歴代天皇 27代安閑天皇

歴代天皇 27代安閑天皇

第27代天皇。継体(けいたい)天皇の長子。母は尾張連目子媛(おわりのむらじめのこひめ)。諱(いみな)は勾大兄(まがりのおおえ)。国風諡号(しごう)は広国押武金日尊(ひろくにおしたけかなひのみこと)

『日本書紀』安閑即位前紀に継体天皇25年(531)即位、元年紀には甲寅(きのえとら)年(534)即位とあって矛盾し、一方『書紀』に540年即位とある欽明(きんめい)天皇が、『法王帝説(ほうおうていせつ)』によると532年即位となる。そこで、継体の没後嫡子欽明が立ったが、まもなくこれに反発して庶兄安閑が並び立ったとも解しうる。『書紀』によると、皇居は勾金橋宮(まがりのかなはしのみや)(奈良県橿原(かしはら)市曲川(まわりかわ)町)、在位2年、古市高屋丘陵(ふるいちのたかやのおかのみささぎ)(大阪府羽曳野(はびきの)市古市)に葬られた。在位中、全国各地に30余りの屯倉(みやけ)が設置されたと伝えるのは、安閑朝が動乱期であったことを示すものであろう。

[黛 弘道]

ネットのみでもキャッシュバック45,000円【auひかり】

 

継体の死後10年ほど、王権をめぐって2つの王統が紛争を続けていたと言う事になるのである。もしそうなら、結果的には欽明がこの抗争に勝利したと言うことになるのだが、いささか奇抜な説のようにも見える。しかし継体が20年も大和に入れなかったことや、磐井の反乱がほんとに継体体制が不満で引き起こされたものだと考えるなら、継体死後もまだ抗争が尾を引いていたと考えられなくもない。

皇統一覧(歴代天皇)に戻る

天皇カテゴリの最新記事