歴代天皇12・景行天皇

歴代天皇12・景行天皇

景行天皇

皇室系譜に第12代と伝える天皇。『日本書紀』によれば、国風諡号(しごう)は大足彦忍代別尊(おおたらしひこおしろわけのみこと)。垂仁(すいにん)天皇の第3子で、母は日葉酢媛命(ひばすひめのみこと)である。

景行天皇元年に即位して播磨稲日大郎姫(はりまのいなびのおおいらつめ)(『古事記』は父を吉備臣(きびのおみ)らの祖若建吉備津日子(わかたけきびつひこ)とする)を皇后とし、日本武尊(やまとたけるのみこと)をもうけたが、同52年に皇后が没したため、妃の一人で皇太子稚足彦尊(わかたらしひこのみこと)(成務(せいむ)天皇)の生母八坂入彦皇子(やさかいりひこのみこ)の女(むすめ)八坂入媛(やさかいりひめ)を皇后にたてた。

この間、同4年に纏向(まきむく)(奈良県桜井市穴師(あなし))の日代宮(ひしろのみや)に都を営み、同12年より19年まで九州に遠征して熊襲(くまそ)を平定し、日本武尊に命じて同27年にふたたび熊襲を、同40年に東方の蝦夷(えみし)を討伐させた。さらに同56年には彦狭嶋王(ひこさしまのみこ)の子御諸別(みもろわけ)王を用いて東国経略に成功した。

そして同58年、近江(おうみ)国の志賀(しが)(滋賀県滋賀郡・大津市)の高穴穂宮(たかあなほのみや)に移り、在位60年、106歳(一説に143歳、『古事記』では137歳)で没し、山辺道上陵(やまのべのみちのかみのみさざき)に葬られたという。また皇子女多く、『古事記』は77子を諸国に封じたと伝えるが、これは熊襲・蝦夷征討の伝承とともに、大和(やまと)王権成立期の国内征服の記憶が伝説化されたものとみなされる。

 

ウガヤ王朝

曰速津媛〔はやつひめ〕が申し上げるには、
『(前略)直入郡の禰疑野〔ねぎの、現・竹田市菅生〕には、3人の土蜘蛛がいます。
犬爰〔うちさる〕と八田〔やた〕と國摩侶〔くにまろ〕といいます。
みんな揃って強が力く、また仲間も多いので、天皇家には従わないと言っています。
もし無理やり呼びつけようとすれば、挙兵して抵抗するでしょう。』

 

景行天皇は、これを聞いて激怒しますが、進行することができません。
そのまま、来田見邑〔くたみのむら、現在の都野または宮処野〕に留まって、そこに仮宮を建てて滞在しましたが、家来たちが会議を開いて『いますぐ挙兵して土蜘蛛を討つべきです。もし我が兵勢を恐れて山野に隠れれば、後から必ず後悔します!』と進言します。

 

そこで、海石榴樹〔つばきのき〕を採って、槌〔つち〕を作って武器にして、勇猛な兵を選んで、これを授けます。これで山腹を穿ち、草を払い、土蜘蛛の岩室を襲って、ついに彼らを稲葉川の川上で破ります。

 

ことごとくその一族郎党を殺したので、血が踝〔くるぶし〕まで流れました。
このときから、海石榴樹で槌を作ったところを海石榴市〔つばきいち、場所不明〕と呼び、また血が流れた所を血田〔ちだ、菅生に現存〕と呼びます。

 

次に、犬爰〔うちさる)を討つため禰疑山〔ねぎのやま〕を越えたところで、反乱軍たちが横の山から矢を射かけて来たので、天皇軍の前方に矢がまるで雨のよう降ってきました。

そこで天皇は城原〔きばる〕まで退却し、川原で占い〔フトマニ〕をしました。

 

そして軍勢を整えると、まず禰疑野〔ねぎの〕で八田〔ヤタ〕を討ち破りました。
これにより打猿〔ウチサル〕は勝てないと観念し、服従を申し出ます。
しかし天皇はこれを許さず、一族郎党は自ら谷に飛び込んで死んだといいます。

 

皇統一覧(歴代天皇)に戻る

 

天皇カテゴリの最新記事