財政法第4条の呪縛

財政法第4条の呪縛

財政法第4条

 

  1. 国の歳出は、公債又は借入金以外の歳入を以て、その財源としなければならない但し、公共事業費、出資金及び貸付金の財源については、国会の議決を経た金額の範囲内で、公債を発行し又は借入金をなすことができる。
  2. 前項但書の規定により公債を発行し又は借入金をなす場合においては、その償還の計画を国会に提出しなければならない。
  3. 第1項に規定する公共事業費の範囲については、毎会計年度、国会の議決を経なければならない。

 

消費増税と財政法第四条 / 奨学金 地方自治体での助成と支援

 

 

キャスター:佐藤健志・佐波優子

■ VTR:『平和主義は貧困への道―または対米従属の爽快な末路』プロモーション動画

■ ニュースPick Up  ・トランプの外交戦略と各国の思惑

■ 消費増税と財政法第四条

■ 奨学金 地方自治体での助成と支援

 

財務省カテゴリの最新記事