歴代天皇60醍醐天皇

歴代天皇60醍醐天皇

元慶9年1月18日(885年2月6日)~延長8年9月29日(930年10月23日) 在位、寛平9年7月13日(897年8月14日)~延長8年9月22日(930年10月16日) 宇多天皇の第一皇子。諱を敦仁といい、内大臣・藤原高藤の娘である女御・胤子を母として生まれ、親王宣下ののち、寛平5年(893年)立太子した。

寛平9年7月13日、父・宇多天皇から譲位される際『寛平御遺誡』を賦与され、左大臣・近衛左大将・藤原時平、右大臣・近衛右大将・菅原道真を引き続き重用することを条件に即位、父帝の側近である藤原時平と菅原道真に政務を任せ、儀式の整備や格式及び国史の編纂、地方政治の振興など一連の政治的文化的政治改革が遂行された。

その治世は34年も長く続き、摂関を置かない親政を行ったため、後世、村上天皇の治世と併せて「延喜・天暦の治」と称えられた。また、天皇は延喜14年(914年)三善清行が提出した意見書・『意見封事十二箇条』に代表されるように官人に対して国政に関する意見封事を行わしめている。

昌泰4年(899年)1月25日、宇多上皇の信頼厚い道真時平ら藤原氏の讒言を聞き入れて太宰権帥に左遷、『政事要略』巻二十二には、左遷の際の宣命が載せられているが、これによれば「道真は分をわきまえず、専権の心があり、宇多上皇を欺いて天皇の廃立を企てた」とされている。

道真に対する処罰を知った宇多上皇は処分の撤回を申し入れようと御所の門前に立ち、終日庭に座して開門を侍ったが、天皇は上皇に会うことなく道真を太宰府へと左遷、政敵を葬った時平の権勢はいよいよ増していった。

延喜3年(903年)2月、大宰府で道真が死去すると、都では異変が立て続けに起こった。
雷鳴が轟いたと思いきや、多くの死者が発生する事件が起こった。さらに、皇子女の早世が相次ぎ、時平も39歳の若さで早世、これを怨霊となった道真の祟りと恐れて慰霊に努めたが、延喜23年(923年)には皇太子・保明親王が21歳で薨去、朝廷は道真を右大臣に復し、正二位を贈位、昌泰4年の左遷を命じた尚書も破棄したが、延長8年(930年)、清涼殿に落雷し藤原清貫が死亡、後に体調を崩して、9月22日、崩御した。

皇統一覧(歴代天皇)に戻る

日本最大級のお墓ポータルサイト「いいお墓」

 

菅原道真

菅原道真(すがわら の みちざね / みちまさ / どうしん、承和12年6月25日(845年8月1日) – 延喜3年2月25日(903年3月26日))は、日本の平安時代の貴族、学者、漢詩人、政治家。参議・菅原是善の三男。官位は従二位・右大臣。贈正一位・太政大臣。

菅原道真

忠臣として名高く、宇多天皇に重用されて、寛平の治を支えた一人であり、醍醐朝では右大臣にまで昇った。しかし、左大臣・藤原時平に讒訴(ざんそ)され、大宰府へ大宰員外帥として左遷され現地で没した。死後天変地異が多発したことから、朝廷に祟りをなしたとされ、天満天神として信仰の対象となる。現在は学問の神として親しまれる。

菅原道真は菅原是善の子で、祖父・清公から三代続いて学者となった家系であるが、道真は特に優秀で、幼少の頃から詩歌の才に恵まれた。当然のこととして学者を目指し、貞観6年(862年)に18歳で文章生となって以降、貞観9年には文章得業生となって学者の途を歩む出発点に立ち、異様な速度で文人としての頭角を現し始める。その速さに、貞観12年に官吏の登用試験に好成績で合格した際、規定なら三階位進めるべきところを、年齢と身分が不釣り合いになると2階位のみに留められたほどであった。

以後の昇進も速く、元慶元年(877年)、33歳の時に文人のトップである文章博士に登りつめている。
仁和2年(886年)に讃岐守にも任じられ、4年間現地へ派遣されて善政を布いた。この人事異動を左遷と見る周囲の目があったのであるが、道真も地方官である国守は菅原家の家業ではないと断言し、不遇意識を嘆いた。文章博士として学問を以て天皇に仕えることこそが先祖代々の仕事であり、したがって、道真にとって、都を離れて地方に赴くことなど、ありうべからざることだったのである。

菅原道真

なおこの間、仁和3年(887年)に参議・橘広相(宇多天皇の侍講)が起草した宇多天皇の詔勅の文言を発端とし、関白の藤原基経がストライキを起こす事件が起こった際、「これ以上紛糾させても藤原氏の得にならない」との書状を基経に送り、宮中の人間が止められずにいたところをうまく調停するなどのできごともあった(阿衡事件)。

寛平2年(890年)に讃岐から帰京すると、道真は政治改革を進めようとする宇多天皇の恩顧を得ることになる。それまで外戚(皇室の姻族)として権勢を振るって来た藤原氏に珍しく有力者がいないことを機と見て、違う氏族の道真を登用してを藤原氏の力を弱めようとしたのである。

寛平3年には式部少輔に復しただけでなく、将来の公卿の地位が約束される蔵人頭となり、左中弁という要職も兼任し、栄達の途を歩み始めた。
寛平7年には中納言、寛平9年に権大納言・右大将と目覚ましい昇進ぶりであり、同年に宇多天皇が譲位し醍醐天皇が即位した以降も、宇多上皇からの後押しにより重用され、最終的に、7年で従五位上から正三位まで行くという猛烈な出世を遂げた。この間の事跡として、遣唐使の廃止がある

。寛平6年(894年)に遣唐大使に任命された際、唐の衰退が著しい(13年後の延喜7年(907年)に滅亡)ことから中止を建言、その後唐が滅びたことで、結果的に遣唐使自体が廃止されることになったものである。

昌泰2年(899年)にはついに異例の右大臣に昇進、朝廷のトップ近くまで登りつめた。しかしこのことによって、藤原氏・源氏などの有力貴族の反発がどんどん強まったほか、下級貴族にも政策に不安を感じてそれに追随する者が多く、次第に政敵が増加。

貴族社会の身分秩序を乱す、学者出身者の異例な栄達は、家柄を誇る貴族たちには到底認められなかったのである。このような雰囲気の中で道真は右大臣となっていた。
それを知った同じ学者でライバルの三善清行が、そろそろ政界を退いた方がよいと忠告をしたが、確執もあり無視されてしまう。

そしてついに従二位に上った昌泰4年(901年)、左大臣・藤原時平により醍醐天皇を廃位して弟の斉世親王(道真の娘婿)を即位させようとしていると訴えられてしまう。これにより、道真を罪人として大宰府に大宰権帥(だざいのごんのそち)として左遷するという醍醐天皇の命が下された。処分を知った宇多上皇は、命令を撤回させようと醍醐天皇の御所を訪れたが、御所に入ることもかなわず、夕暮れにやむなく立ち去ったという。
この一連の事件には、「根拠がない讒言であった」という見解と、「宇多上皇からの政治干渉を嫌った醍醐天皇が、自分と親しい時平と組んで、宇多上皇に後押しされている道真を失脚させた」という見解がある。

この命からわずか6日後に道真は大宰府(福岡県太宰府市)へ向かう。道真には多くの子供があり、正確には分からないが標準的な系図によれば男11人、女3人の子供が挙げられているが、そのうち、大宰府に連れて行くことが許されたのは幼い子供だけであった。京の家では妻と年長の娘たちが留守を守ったが、門前の木を売り、在地の一部を賃借しするなど、留守宅の生活もしだいに苦しくなっていった。

よく勘違いされているが、この大宰権帥自体は、兵権をも預かる平安末期まで実質的な大宰府のトップで、貴族の憧れの官職であった。しかし道真の場合は「大宰員外帥(だざいのいんがいのそち)」と呼ばれるもので、名前だけの高級官人左遷用ポストとして使われたものであった。

このため大宰府の人員のうちにも数えられないばかりか、大宰府本庁にも入れてもらえず、ずっと南のぼろ屋で侘び暮らしを強いられていた。「都府楼(大宰府本庁)はわずかに瓦が見えるばかり、観世音寺(大宰府に附属する寺)はただ鐘の音が聞こえるだけ」と漢詩に詠んだのも、遠くに追いやられていたためである。道真は大宰府に流されると、幾度か天拝山に登って天を拝し、みずからの無実を訴えたと言われる。

2年をこの地で過ごした道真は、延喜3年(903年)2月25日、そのまま京に帰ることなく、失意のうちに配所で没した。享年59であった。墓地は現在の太宰府天満宮である。埋葬地を探して牛車に遺体を乗せて運んでいたところ、いきなりこの場所で動かなくなったため、道真の意思であるとして葬ったものと言われている。

菅原道真が大宰府で没した直後から、都では天変地異が相次ぎ、災害、関係者の非業の死などが重なった。まず追放した張本人の藤原時平が若くして急死し、その後も皇族や貴族が相次いで急死する。当時は政争に敗れて非業の死を遂げた人物が「御霊」=怨霊となって祟りをなすという「御霊信仰」が浸透していたため、道真が怨霊となって祟りを成したと恐れた朝廷は、道真の罪を許して右大臣に戻し、正二位を贈った。

しかし異変は止まらず、ついに延長8年(930年)、天皇が政務を執る宮殿である清涼殿に落雷が起こり、稲妻が柱を直撃、隣の紫宸殿にも電撃が走った。大納言・藤原清貫をはじめとして清涼殿だけで2名死亡、紫宸殿でも5名が死亡する大惨事となった。

当時の天皇・醍醐天皇は被害を免れたものの、このすさまじい光景(文献によれば、藤原清貫は衣類に火がついた上に胸を裂かれて即死、近くにいたとされる平希世も顔面を焼かれて虫の息と、まさに地獄絵図であった)に衝撃の余り体調を崩され、3ヶ月後に崩御した。

この事件と、死亡した藤原清貫が左遷後の道真の監視役であったことなどから、ただでさえ怨霊の仕業だとして震えていた朝廷や人々の恐怖は頂点に達した。このため人々により雷神=天神に結びつけられ、「天神様」として神格化の上祀られることとなった。

また朝廷でも事件から約60年後に正一位と左大臣とし、さらに太政大臣と次々に贈位して、道真の魂を鎮めることに必死となった。 これには、時平が早世して子孫が振るわなかった事と、道真と同じく宇多天皇寄りであったうえに、妻の源順子(宇多天皇の養女)が道真の姪であった可能性もある藤原忠平(時平の弟)の子孫が繁栄した事もあるとされる。

さらに『将門記』には、道真が八幡神に取り次いで平将門を新皇にさせたという。それほどまでに「道真=怨霊」のイメージは強かった。もっとも、大宰府にいた本人は左遷されたことや醍醐天皇・時平に対して、恨み辛みを述べてはいなかったという。

その後、御霊信仰が次第に衰退するにつれて、道真の本来の性格の方が重視されて学問の神として信仰されるようになり、現在に至っている。

祟りが恐れられた菅原道真の霊をやすめるため都の北野の地に社殿が造営されたのであるが、後世それが発展し現在の「北野天満宮」となっているのである。その他各地の天満宮、天神社に祭られている。
神号は天満大自在天神、日本太政威徳天、火雷天神など。
また「学問の神」としてのみならず、古来道真は天子に対する忠義の心によって多くの人々に慕われている。

 

天皇カテゴリの最新記事