文化大革命特集

中国 文化大革命とは

1965年(昭和40年)11月10日、姚文元は上海の新聞「文匯報」に「新編歴史劇『海瑞罷官』を評す」を発表した。毛沢東はこれを機に、大躍進政策の失政を理由に、自分を最高権力者の座から実質的に追放した劉少奇、鄧小平、彭真ら実権派、すなわち、当時の中国政府の最高指導者たちに対する攻撃を始めた。毛沢東の最高権力奪還闘争の開始である。

1966年5月16日、実権派攻撃は成功し毛沢東は再び最高権力を掌握した。

中国共産党中央政治局拡大会議で毛沢東による「中共中央通知」が採択された。中央文革小組=新しい権力中枢機関の設置が決定された。1966年5月25日、中央文革小組の支持を受けた講師7人が北京大学指導部を激しく批判する壁新聞を張り出した。

1966年5月29日、精華大学付属中学の学生によって紅衛兵が組織された。毛沢東はこれらの動きを積極的に支持した。これを契機に暴力団組織として悪評高い紅衛兵組織が、中国各地で続々と結成された。
毛沢東が天安門上から接見した紅衛兵の人数は1,000万人以上といわれる。

1966年8月8日、中国共産党十一中全会で、「プロレタリア文化大革命についての決定」が採択された。「資本主義の道を歩む実権派を叩き潰すこと」と「思想・文化・風俗・習慣面での四旧の打破と四新の創造」という二つの目標が決定された。劉少奇の党内序列が8位に格下げされた。鄧小平は平の党員に格下げされた。劉少奇、鄧小平は軟禁された。

 

劉少奇国家主席は、なぶり殺しにされた

 

劉少奇軟禁された国家主席・劉少奇は病におかされるが、散髪や入浴も着替えも許されず、監視員には殴られ続け、医師には注射針をいたるところに突き刺されるなどの執拗な暴行を受け続けた。高熱をだしても治療も受けられず放置された。体中の皮膚が膿に冒され悪臭を放つようになった。1969年10月,開封市に移送された。寝台にしばりつけられて身動きができぬ状態で、地下の暖房のない小部屋に幽閉された。
ついには劉少奇は発狂した。死亡の際には白髪が2メートルの長さに達し、かっての面影は全く失われ、まさしく幽鬼と化していた。この残虐な復讐方法は毛沢東が人間性を持たない悪魔であったことを示している。

業界で話題の恋愛コミュニティサイト
【まずは無料体験!】

彭徳懐元帥は拷問で殺された

 

彭徳懐元帥中国人民義勇軍の総司令官であった彭徳懐は、北朝鮮から「朝鮮民主主義人民共和国英雄」の称号を贈られた。中国においては元帥に昇格した。国務院副総理、初代国防部長を務めた。しかし大躍進政策を批判して、毛沢東の逆鱗にふれ失脚した。文化大革命では、哀れ、紅衛兵たちに、反革命分子として曳きたてられ、大衆の面前で容赦なく吊し上げられた。さらに、紅衛兵たちの凄まじい暴行を受け、肋骨を2本折られた。その後遺症で下半身不随となった。その後、癌による死の床では、鎮痛剤の注射を拒否され、下血と血便にまみれた状態のままのベッドとシーツに何日も放置された。監禁病室で全ての窓を新聞紙に覆われたままで約8年間を過ごした。死の直前、窓を開けて最後に空を一目見せてほしいと嘆願したが拒否され拷問死した。中華人民共和国の建国と国防に、必死に、誠実に尽力した、忠誠心あふれる愛国者であった老軍人の、あまりにも悲惨な、歴史上にも類をみない拷問死であった。

 




林彪

 

林彪は1958年に党中央政治局常務委員に任命されて党副主席の一人となり、党内序列第6位の地位にあったが、1966年の第8期11中全会において党内序列第2位に昇格し、国防部長を兼任したまま単独の党副主席となり、軍政両面の権限を掌握し始めた。さらに1969年の第9回党大会で、毛沢東の後継者として公式に認定された。しかし、劉少奇国家主席の失脚によって空席となっていた国家主席の廃止案を毛沢東が表明すると、林はそれに同意せず、野心を疑われることになる。
1970年頃から林彪とその一派は、毛沢東の国家主席就任や毛沢東天才論を主張して毛沢東を持ち上げたが、毛沢東に批判されることになる。さらに林彪らの動きを警戒した毛沢東がその粛清に乗り出したことから、息子で空軍作戦部副部長だった林立果が中心となって権力掌握準備を進めた。

1971年9月13日、人民解放軍が所有するイギリス製のホーカー・シドレー トライデント旅客機で山海関空軍基地を強行離陸し、ソ連に向けて逃亡中にモンゴル人民共和国のヘンティー県イデルメグ村(モンゴル国ヘンテイ県ベルフ市の南方10キロ付近)で墜落死した。

 

ミラー型360度全方向ドライブレコーダ 17,600円税込み検品保証NO1ショップ運用歴10年の老舗、カー用品専門店 液晶王国

羅克

 

遇羅克1942年 – 1970年3月5日)は中華人民共和国の思想家、政治家。北京人民機器廠の学徒工員。文化大革命(文革)中に、文革派を批判する出身論などの文章を発表し、処刑された。1966年2月13日、文匯報紙に「機会唯物論との闘争を行うときは来た」とする文章を発表し、戯曲『海瑞罷官』に対して姚文元がおこなった批判(新編歴史劇『海瑞罷官』を評す)に反対する立場を取った。姚の文章は、文芸評論の形式を取りながら当時の北京市の共産党幹部を攻撃するもので、文化大革命の端緒となったものであった。北京大学の学生で、最高検察院副検察長の譚政文の息子である譚力夫が自身の正当性を喧伝するため、「親が英雄なら子は好漢、親が反動なら子はバカ者」「基本はかくの如し」とする「血統論」を展開して文革推進派もこれを黙認した。

当時、「紅五類」(労働者、貧農、革命幹部、革命軍人、革命烈士)「黒五類」(地主、富農、反革命分子、悪質分子、右派分子)というように両親の職業による分類が幅を利かせており、「先天的な罪人」として悲惨な結末を迎えた青年が多数いる現実から、1966年12月に「出身論」を北京の王府井で発表し、「人為的な溝」と血統主義と譚力夫を批判した。

この反論に紅衛兵に迫害された黒五類らから反響は大きかったが、1967年4月14日に戚本禹が『出身論』は大毒草であると批判し、1968年1月5日に遇羅克は逮捕された。「悪辣な攻撃」「暗殺を行おうとしていた」「反革命集団を組織していた」と批判され、1970年3月5日に北京工人体育場で死刑が宣告され、即時執行された。

 

1.紅衛兵的誕生

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

2.造反有理的狂瀾

 

 

ミラー型360度全方向ドライブレコーダ 17,600円税込み
検品保証NO1ショップ運用歴10年の老舗、カー用品専門店 液晶王国

 

 

3.下放-青年大移動

 

 


4.改革開放的胎動

 

 

 

文化遺産の徹底的破壊

 

 

紅衛兵は文化遺産を徹底的に破壊した。寺廟などの宗教施設が徹底的に破壊された。例えば、後漢時代に建立され、文革当時、現存する中国最古の仏教寺院であった洛陽郊外の白馬寺、及び、後漢時代から残る
貴重な文物の数々はことごとく破壊された。山西省代県にある天台寺の1600年前に作られた彫刻や壁画も破壊された。四川省成都市にある蜀時代の城壁は現存する世界最古の城壁であったが破壊された。明王朝皇帝の万暦帝の墳墓が暴かれ、万暦帝とその王妃の亡骸がガソリンをかけられて焼却された。中国屈指の書道家王羲之が書き残した書も破壊された。あらゆる仏像が破壊され、経典が燃やされた。チベットでは6,000箇所の仏教寺院がことごとく破壊された。文化大革命が終わったときには8箇所しか残っていなかった。

こうして中国民族や周辺諸民族が数千年かけて築き上げてきた文化遺産はことごとく破壊されてしまった。そのため、現在、中国の諸都市には、人口数百万人の都市に1つか2つ程度の寺院しかないのが一般的であり、
それらもほとんどが80年代以降に再建されたものである。再建したところで歴史的価値は戻らない。

 

紅衛兵は農村や辺境地域に追放された

1968年、紅衛兵活動の停止措置がとられた。毛沢東の忠実な走狗(そうく)であった紅衛兵は、毛沢東の最高権力奪還後は、用済みということで、「知識青年・下放運動」が展開され、彼らは、農村や辺境地域に放逐され、肉体労働を強いられた(懲役刑に処せられた)。

毛沢東の支配下においては、毛沢東語録以外の余計な知識は全く不要だから、農村や辺境地域で、肉体労働で毛沢東語録を実践せよとのご託宣であった。
年間167万人~267万人の知識青年が下放されたといわれる。

 

中国には「狡兎(こうと)死して、走狗(そうく)煮らる」ということわざがある。 「獲物であるすばしこい兎が死んでしまうと、猟犬は用がなくなり、煮て食べられる」という意味である。つまり、事が成ってしまうと、それまで役に立っていたものは必要なくなり、処分されるということである。

 

毛沢東は文化大革命を死ぬまで継続させた。国民の幸福を願うとか、健全な国家を建設するとかいう考えは毛沢東の頭の中にはまったくなかった。

毛沢東の頭の中にあったことは、手にした最高権力は絶対に手放さない、自分を凌ぐ者の登場は絶対に許さない、ということだけであった。いささかでも、自分の意に逆らうものは、問答無用で殺戮を繰り返した。

71年、後継者とみられた林彪が失脚し、76年1月には首相の周恩来が死去。同年6月に毛沢東も死去すると、首相の華国鋒は四人組を逮捕。こうして、中国の政治・経済・社会を大混乱に陥れた10年にわたる文化大革命は終結した。中国共産党は被害の実態を公表していないが、約1億人が被害を受け、死者は1000万人にのぼるという説もある。

中国では、文化大革命に触れないという中国政府の教育方針により、小学生、中学生にもそれを知らない者が多くなったと報道されている。

中華思想カテゴリの最新記事