしてこの場にいらっしゃる素晴らしいゲストの皆様と「常識にとらわれずに将来を考える」という使命に燃える皆様方。このハドソン研究所に戻ってこられたことは光栄です。 この半世紀以上御研究所は「世界の安全保障、繁栄そして自由を前進させるため」に専心してこられました。そしてハドソンの所在地が様変わりしてきた間も、ここには変わらぬものが一つありました。皆様は常に生きた真実を明らかにし続け、それによりアメリカの指導者層は方針を見定めてきました。 指導者層の話をすれば、本日国内および海外におけるアメリカ指導者層の偉大な闘士から皆様へ宜しく伝えてくれと、第45代アメリカ合衆国大統領であるトランプ閣下から承りました。 この政権の初めより、トランプ大統領は中国及び習主席と優先的に関係を築いてきた。昨年の4月6日にトランプ大統領は、習主 […]