歴代天皇9・開化天皇

歴代天皇9・開化天皇

開化天皇(かいかてんのう、孝元天皇7年 – 開化天皇60年4月9日)

日本の第9代天皇(在位:孝元天皇57年11月12日 – 開化天皇60年4月9日)。

和風諡号は、『日本書紀』では「稚日本根子彦大日日天皇(わかやまとねこひこおおひひのすめらみこと)」、『古事記』では「若倭根子日子大毘毘命」。

『日本書紀』・『古事記』とも系譜の記載のみに限られ、欠史八代の1人に数えられる。

父は孝元天皇。母は鬱色謎命(うつしこめのみこと)。伝説上の人物ともいわれる。「日本書紀」によると,都は春日(かすが)の率川(いざかわの)宮。開化天皇60年4月9日死去。111歳。墓所は春日率川坂上陵(さかのえのみささぎ)(奈良市)。別名は稚日本根子彦大日日天皇(わかやまとねこひこおおひひのすめらみこと)。

父孝元天皇の皇妃で、物部氏の遠祖にあたる伊香色謎命(いかがしこめのみこと)を皇后としたが、古事記には相当数の皇妃が顔をのぞかせている。古事記の全編が系統の説明である。
何とか姫に産ませた子が誰それでという記述が延々と続く。

 

日本国第九代の天皇。本名、稚日本根子彦大日日尊(ワカヤマトネコヒコオオビビノミコト)。
いわゆる欠史八代の1人で、実在しない天皇と捉える見方が一般的とされていたが、稲荷山古墳が出土した際に、彼の兄弟である孝元天皇の皇子で、後に崇神天皇が北陸道へ派遣した四道将軍の1人である大彦命(おおひこのみこと)について記された鉄剣が発見されたことから、孝元天皇と同様に彼の実在もほぼ確実視されるようになった。

開化天皇陵(かいかてんのうりょう・春日率川坂上陵・念仏寺山古墳)は、近鉄奈良駅やJR奈良駅からほど近い中心市街地にぽっかりと穴を開けるように位置する古墳であり、奈良駅周辺に存在するものとしては現存する唯一の古墳となっています。街並みの中から直接古墳を眺めることが出来る場所が限られており(ビル・ホテルの上層階など)、その位置関係は分かりにくくなっていますが、三条通り内、「ホテルフジタ」の西隣には古墳へと伸びる参道があり、そこから古墳の近くまで入ることが可能となっています。

現在は周辺でその他の古墳跡は一切目にすることが出来ませんが、開化天皇陵以外にも、JR奈良駅周辺の発掘調査では、平城京建設時に破壊されるまでは存在したとされる古墳群の痕跡が発見されています。そのため、現在は駅周辺に突如一つだけ現れるユニークな古墳である開化天皇陵も、かつては周辺の古墳群と一体を成す存在であったことが伺えます。

南側一帯は三条通り界隈、率川神社から北西に徒歩4分、漢国神社から南西に徒歩5分、蓮長寺から南に徒歩8分、興福寺から西に徒歩10分、猿沢池から西に徒歩10分

 

皇統一覧(歴代天皇)に戻る

天皇カテゴリの最新記事