歴代天皇47 淳仁天皇

歴代天皇47 淳仁天皇

淳仁天皇(じゅんにんてんのう、733年(天平5年) – 765年11月10日(天平神護元年10月23日))

(在位:758年9月7日(天平宝字2年8月1日) – 764年11月6日(天平宝字8年10月9日))。諡号は明治時代になってから付けられたもので、古文書では廃帝(はいたい)または淡路廃帝(あわじはいたい)と呼ばれる。

天武天皇の皇子・舎人親王の七男として誕生する。母は当麻老の娘・当麻山背。だが、3歳で父が没したこともあって、天皇の孫でありながら官位を受けることもなく、存在が注目されることもなかった。

756年に没した聖武天皇の遺言によって新田部親王の子の道祖王が立太子したが、天平勝宝9年3月29日(757年4月22日)に孝謙天皇によって道祖王は廃され、4日後の同年4月4日(4月26日)、光明皇后(藤原光明子)を後ろ盾にもつ藤原仲麻呂(後に恵美押勝に改名)の強い推挙により大炊王が立太子した。天平宝字2年(758年)に孝謙天皇から譲位を受け践祚した。同時に孝謙天皇は、太上天皇(孝謙上皇)となった。

 

光明皇太后が亡くなると,道鏡の処遇をめぐって孝謙上皇と淳仁・仲麻呂の不和が表面化し,皇権の分裂を生み,国家の大権はむしろ上皇側が握ることになった。同8年9月,追いつめられた仲麻呂は乱を起こして局面の打開をはかったが,逆賊として追討され敗死した。同時に淳仁天皇も廃帝となり,淡路に流されて配所の一院に幽閉された。天平神護1(765)年10月廃帝は逃走をはかったが,捕らえられ,院中で33歳の生涯を閉じた。宝亀9(778)年3月,淡路国三原郡の墓は山陵扱いとなったが,弘文・仲恭両天皇と共に淳仁の諡号が贈られたのは明治3(1870)年のことである。兵庫県南淡町の天王森丘が陵所とされる。

平宝字8年(764年)9月、上皇との対立を契機に恵美押勝の乱が発生、天皇はこれに加担しなかったものの、仲麻呂の乱が失敗に終り天皇は最大の後見人を失った。乱に加わらなかった理由については、既に上皇側に拘束されていたからだとも、仲麻呂を見限って上皇側との和解を探っていたからだとも言われている(仲麻呂は天皇を連れ出せなかった為、やむなく塩焼王を新天皇に擁立することを企てた)。

乱の翌月、上皇の軍によって居住していた中宮院を包囲され、そこで上皇より「仲麻呂と関係が深かったこと」を理由に廃位を宣告され、5日後の天平宝字8年10月14日(764年11月11日)、親王の待遇をもって淡路国に流される。淳仁天皇は廃位、太上天皇は追号されず、上皇は重祚して称徳天皇となった。だが、淡路の先帝のもとに通う官人らも多くおり、また都でも先帝の復帰(重祚)をはかる勢力が残っていた。このような政治動向に危機感をもった称徳天皇は、翌天平神護元年(765年)2月に現地の国守である佐伯助らに警戒の強化を命じた。この年の10月、廃帝は逃亡を図るが捕まり、翌日に院中で亡くなった。公式には病死と伝えられているが、実際には殺害されたと推定され、葬礼が行われたことを示す記録も存在していない。敵対した称徳天皇の意向により長らく天皇の一人と認められず、廃帝または淡路廃帝と呼ばれていた。

 

皇統一覧(歴代天皇)に戻る


天皇カテゴリの最新記事